引越しの費用

引っ越しの際のソファのみの費用はいくらくらい?

更新日:

引っ越し

「引っ越しをする時に大型のソファを運んでもらうといくらくらいかかるの?」

「ソファを運ぶ時も距離によって料金は変わってくるの?」

なんてあなたは思っていませんか?

ソファのみ引っ越しをするというシチュエーションが想像できない方もいるかもしれませんが、例えば一人暮らしで、単身パックを利用つもりが、ソファだけ乗り切らなかったら?
家族の引っ越しでも、新居を建てて引っ越す際、他の家具や家電は新調したものの、思い出が詰まっているソファだけは持って行きたい場合など、ソファ単品の引っ越しということも少なくありません。
そんなソファのみの引っ越しにおける様々な疑問点を調べてみました。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




ソファのみの運送でも通常の引っ越し運賃がかかる?

国民年金

ソファと一言で言ってもいろいろなタイプがあります。
ひとつひとつのパーツに分解できるタイプや、コーナータイプ、フットレストつきのモデルもあればベッドとしても使えるソファベッドなどもソファです。
中でも問題となるのは、基本的に分解できないタイプのソファ。
2~3人掛けのモデルでも、分解ができない作りになると、トラックの荷台に積んだ時、かなりの面積を占領することになります。
こういった分解できないソファは、宅配便としても受け付けてもらえないケースがあり非常にやっかいな存在と言えます。
とはいえ、ソファ1つのために、通常の引っ越し便を依頼するのはさすがにやりすぎ。
多くの引っ越し業者が、こういった大型家具や電化製品を1個から運んでくれるサービスを展開していますので、基本的にはこういったサービスを利用しましょう。

家財道具1点からでもしっかり運んでくれる

多くの引っ越し業者が展開するこのサービスを利用すると、梱包、搬出、運送、搬入、設置まですべてお願いすることが可能です。

ソファのみ引っ越しの料金相場

ソファのみを運んでくれるサービスを利用した場合の、大体の料金相場は以下の通りです。

ソファ(小) ※2~3人掛け

近距離(100km圏内) 約10,000円
中距離(300km圏内) 約15,000円
長距離(500km圏内) 約18,000円
超長距離(800km以上) 約25,000円

ソファ(大) ※4人掛け・コーナーソファなど

近距離(100km圏内) 約30,000円
中距離(300km圏内) 約35,000円
長距離(500km圏内) 約40,000円
超長距離(800km以上) 約55,000円
もちろん業者によって料金設定は変わってきますが、大体のイメージとしては上記の通りになるかと思います。

ソファのみの引っ越しにかかる日数

日数に関しては、繁忙期や閑散期などタイミングにも大きく左右されますが、基本的には「通常の宅配便」と同じイメージでいいかと思います。
早くて翌日、届け先が離島などではない限り遅くとも2日後、離島など特殊な事情がある場合は3日~1週間程度でしょう。

ソファのみの引っ越しにおけるオプションサービスについて

引っ越し

ソファのみの引っ越しを受け付けている業者は複数存在します。
中には様々なオプションサービスを利用できる業者もありますので、そういったサービスについて調べてみました。

分解・組み立てサービス

ソファをそのままの形で持って行くより、分解して運んだ方がコンパクトにまとまるため、料金が安くなるケースがあります。
もちろんこのサービスを受けられるのは、「分解することを前提に作られているソファ」になります。
どういうことかというと、購入後組み立てるタイプの家具は少なくありません。
購入した後自宅で組み立てた家具であれば、当然分解もできるように思えますが、すべてが分解できるわけではありません。
例えば人気ブランド「IKEA」の家具などは、ほぼすべての家具が分解できません。
IKEAの場合、その国(スウェーデン)の文化として「あまり引っ越しをしない」というのがポイント。
スウェーデンでは一度住み始めた家から引越しをすることが、日本に比べて非常に少なく、家具は一度組み立ててしまえば、捨てるまで動かすことがほとんどないそうです。
そういった国で生まれた家具ですから、当然分解できるようには設計されていません。
こういった「組み立て式だけど分解できない設計」の家具に関しては、基本的に分解のサービス対象外となりますのでご注意ください。
分解・組み立てのオプション料金相場はおおよそ10,000円前後になるかと思います。

