引越しの費用

引越しのオプションサービスには何があるの?料金の相場は?

更新日:

引っ越し

「引越しの時に引越し業者さんはどこまでサービスしてくれるの?」

「引越し業者がやってくれる意外なサービスって何かある?」

なんて疑問はありませんか?

引越しを業者にお願いしようと思うんだけど、どこからどこまでが無料でどこからがお金がかかるんだろう…と心配になったりもしますよね。

また「お金を支払ってもいいので業者さんにお願いしたい」という方もいらっしゃるかもしれません。

今回は、引越し業者はどこまでが無料でどこからがオプションになるのか。
またオプションの場合はどのくらい費用がかかるかなどについて解説したいと思います。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




引越しのオプションサービスとは?

引越し業者のサービスには、通常プランにも含まれているような無料のサービスと、別途申し込みが必要なオプションサービスが存在します。
そんなオプションサービスを、引越しのタイミング別にまとめてみました。

引越しの荷造りのタイミングで利用できるオプションサービス

引越し

荷造りに絡んだサービスとしては、荷造りを手伝ってくれるサービスや、荷物を処分してもらうサービスがあります。
そのあたりを確認しておきましょう。

不用品の処分サービス

引越し業者は不用品の処分を行っている業者も多数あります。
処分の方法は「破棄」と「買取り」があり、買取りの場合は当然ある程度の金銭が戻ってくることになります。
このサービスのメリットは、引越し業者以外の不用品処分の業者などを探す必要がなく、しかも引越し当日に処分してもらえるため、引越し直前までそのアイテムを使用できるということが挙げられます。
デメリットは処分料金。
やはり専門の業者に比べると、ある程度高額になるのが引越し業者の処分です。
このからくりは、一般的に引越し業者は不用品の処分をする免状を持っていません。
つまり、引き取った不用品を不用品回収業者に処分してもらう契約をしているということに。
その分費用が高くなるということになります。
引越し業者による不用品処分の費用相場は、お子様向けの椅子や小さな机などの小物で1点あたり500~2,000円程度、ソファやダブルベッド、洋服ダンスなど大型の家具で1,000~5,000円程度になります。
また、多くの引越し業者が引き取りを断るケースが多いものとしては、金庫、パソコン、仏壇など。
引き取りを希望するアイテムに関しては、見積もりの時点で引き取ってもらえるか確認をしておきましょう。

引っ越し業者ではなく、片付け専門の業者にお願いするのも方法の一つになります。
特に粗大ゴミが多ければ多いほど専門業者の方が安くなる傾向があります。
不要なものが多いご家庭では一度見積もりを取ってみるといいでしょう。
こちらの業者は最大で5社まで無料で不用品処分の見積もりを出してもらう事が可能です。
詳しくはこちらをどうぞ。

不用品の処分費用が安い業者を探してみる

小物の荷造り・荷解きサービス

引越しの実作業で時間も手間もかかるのが「荷造り」です。
これを引越し業者にお願いするオプションサービスも存在します。
ただし単独で荷造り・荷解きのみを行うサービスがあるかどうかは業者次第。
多くの業者は「お任せパック」や「らくらくコース」などに含まれるサービスになっています。
サービス内容はシンプルに「作業員が荷造りを行ってくれる」、「作業員が荷解きを行ってくれる」というもの。
メリットはもちろん荷造りの手間がなくなることで、デメリットは有料サービスでることといえます。
「荷造りぐらいは自分でできる」という意見も多いかと思いますが、例えば妊娠中の奥様ですとか、小さなお子様がいるご家庭、共働きでどちらも仕事が忙しい場合など、引越しの荷造りが難しいご家庭も多いかと思います。
そんなご家庭にはありがたいサービスといえるでしょう。
この荷造りサービスを利用する際、ある程度心がけておきたいのは、「荷物と処分するものをきっちりと区別しておく」ことでしょう。
荷造りのタイミングで処分するものとそうでないものが混じっていると、荷造りに時間がかかりますし、捨てるものを持って行ったり、持って行くべきものを捨ててしまったりというトラブルが起こりかねません。
また、荷造り専門の作業員は女性がほとんどですが、中には男性作業員が来ることもあります。
こうした可能性を考えて、特に女性の方などは、他人に見られたくない荷物(下着など)は自分で梱包するようにした方がいいでしょう。
荷造りサービスの費用相場は荷物の量次第ということになります。
荷物が段ボール箱で20個以内程度であれば、引越し当日の作業になる場合がほとんど。
また、作業員も1名来るのが通常でしょう。
費用は作業員1名分ですので、10,000円前後でしょう。
段ボール箱が50個程度になるファミリータイプの引越しですと、引越し前日などに梱包作業のみの日が設けられることがほとんど。
作業員も3名程度に増えますので、費用相場は60,000円程度に跳ね上がります。
ここで提示した金額は「荷造り」に関する費用のみ。
「荷解き」、もお願いするようであれば、およそ倍の費用がかかると考えてください。
この相場と自身の状況を考えて、サービスを依頼するかどうか決めましょう。

参照:全ておまかせで引越しをしたいんだけど費用の相場はどのくらい?

