引越しの費用

夏休み中の引越しの料金を安くするには?費用の相場はどのくらい?

更新日:

 

「夏休み中の引越しは料金が高いの?それとも安いの?」

「7月下旬から8月下旬で費用の相場はどれくらいになるの?」

「夏休み期間中でも引越しの費用を安くするコツにはどんなことがあるの?」

「夏休み中に引っ越しをするときの注意点にはどんなことがあるの?」

学校が夏休み期間で、その間に引っ越ししようと考えているあなたも、こんなことで悩んでいませんか?
夏休み期間は、学生が長期休みに入るための住み替えの需要や、子どもの学校が長期の休みになる時期を利用しての家族の引っ越しの需要があり、業界的にも忙しい時期と言われています。
そこで今回は、夏休み期間中の引っ越しの料金を出来るだけ節約する方法と、費用の相場をご紹介していきます。

ぜひ夏休み期間中に引っ越しを検討している人は参考にしてみて下さいね。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




夏休み中の引越しは料金が高い?安い?

夏休み期間を利用して引っ越しする需要は考えているよりも多く、年間の中でも春の最大の需要期に次ぐ第2の繁忙期と言われています。
したがって需要が多いことから当然引っ越し業者の料金の相場も高くなり、他の期間と比べても、料金は安いとは言えない期間です。

夏休みを利用しての学生の住み替え

元々7月下旬から8月下旬にかけての期間は、夏休みを利用して大学生や専門学生などが生活環境や部屋の不備などの不満によって、多くの人が住み替えを行います。
春先に余裕がなく慌てて契約して入居したものの、時間の経過と共に何かと不都合が出てきて、住み替えを考える人が増え、時間に余裕のある夏休み期間を利用して引っ越しする事になります。
そんなことがある為に、夏休み期間中は引っ越しの需要が増えて引っ越しの相場は高めになってしまいます。

子どもの夏休みを利用しての引っ越し

夏休みを利用して引っ越しするのは学生さんばかりではありません。
家族全員が引っ越しする時でも、子どもが長期休み期間に入る夏休みをうまく利用して引っ越しするケースはよくあります。
7月の転勤のタイミングと子ども夏休みの期間を利用して、引っ越しする人が増える理由がある事も、夏休み中の引越しは料金が高くなる理由の1つとなっています。

お盆休みや夏季休業期間を利用しての引っ越し

引っ越ししようと考えたとき、誰でも出来ることならある程度まとまった日数で仕事が休みの時に、引っ越したいと考えますよね。
そう考えたときに夏の季節だとお盆休み期間や夏休み中の引越しは料金が高い夏季休暇などを利用すると、まとまった休みが取れるので、その間を利用して引っ越しする単身者や家族が多くいます。
そのためにお盆休み期間や夏季休暇期間がある、夏休みの期間の料金は需要が増えることによって、料金が高くなってしまいます。

7月下旬から8月下旬で費用の相場はどうなの?

7月下旬から8月下旬で費用の相場の料金は一体どのくらいになるのか、ある引越し業者の料金を参考に比較して調べてみました。
単身引越しの場合、6月の平均37,000円、7月の平均42,000円、8月の平均51,000円、9月の平均39,000円となっています。
家族での引越し料金を比較してみると、6月の平均73,000円、7月野平均77,000円、8月の平均79,000円、9月の平均75,000円となっています。
こうして比較してみるとよく分かりますが、家族での引越し料金はどの期間でもそれほど大きな料金の違いは無いですが、単身引越しの場合だと、8月の料金が突出して高い事が分かります。
これはそれだけ夏休みを利用して単身での引っ越しをする人が多いと言う事で、この期間の単身社の料金だけがかなり高くなってしまいます。
特にその8月でも土日祝日やお盆休みの期間での引越しの料金が、かなり割高になるために平均的な料金を高くしている要因となっています。

夏休み期間中でも引越しの費用を安くするコツとは?