リフトによる搬出・搬入

分解できないソファの場合、玄関を通らない可能性があります。
一番多いパターンとしては、今住んでいる旧宅からの搬出はできても、新居に玄関から入れられないというパターン。
また玄関は通っても、室内のレイアウト上、ソファを置きたい部屋まで運べないというケースもあります。
こういった場合は、クレーンや吊り上げといった方法で搬入することになります。

クレーンの場合はクレーン車を利用して、窓やバルコニーなどからソファを搬入する方法。
オプション料金相場は階層によってかなり変動しますが、3~5階までですと、10,000円程度でしょう。

吊り上げ作業とは、ソファをロープなどで固定し、人力で吊り上げる作業。
大掛かりな器具を使う作業ではありませんが、その分作業員が必要な方法なので、オプション料金はクレーンよりも高くなる傾向があります。
吊り上げ作業のオプション料金相場はおおよそ15,000円程度。
この吊り上げは、ソファが玄関を通らない場合で、クレーン車が使えない(電線が邪魔になる、街路樹が引っかかる、地盤が緩いなど)場合に採用されることが多いようです。

引越しで吊り上げ作業の料金の相場はいくらくらいなの?

ソファの梱包方法は?

引越し

ソファのみの運搬を依頼すると、多くの業者は梱包からサービスでやってくれますが、場合によっては梱包は自力で行う必要があるケースも考えられます。
また、梱包を自力で行うことで、少し料金が安くなるケースも考えられますので、一応梱包の方法を考えておきましょう。

段ボールを利用した梱包方法

一番オーソドックスな方法は段ボールを利用する方法です。
分解できるソファであれば、分解したパーツを段ボールに詰めるといいでしょう。
分解できないソファの場合、段ボールを分解するしかありません。
大きめの段ボールを展開し、ソファーをくるんでガムテープで止めるといいでしょう。

専用のカバーで包み込む

ソファや冷蔵庫のような大型の家財道具を梱包する専用のキルト生地のカバーも市販されています。
自宅のソファに合うサイズのカバーを購入すれば簡単に梱包はできますが、このカバーが10,000円前後とそこそこ値段がするので、そのあたりは慎重に検討したほうがいいでしょう。

ソファの輸送料金が高ければ処分するという選択肢も

引っ越し

ソファを運ぶとなると引っ越し料金が高くなる場合、ソファだけを別の方法で送る以外に、ソファを処分するという方法もあります。
ここではソファの処分方法と、それぞれの方法のメリットデメリットを考えていきましょう。

リサイクル業者に買い取ってもらう

中古のソファでも状態の良いものであれば、リサイクル業者に買い取ってもらうことも可能です。
メリットは何と言っても処分してお金が手に入るということでしょう。
ただし、リサイクル業者に買い取ってもらえるソファは、相当状態が良いものでなければいけません。
業者も買い取ったソファに儲けを乗せて販売するわけですから、商品として店頭に並べても問題のないレベルの美しさはもちろん、メーカーやブランド、カラー、デザインが人気のものに限られます。
デメリットはこの点で、なかなか買い取ってもらえるほどのレベルのソファはないということでしょう。
また、ソファは大きく重たいものです。
リサイクル業者を選ぶ際は、できれば訪問見積もり、引き取りを行ってもらえる業者を選びましょう。

廃品回収業者・引っ越し業者に回収してもらう

重くて大きいソファを捨てるのは、かなり大変な作業です。
そんな作業を軽減できるのが、廃品回収業者です。
廃品回収業者に処分を依頼すると、大型家具の運搬に慣れた作業員が、家に傷をつけないように運び出してくれます。
メリットは、電話やネットで依頼をすれば、後は何もしなくても処分が完了するということでしょう。
デメリットはやはり少々処分料金が高いということ。
運び出しから処分まですべて行ってくれるということで、後で紹介する「粗大ごみ」よりは総じて高額になる傾向にあります。
ソファのサイズやタイプにもよりますが、相場は2,000~4,000円ほどでしょう。