荷物の一時預かりサービス

引っ越し

引越しにはいろいろなケースが存在します。
困るのが旧居からの退出と新居への転入のタイミングが合わないケース。
こういったケースで利用できるのが、荷物の一時預かりサービスです。
これは、引越し荷物を引越し業者が一時的に預かってくれるサービスとなり、多くの引越し業者が行っているサービスになります。
荷物預かりサービスは業者によって対応が別れます。
例えば「アート引越センター」の場合、自社倉庫で預かり、費用は畳1枚分で月15,000円程度。
「アリさんマークの引越社」の場合は、提携しているトランクルーム業者を紹介する形で対応しており、費用は一ヶ月15,000円程度になっています。
荷物一時預かりサービスを利用する場合気を付けたいのが、「預けている期間に、自由に荷物を出し入れできないケースがある」ということです。
「アリさんマークの引越社」のように、提携のトランクルームを紹介してくれる形であれば、荷物の出し入れは基本的に自由ですが、「アート引越センター」のように自社倉庫で預かる場合はそうもいきません。
荷物を預けている期間に必要になりそうなものは預けないように気を付けましょう。
また、荷物によっては預かってもらえない物もありますので、事前に確認は必須と言えます。

参照:引越しで荷物の一時保管の料金はどのくらい?無料の業者はあるの?

参照:引越しでトランクルームを利用する方法とは?料金の相場はいくらくらいなの?

荷物の運搬に関するサービス

荷造りが終われば次は荷物の搬送です。
搬送する荷物によっては別途オプションサービスの利用が不可欠なものがありますので、紹介していきましょう。

ペットの運搬サービス

引越し業者は基本的に「生き物」を搬送してくれません。
犬や猫はもちろん、金魚や植物でも「生き物」ですから基本的には搬送しません。
命のあるものに関しては、搬送中に命を落としてしまったり、病気になってしまったりした場合、補償ができないというのがその理由です。
ただし、植物に関しては、依頼者の確認が取れれば運んでくれますので確認しておきましょう。
犬や猫に関しては、オプションサービスとしてペット運搬サービスを行っている業者があります。
費用相場は運搬するペットの種類や移動距離、運搬方法によって大きく変わってきますので一概に言えませんが、参考程度に書いておきます。
大型犬を都内程度の距離で陸運する場合で費用相場は20,000円程度。
大型犬を東京から名古屋まで陸運する場合で相場は50,000円程度。
大型犬を東京から福岡まで空路で輸送する場合で相場は70,000円程度。
犬や猫などではなく気温変化に敏感な爬虫類などの場合は費用も跳ね上がりますので、料金は事前に確認しておきましょう。

美術品の運搬サービス

引越し荷物で取り扱いが難しいのが「美術品」です。
絵画や骨董品など、一般的に値打ちがある物はもちろん、一般的に価値がない物でも依頼者にとって大事な物であれば、それは大事な「美術品」ということになります。
引越し業者は荷物の運送に関してきっちり保険をかけています。
ただしこうした美術品に関しては、いくら保険をかけていても補償しきれない物や、そもそも金額では取り返せない物もあります。
こうしたトラブルを未然に防ぐには、美術品運送は専門業者に任せるのが最善策と言えます。
引越し業とは別に運送業を行っているクロネコヤマトや日通などに引越しを依頼すると、美術品を運送する専門のチームが取り扱ってくれます。
中小引越し業者に依頼する場合は、提携している外部の専門業者に依頼するのが一般的です。
費用相場は運ぶ物や距離によって様々ですが、おおよそ10,000~50,000円程度で考えておきましょう。
ちなみに美術品の梱包に関しては、依頼した専門業者に任せるのがオススメ。
素人が中途半端に梱包すると、かえって傷つきやすくなってしまうケースがあります。

ピアノの運搬サービス

引っ越し

ピアノは単に大きな荷物というわけではなく、非常に繊細な楽器です。
しかも基本的に備え付けで演奏する楽器ですので、運搬することを想定して作られていません。
それだけに運搬による振動や衝撃に弱く、故障の原因になったり、音色が変わってしまう原因になることがあります。
こうしたトラブルを防ぐには、ピアノも専門業者に依頼するのが間違いない方法です。
専門業者に依頼した場合、例えば新居に搬入する際、2階から搬入するクレーンを使用するケースなどにもしっかり対応してもらえます。
また、引越し完了後の調律までセットになっている業者も少なくないので、安心してお願いできます。
気になる費用相場ですが、アップライトピアノで30,000円~、グランドピアノで50,000円~といったところ。
これにクレーン作業や分解作業が加わるとさらに費用がかかるという形になります。

参照:アップライトピアノを引越しで運ぶ時の費用の相場は?注意点は何がある?