他の期間よりも料金が高くなる夏休み期間の引っ越しの費用を、出来るだけ節約するにはいくつかのコツがあります。
知っておくととてもお得になるので、夏休み期間の引っ越し費用の節約のために参考にしてみて下さい。

出来るだけ荷物を少なくしてから引っ越しする

引っ越しするときには、新居にそのまま持っていく物と処分する物を分別する事になりますが、案外新居に持っていっても全く使わないという物も多くあるはずです。
そのために出来るだけ不要と思える荷物は、新居には運ばずに処分したり、リサイクルショップなどで販売したりして、荷物の量を出来るだけ減らしておきましょう。
夏休み期間中は高温多湿でかなり引っ越し作業を行うのは大変になるので、少しでも荷物を少なくすることで料金も抑えられ、作業も楽になる事が出来ます。

お盆休み期間や土日祝日などは出来るだけ避ける

夏休み期間中の中でも、引っ越しの需要が多くなるときは当然料金も高くなるはずで、土日祝日やお盆休み期間中の料金は確実に高くなってしまいます。
そう言った需要が多く料金が高くなることが分かる、土日祝日やお盆休み期間中は出来るだけ避けて、それ以外の日を選んで引っ越しすることで、費用を節約する事が出来ます。

平日と土日(休日)で引越しの料金はどのくらい安くなるの?

仏滅の日を利用する

暦の中では縁起が悪いとされている「仏滅」ですが、引っ越しを行うときには未だにこの仏滅に引っ越しすると、何か悪いことが起こるのではとあえて避けて予定を立てる傾向があります。
そのために夏休み期間中の引っ越し業者が混み合う期間であっても、この仏滅の日に関しては一時出来に需要が少なくなる傾向があるので、仏滅を利用すると費用が節約できる可能性があります。
本来の仏滅の意味からすると、引っ越しを行うには仏滅は決して縁起が悪い暦ではないので、安心して費用節約のためにも仏滅を利用して引っ越ししてみましょう。

引越しで六曜を気にする?どの日に引っ越すのが縁起がいいの?

単身パック(混載便)を利用する

引っ越しの荷物の量がそれほど多くない学生さんなどの単身者の場合におすすめな方法に、単身パックと呼ばれる規定の大きさのコンテナに、入るだけの荷物を積んで他の人の荷物と一緒に輸送するパックがあります。
こちらを利用すると、従来のトラックを貸し切りにして荷物を運搬するのではなく、大型トラックに複数のコンテナを積んで輸送するので、ガソリン代や高速代が他の人の荷物と一緒なので割り勘になります。
そのために自分の荷物だけをトラックを貸し切りにして運搬するよりも、料金が半分近くまで抑えることが出来るのでお得です。
夏休み期間中の引っ越しを行う人は学生さんなど単身者が多いことから、単身社なら荷物の量も少なくこのような混載便の利用は最適なので、是非活用してみましょう。

引っ越しの単身パックの料金相場など徹底比較。ヤマト、日通などまとめ

引越しの長距離の混載便とは?デメリットは何がある?

一括見積もりで相見積もりを取る

夏休み期間中でも引越しの費用を安くするコツをいくつかご紹介してきましたが、一番効果のあるコツとして、「引っ越し一括見積もり」を利用しての相見積もりを取るという方法があります。
通常引っ越しをする場合には、引っ越し業者に対してどのくらい費用が掛かるのか見積もりを依頼して、料金を確認した上で契約します。
しかし1社だけの見積もりでは本来適正な価格なのかがよく分からず、通常の相場よりもかなり高い料金で引っ越しすることになる場合も出てきます。
それを防ぐ為にも1社だけでなく複数の引っ越し業者から見積もりを取り、それぞれの料金をよく比較してその中から一番安い料金の業者を利用する相見積もりを取るのが有効です。
その相見積もりを取るにも、1つ1つ連絡を取っていては大変なので、そんな時にはスマホやパソコンを利用して簡単に複数の引っ越し業者に一括で見積もりが取れる一括見積もりのサービスがあります。
これを利用すると、引っ越し予定日・出発地と引っ越し予定地・世帯人数、おおよその荷物の量などを入力して依頼すると、すぐに複数の引っ越し業者からの見積もりで出てきます。
もちろん一切無料で利用出来て、絶対に契約しくてはならないようなこともないので、料金を出来るだけ節約したいときには、ぜひこの一括見積もりを利用して相見積もりで比較して料金を節約しましょう。

