引越しの費用

一人暮らしの初期費用を抑える方法は?30万20万10万円以下別のコツを解説します

更新日:

一人暮らしの初期費用を抑える方法は? 30万20万10万円以下別のコツを解説します

「初期費用30万円以内で23区内に住める?」

「初期費用があまり用意できないけど一人暮らしするコツは?」

一人暮らしを始める際の初期費用は、多ければ多いほど不安は少なくなります。
しかし、誰もがみんなそんなに経済的に余裕があるわけではありません。
そんな初期費用に不安がある方に向けて、初期費用を抑えて一人暮らしを始めるコツを解説していきます。
30万以下に抑えるコツ、20万以下に抑えるコツ、10万以下に抑えるコツなどご紹介します。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




一人暮らしで必要とされる初期費用の種類

新たに一人暮らしを始めるにあたって、物件探しから引っ越し費用まで含めてどのような種類の初期費用が必要となるのでしょう?
まずはその初期費用の項目と、どんな意味を持つ費用なのかを確認しておきましょう。

敷金

賃貸物件を借りる際、物件所有者に預けるのが敷金です。
この敷金は、その物件を退去するにあたって物件の原状回復に必要な経費を捻出するための費用です。
この敷金に関しては、物件ごとにどの程度の費用を預けるのかが決まっています。
一般的には家賃の0~2ヶ月分が相場といえます。

礼金

礼金は物件との賃貸契約成立に当たって、物件所有者に支払う費用になります。
こちらは敷金とは違い、「預ける」のではなく「支払う」費用ですので、後々返還される費用ではありません。
こちらの礼金も一般的には家賃の0~2ヶ月分が相場といえます。

礼金が高い物件があるけど高い理由って何なの?メリットはあるの?

仲介手数料

引っ越し仲介手数料は不動産屋の取り分です。
不動産屋としては物件の契約が成立した場合、この仲介手数料のみが収入となります。
一般的に家賃の0~1ヶ月分が相場になります。

賃貸物件の仲介手数料の相場はいくらくらいなの?交渉することって可能なの?

当月日割家賃

賃貸契約が成立し、家賃発生日が決定した場合、その月にも数日分家賃が発生するということになります。
この家賃を当月家賃といい、多くの物件では日割りで計算して契約時に支払う形になります。

契約後の入居日(家賃発生日)は遅らせることは可能?何て交渉したらいいの?

前家賃

賃貸物件の家賃は先払いが基本です。
仮に毎月25日が家賃支払い日であれば、その家賃は翌月分ということになります。
分かりやすく書くと、3月25日に支払う家賃は4月分の家賃ということになります。
と、いうことは賃貸物件に入居した場合、入居した時点で翌月の家賃を先に支払う必要があり、これを前家賃と言えます。
前家賃は当然家賃1ヶ月分ということになります。

退去時の前家賃って日割り計算で返金されるの?計算方法ってどうするの?

火災保険加入料

地温帯物件を借りる場合は、火災保険に加入するのが義務となっています。
この火災保険への加入料は、いろいろな条件により多少変わってきますが、多くのケースで20,000円見ておけば問題ないかと思います。

鍵の交換費用

入居時に不動産屋から確認されるのが鍵の交換をするかどうかということ。
前に住んでいた人とは違う鍵がついているのが基本なので、交換する必然性は低いものの、やはり交換を希望する入居者が多いようです。
交換費用は一般的なシリンダー錠で10,000円程度、ディンプルキーへの交換は20,000円程度になります。

連帯保証会社の保証料

連帯保証会社は一定の保証料を支払うことで、更新までの2年間連帯保証人の代わりをしてくれる会社になります。
物件によってはこの連帯保証会社との契約を必須としている物件もあります。
保証料の相場は家賃の0.5ヶ月分程度になります。

家賃保証会社の審査内容とは?通らないことあるの?日数はどのくらいかかる?

引っ越し費用

引っ越し費用は荷物の量と移動距離で大きく変わってきます。
すでに家具や家電製品を持っている場合は、引っ越し費用だけで相当額の費用が必要となりますが、今回は初期費用を抑えたいということで、家具や家電製品がない状態での引っ越しを想定しましょう。
大きな家具や家電製品がないのであれば、引っ越しは自力でも可能ですし、宅配便を利用した引っ越しも可能です。

費用の相場についてはこちらの記事をご覧ください。

社会人一人暮らしの初期費用の平均はいくらくらい?〇〇円が相場です

初期費用の総額は?