参照:グランドピアノを引越しで運ぶ時の費用の相場は?注意点は何かある?

バイク・車の運搬サービス

バイクや車に関しては、もちろん自力で運ぶのがもっとも経済的です。
それでも引越しが長距離であったり、ケガや病気などで運転が難しい場合もあるかと思います。
そんな時は、引越し業者の運搬サービスを活用しましょう。
基本的によほど大型トラックでもない限り、大抵のバイクや車を運んでもらえます。
バイクや車の運搬をお願いする場合は、まずガソリンタンクを空にしておくようにしましょう。
タンクを空にするには、お近くのガソリンスタンド(セルフではないところ)や、車の整備工場にお願いしましょう。
車のガソリンは盗難防止の意味もあり、給油口からは抜きにくくなっています。
タンクのドレンバルブなどを開けて抜くのが一般的ですが、ガソリンはすぐに気化し引火しやすいので素人が行うのは非常に危険ですので、専門業者にお願いしましょう。
費用相場に関しては車やバイクのサイズ、移動距離で大きく変わってきますが、バイクで30,000~150,000円、車で50,000~200,000円程度。
事前にしっかり業者に確認しましょう。

参照:引っ越しの際の車の輸送ってどうするの?輸送費はどのくらいかかる?

参照:引っ越しで原付バイクを輸送してもらう際の料金の相場は?

引越し当日にお願いできるサービス

引っ越し

引越し当日にお願いするといっても、依頼自体は事前に行い、引越し当日に行ってもらうサービスになります。
主に電化製品などの設置に関わるサービスが中心になります。

洗濯機の取り外し・取り付けサービス

洗濯機は水道の蛇口から繋がって、排水ホースは排水溝に繋がっています。
接続は非常に単純ですので、当然自分でもできますが、時間がなかったり慣れていなくてく不安な場合は引越し業者にお願いすることもできます。
取り外しと取り付けの両方をお願いして8,000円程度。
設置はミスをすると水があふれるなど大惨事になる可能性があるので、設置だけお願いするのであれば半額の4,000円程度でしょう。

参照:引越し業者は洗濯機の設置や取り付けはしてくれる?

テレビ周りの配線サービス

引越しで特に女性の方などが苦手としているのがテレビ周りの配線です。
テレビだけであればさほど難しくありませんが、録画機器、ゲーム機などが絡んでくるとなかなか面倒になります。
そんな配線もサービスで請け負ってくれる業者は多くあります。
費用相場は3,000円程度。
事前に接続したい機器をすべて伝えて、引越し前に現状の接続を確認してもらいましょう。

参照:引越し業者はテレビやビデオの配線はしてくれるの?費用は?

エアコンの取り外し・取り付けサービス

引越しでエアコンを持って行く場合は、取り外しや取り付けをお願いする必要があります。
エアコンに関しては、機内にフロンガスを溜めているので、専門の免許を持っている業者にお願いするしかありません。
取り外しの時に一度フロンガスを抜き出し、設置後フロンガスを注入しなおすのが簡単な手順。
また、室内機と室外機を繋ぐホースも基本的に交換しますので、作業代金とホース代金が必要になります。
費用相場は30,000円程度。
エアコンの型が古い場合は買い替えも視野に入れて見積もりをお願いしてみましょう。

参照:引越し時のエアコンの取り付けや取り外しの費用の相場は?

作業員の指名

あまりなじみがないかもしれませんが、作業員を指名できる場合もあります。
例えば女性の一人暮らしの場合など、男性作業員にお願いしたくない場合などは、女性作業員を指名することができる場合があります。
ちなみにすべての作業を女性が行ってくれるプランを持っているのは、アート引越センターぐらい。
他の業者にお願いすると、基本的には女性作業員が作業して、重い荷物などは男性作業員というケースもあります。
中小の引越し業者の場合、女性作業員がいないとこのサービスは提供していないので、最初に依頼するときに確認しておきましょう。
作業員の指名に関しては基本的に無料で請け負ってくれる業者がほとんどです。
とはいえ、すべての要望に対応できるものでもありませんのでご注意を。

参照:引越し業者を女性スタッフにお願いすることはできるの?費用はどうなるの?