また、引っ越し業者でも廃品の回収するサービスがあります。
引っ越し業者に依頼した場合も、基本的には廃品回収業者に依頼する場合と同じメリット・デメリットがあると言えます。
さらにメリットがあるのは、引っ越し業者に依頼するだけで廃品回収までできてしまうこと。
引っ越し業者以外に廃品回収業者を探す手間がないのは、忙しい引っ越し前にはありがたいメリットと言えるでしょう。

粗大ごみとして処分する

一番一般的な処分方法は、やはり粗大ごみとして行政に回収してもらう方法でしょう。
ただし、自治体によっては「スプリングが入っているソファは回収不可」など条件がsりますので、出す前に必ず確認をしてください。
メリットは処分料金の安さ。
粗大ごみの回収費用は自治体により若干の誤差がありますが、1人用のソファだと1,000円以内、2~3人掛けのソファで1,500~2,000円程度、4人掛けなど大型のソファで2,500円程度のようです。
デメリットは、ソファを自力で運び出さなければいけないということ。
ソファは1人掛けのもので20kg程度、3人掛けのものですと50kgを超えることもザラです。
しかもサイズも大きく、一人で玄関から出すのも大変な作業。
マンションなどの集合住宅の場合、さらにエレベーターに乗せて建物の前まで持って行く必要があります。
エレベーターがあればまだいいほうで、階段しかない場合は、あの大きくて重いソファを、階段で1階まで持って行く必要があります。
粗大ごみとして出す場合には、家の外に持ち出す計画をしっかりと立ててから依頼しましょう。

参照:引っ越し業者は家具引き取りや処分はしてくれたりするの?

引っ越し荷物の大物・ソファはどう扱うべきか?

引越し

引っ越しにおいて意外と文字通り「お荷物」となるのがソファです。
トラックに載せる際にも場所をとりますし、搬入する際にも大変な作業に。
しかも玄関から入らないとなると、クレーンや吊り上げといった別作業が必要になります。
引っ越しの場合はまずソファを「持って行く」か「処分するか」か、どちらにするか決めておきましょう。
処分を選んだ場合は、まずは売れるかどうかの判断、売れそうもない場合は、ソファを家の前に持ち出せるかどうかの判断をしましょう。
自力で持ち出せるようであれば粗大ごみで、難しい場合は廃品回収業者を利用することも視野に入れましょう。
処分をするのであれば引っ越し業者にお任せするのが一番のオススメ。
引っ越し前は業者の選定や、役所関係の届け出、車を持っている人は車の引っ越し手配などなど、とにかく忙しいもの。
少しでも手間を減らすのであれば、引っ越し業者にまとめて依頼するのがベスト。

引っ越し業者に立ち会い見積もりを依頼するときに、「ソファを持って行くのといかないのでは、料金は変わるのか?」、「ソファの回収をお願いしたらいくらになるか?」というのを直接確認してみましょう。
その金額を持って、廃品回収業者に見積もりを聞き、安いほうにお願いすればいいでしょう。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

単身パックの引っ越しでソファは運んでもらえるの?

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




よく読まれている記事一覧

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

no image 2

  「11月に引越ししようと思うんだけど時期的に費用は高いの?安いの?」 「11月の引越しで費用を安くするコツはある?」 なんてあなたは思っていませんか? 10月は3月ほどではないですが、引 ...

no image 3

  「12月に引っ越し予定だけど費用の相場はどうなの?」 「年末だし引っ越しの費用は高いんだよね?安いタイミングはある?」 なんて疑問はありませんか? 年度末、クリスマスやお正月に向けて何か ...

-引越しの費用
-, ,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.