引っ越し一人暮らしを始めるには、上記のような種類の初期費用がかかります。
ではその相場をまとめておきましょう。

  • 敷金 家賃の0~2ヶ月分
  • 礼金 家賃の0~2ヶ月分
  • 仲介手数料 家賃の0~1ヶ月分
  • 当月日割り家賃 (1ヶ月分の家賃)÷30×(必要な日数)
  • 前家賃 家賃の1ヶ月分
  • 火災保険加入料 20,000円程度
  • 鍵の交換費用 10,000~20,000円程度
  • 連帯保証会社の保証料,家賃の0.5ヶ月分
  • 引っ越し費用 10,000円~

これらをトータルで考えると、必要な経緯は最低で「30,000円+家賃1ヶ月分」~「50,000円+家賃7ヶ月分」ということになります。
これを基準に、以下の条件について考えてみましょう。

初期費用30万円の一人暮らし

引っ越し初期費用を30万円と想定すると、どのような引っ越しが可能でしょう?
まず、初期費用が最大に必要となるケースを考えると、家賃は35,000円程度が上限ということになります。
しかし、東京23区内でこの家賃の物件を探すのは至難の業といえるでしょう。
現実的にはもう少し家賃を上げる必要があります。
家賃を上げる場合、初期費用のどれかを下げる必要がありますが、下げても影響の少ない費用から下げていく方向で考えてみましょう。

仲介手数料0円の物件

まず、不動産会社の取り分である仲介手数料ですが、これが不要の物件を探してみてください。
普通に考えれば、そんな物件を不動産屋が勧めるとは思えないかもしれませんが、この条件は比較的クリアが容易いといえます。
そのカラクリは、紹介している不動産屋が所有している物件を選ぶということです。
一般的に不動産屋は、物件の持ち主から借り手探しを委託されて、住人を探しています。
そして借り手を見つけることができれば、仲介手数料を受け取るわけです。
これとは別に、不動産屋によっては自社が物件を所有しているケースがあります。
この場合、借り手を見つけることができれば、毎月家賃収入が入ることになり、仲介手数料で稼ぐ必要がなくなります。
こういった、不動産屋所有の物件を中心に探せば仲介手数料を0円にすることは可能です。

仲介手数料を0円にすれば、初期費用は「50,000円+家賃5ヶ月分」となり、家賃50,000円の物件まで視野に入ります。

鍵の交換は事前確認

もう少し初期費用を抑えるのであれば、鍵の交換費用をキャンセルする方法もあります。
この場合は必ず前の住人が退去してから鍵の交換を行っている物件を指定しましょう。

これで初期費用は「30,000円+家賃5ヶ月分」となり、家賃は54,000円まで引き上げることが可能です。
このくらいの家賃であれば、じっくり探せば十分見つかる家賃ですので、このあたりを目処にするといいでしょう。

初期費用20万円の一人暮らし

引っ越し初期費用が20万円となると、上で紹介した「仲介手数料0円」、「鍵の交換ナシ」の物件を探しても、想定できる家賃は34,000円。
これでは東京23区内に住むのは難しいといえるでしょう。
他にどの初期費用が削れるでしょう?

礼金

礼金は単純に大家サイドに支払うだけの費用です。
これを削ることができればかなり大きいプラスとなります。
敷金より先に礼金を削るのは、敷金は預けるお金であることが大きな理由です。
敷金の少ない物件は、いずれにせよ退去の時に費用を支払う必要がありますので、よほどのことがない限り納めておいた方が安心の費用です。
それに比べて礼金は支払うのみの費用ですので、こちらを削るようにしましょう。
礼金が安い、もしくは0円の物件の特徴は、あまり人気のない物件であることが挙げられます。
要するに大家が「礼金はいらないからとにかく入居してほしい」と思っている物件である可能性が高く、つまり入居者が集まりにくい物件であるという可能性が高くなります。
礼金0円の物件を探す場合は、内見の時にできるだけ注意深く物件と周辺環境をチェックしましょう。
借り手が集まりにくい理由がどこかにあるはずです。

この礼金を0円にできれば、初期費用は「30,000円+家賃3ヶ月分」となり、初期費用20万円でも家賃56,000円の物件が視野に入ります。

初期費用10万円の一人暮らし

引っ越し初期費用が10万円となると、かなり限定的な条件を満たす物件を探す必要があります。
まず、すぐに見つかる条件ではありませんので、じっくり時間をかけて探すつもりで挑みましょう。
ここまでですでに、「仲介手数料0円」、「礼金0円」、「鍵の交換ナシ」という条件がついています。
ここまで条件をつけても初期費用が10万円の場合、家賃23,000円の物件しか対象になりません。
これはかなり少ない上に、あっても悪条件の物件ということになります。
この家賃を50,000円程度まで引き上げるには、削れる初期費用はすべて削るしかありません。