新居に関するサービス

水道

引越しで新生活を始める以上は、気持ちよく始めたいものです。
そんな思いにこたえてくれるサービスを展開している業者も存在します。

盗聴器発見サービス

最近は一般人でも簡単に盗聴器を購入できるようになっています。
そんな盗聴器の中には、コンセントの差込口に仕込んでおくものも。
賃貸物件の場合、前に住んでいた人を盗聴するつもりで仕掛けた盗聴器が、撤去されずそのまま残っている可能性も。
そんな不安がある場合は、業者の盗聴器発見サービスを利用してみましょう。
大手の引越し業者の多くがこのサービスを提供していますが、そのサービス内容は様々。
「サカイ引越センター」は簡易調査で10,000円、本格調査で20,000円程度という料金設定。
「ヤマトホームコンビニエンス」の場合、1LDKで12,000円、ここから1部屋増えるごとに2,000円加算されていくシステム。
盗聴器に加えて盗撮カメラを探す場合は追加料金が発生します。
変わっているのは「アップル引越センター」。
基本的に盗聴器発見サービスは無料サービスとなっており、取り外しが発生した場合は 別途料金がかかるシステムになっています。
ただし、盗聴器もかなり進化していますので、簡単な調査では発見できない物もあります。
本格的な調査をお願いしたい場合は、専門の業者を別途探す必要があります。

害虫駆除サービス

新生活を送るにあたって、ゴキブリやムカデ、ダニなどの害虫の存在も気になるところ。
そんな害虫を駆除してくれるサービスを展開している業者もあります。
害虫駆除サービスは、引越し前に空の状態の新居に薬剤を散布しますので、散布する日程を組めるように工夫しましょう。
また、害虫駆除は新居だけの問題ではありません。
持って行く荷物の中に、害虫や害虫の卵がついてしまっている場合、せっかく新居が清潔でも害虫を駆除しきれません。
合わせて引越し荷物の害虫駆除もお願いしましょう。
ちなみに引越し荷物の駆除に関しては、薬剤が浸透するのに最低30分はかかりますので、あまりに近すぎる引越しではこのサービスを受けられない場合もあります。
引越し荷物に薬剤を散布する場合、トラックに荷物を積み込んでから、トラックの荷台で散布を行います。
こうすることですべての荷物にまとめて散布することが可能になります。
費用相場は15,000~30,000円程度。
ちなみに害虫駆除に消毒殺菌サービスを付け加えるとプラス5,000円程度になるでしょう。

耐震対策サービス

地震大国日本において、家庭内の耐震対策は必須と言えます。
そんな耐震対策も、引越しの時にキッチリ行っておくと、次の引越しや、家具家電の買い替えのタイミングまで施す必要がなくなります。
引越し業者の行う耐震対策は、耐震シートのセット、突っ張り棒の設置、窓ガラスの飛散防止シートの設置などが考えられます。
費用相場に関しては、間取りや家具・家電製品の数により大きく変わりますので一概には言えません。
引越し前に必ず業者に見積もりを出してもらいましょう。

まだ独自のサービスを行っている業者も

ここで紹介したオプションサービスは、一般的に複数の業者が行っているサービスになります。
当然ここで紹介した以外にも、業者独自で行っているサービスや、ここで紹介したサービスを無料で行ってくれる業者もあります。
そんな業者を探すのはかなり面倒な作業になります。
そんな手間をかけている時間的な余裕がない方には、「引越し料金一括見積もりサイト(無料)」の利用がオススメです。
一括見積もりサイトを利用すれば、あなたの希望する引越しプランを実現してくれる業者が一目で見つかり、しかもその複数の業者にまとめて見積もりを依頼することが可能です。
複数の業者の見積もりが手に入るということは、見積もりを比較してより良い引越しを、より安く行うことができるということになります。
引越し前の忙しい時間を大事にしながら、賢く引越しをしましょう。

詳しくはこちらをどうぞ。

オプションの費用が安い引っ越し業者を探すならこちらをどうぞ(無料)

関連記事になります。合わせてご覧ください。

追加料金がかからないために引越し前に確認しておくべきこととは?

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




よく読まれている記事一覧

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

11月の引越し費用の相場は? 料金が安いのはいつくらい? 2

「11月に引越ししようと思うんだけど時期的に費用は高いの?安いの?」 「11月の引越しで費用を安くするコツはある?」 なんてあなたは思っていませんか? 10月は3月ほどではないですが、引っ越しシーズン ...

12月の引っ越し費用の相場は? この時期の料金は高い?安い? 3

「12月に引っ越し予定だけど費用の相場はどうなの?」 「年末だし引っ越しの費用は高いんだよね?安いタイミングはある?」 なんて疑問はありませんか? 年度末、クリスマスやお正月に向けて何かとあわただしい ...

-引越しの費用
-, , , ,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.