テレビCMでもおなじみの引っ越し一括見積もりはこちらになります。
利用無料!1分で終わる引っ越し一括見積もりはこちら

夏休み中に引っ越しをするときの注意点とは

夏休み期間中と言えば、まさに夏真っ盛りの季節で連日猛暑が続いている時期と言えますが、それだけに引っ越し作業を行う時にはいくつか注意しなければいけないことがあります。
暑さに関係することが多くなるので、いざという時に慌てないように事前によく確認しておくと良いので、ここでご紹介しておきましょう。

水分塩分補給には注意!

夏休み期間中となると、7月下旬から8月下旬くらいの期間に引っ越しする人が増えることになりますが、このあたりは一年間の中でも一番気温が高くなる時期です。
高温多湿とかなり作業するのは大変な環境となるために、脱水症状や熱中症対策を十分にする必要があります。
作業中にはこまめな水分補給を忘れずに行い、適度に休憩しながら決して無理をしないように、十分に体調に気をつかいながら、作業を行うようにしましょう。

エアコンの脱着日に注意!

通常の引っ越しを行う時に、これまで生活していた旧居や新たに入居する新居に取り付けしてあるエアコンの取り外しや取付の作業も、引っ越し作業と合わせて行う事が多くなります。
旧居での荷造り作業にしても、新居での荷解き作業にしても、真夏の高温多湿でエアコンが無い状態での作業は、かなり大変になる事が予想されます。
それだけに出来るだけエアコンの取り外しと取付に関しては、早めにお願いして引っ越し作業中にエアコンが使用できる様に、エアコン工事を時間をうまく調整して行ってもらうように手配しましょう。

冷蔵庫の中身に注意!

引っ越しするときには、現在生活している住居にある冷蔵庫は食材がたくさん入っていますが、冷蔵庫は引っ越しする前日にはコンセントを抜いて水抜きをしなければなりません。
そのために中に入っている食材は、冷蔵庫から出したのでは真夏のために直ぐに傷んでしまうため、出来るだけそれまでの内にすべて食べてるか処分するか整理しておく必要があります。
どうしても必要な場合には、クーラーボックスを利用して運搬したり、引っ越し先までクール便で輸送してしまう方法もあるので、あらかじめ冷蔵庫の中身についてはチェックしておきましょう。

替えのタオルや衣類を準備!

熱い中での引っ越し作業では、汗をかいてしまうことが多いので、着替えや汗拭き用のタオルが必要となります。
しかしダンボールにすべて梱包してしまうと、いざ使おうとしても荷物から探す事が出来なくなったりしてしまいます。
そういったことを防ぐ為にも、あらかじめ使用するようなタオルや着替えに手荷物に別にまとめておくと、荷物を荷解きする必要も無く、スムーズに作業を行えます。

さいごに

夏休み中の引越しの料金を安くするには?費用の相場はどのくらい?についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?
夏休み中に引っ越しをしようとしている人は、考えている以上にたくさんいるために、特に7月下旬から8月の下旬にかけての引っ越しには、料金が高くなるために注意が必要です。
皆さんも今回の記事を参考にして頂き、夏休み期間の引っ越し費用を出来るだけ節約してみましょう。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




よく読まれている記事一覧

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

7月の引っ越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい? 2

「7月に引っ越す予定だけど、この時期は引っ越し費用は高いの?安いの?」 「7月に引っ越しするけど、どの時期に引っ越すと安いの?」 そういう疑問はありませんか? 7月の引っ越しで影響が出てくるのは梅雨と ...

6月の引越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい? 3

「6月に引越し予定だけど、費用ってどのくらいなの?」 「結婚をしたのでこれから新居に引っ越すんだけど、6月の費用の相場はどうなの?」 あなたはその様なことを思っていませんか? 春の引越し繁忙期も終わり ...

-引越しの費用
-, , ,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.