敷金

物件を退去するときの原状回復費用に充てられる敷金ですが、初期費用が極端に少ない場合は、これも0円の物件を探しましょう。
敷金0円の物件は一般的に築年数が経過している物件が多いようです。
少々見た目に問題があったり、設備が充実していない可能性がありますので、こちらも内見でしっかりチェックする必要があります。

連帯保証会社の保証金

これは親族、両親もしくは兄弟に安定した収入がある方のみ可能な方法になります。
自力で連帯保証人が立てられるのであれば、連帯保証会社に保証金を支払う必要はなくなります。
連帯保証会社との契約を必須とはしていない物件を探しましょう。

日割り家賃&前家賃

まず削れることはないと思われがちな家賃関係の2つですが、条件が揃えばこちらも0円にすることは可能です。
それが「フリーレント物件」を見つけること。
フリーレントとは、賃貸契約の最初にかかる一定期間家賃を0円にしますという物件のことを指します。
初期費用が少ない人向けの物件で、近年比較的増加傾向にある物件でもあります。
このフリーレントが1ヶ月以上ついていれば、日割り家賃も前家賃も不要にすることは可能になります。

引っ越し費用

引っ越し費用に関しては、友人や知人に車と人手を借りるなどして、何とか自力で済ませましょう。

これら削れるものをすべて削れば、初期費用でマストになるのは火災保険の加入料20,000円のみということになり、家賃の高さにかかわらず引っ越しが可能ということになります。
ただし、ここまで条件がそろった物件はまず見つかりませんので、あればラッキーくらいの気持ちで探すことをオススメします。

初期費用が10万円の場合の裏技

引っ越しとソファ初期費用に困っている場合はシェアハウスも選択肢に入れるといいかもしれません。
シェアハウスで必要となる初期費用は、一般的に以下の通りです。

  • 前家賃 家賃1ヶ月分
  • デポジット 家賃0.5ヶ月分
  • 共益費+光熱費 10,000円前後

もちろん物件によりこの条件は一定ではありませんが、このくらいの費用で生活が始められるシェアハウスが多いようです。
この条件で初期費用10万円のケースを考えてみると、家賃が50,000円のシェアハウスでも十分に対応可能。
近年都内にはシェアハウスが増加傾向にあります。
シェアハウスの軒数が増えるということは、様々な条件のシェハウスが増えているということにもあり、難しい条件の賃貸物件を探すよりは、こちらを探した方が早い可能性があります。
職場に通いやすいシェアハウスに一旦入居し、そこで初期費用を貯め直して改めて一人暮らしの物件を探すという方法も視野に入れるといいでしょう。

引越し費用を抑えるなら複数の業者に見積もりを取る

一人暮らしの初期費用を抑えるには引越し費用を抑えることも重要になります。

引越し費用は見積もりを取り安い業者を選ぶことが重要になります。

しかし、引越し費用の相場は合ってないようなもの。

一社からの見積もりだとその費用が安いのか高いのかわかりません。

なのでできるだけ複数の業者に見積もりを取って費用を比較し相場を調べましょう。

費用の相場を知ることで安い業者を見つけることができます。

「でも複数の業者に見積もりを取るのってめんどくさい…」

「どこの業者に見積もりを取ればいいのかわからない…」

何てこともありますよね。

そういう場合に便利なのが「引っ越し料金一括見積もりサイト(無料)」になります。

一回入力するだけで大手の引越し業者はもちろん地域密着の中小業者まで最大で10社まで見積もりを取ってもらう事が可能です。

10社の見積もりを比較しあなたに合った最安値の業者を選ぶといいでしょう。

利用の所要時間は数分程度。

利用料は無料になります。

引越し費用の相場を知るためにも利用してみましょう。

詳しくはこちらをどうぞ。

単身の引っ越しの安い業者を調べてみる(無料)

さいごに

今回は一人暮らしの初期費用という事で解説してきました。
30万円以下の場合、20万以下の場合など何を節約するかによって費用を抑えることができます。
今回の記事を参考に一人暮らしの初期費用を押さえてください。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




よく読まれている記事一覧

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

11月の引越し費用の相場は? 料金が安いのはいつくらい? 2

「11月に引越ししようと思うんだけど時期的に費用は高いの?安いの?」 「11月の引越しで費用を安くするコツはある?」 なんてあなたは思っていませんか? 10月は3月ほどではないですが、引っ越しシーズン ...

12月の引っ越し費用の相場は? この時期の料金は高い?安い? 3

「12月に引っ越し予定だけど費用の相場はどうなの?」 「年末だし引っ越しの費用は高いんだよね?安いタイミングはある?」 なんて疑問はありませんか? 年度末、クリスマスやお正月に向けて何かとあわただしい ...

-引越しの費用
-, ,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.