引越しの費用

同じマンション内の引越しは業者に頼んだ方がいい?費用の相場は?

更新日:

 

「同じマンション内の引越しは業者に頼むことはできるの?」

「同じマンション内で引越し業者を頼んだ時の費用の相場はどれくらいなの?」

「同じマンション内での引越しの場合、敷金や礼金などはどうなるの?」

同じマンション内に引越しすることが決まったあなたも、こんなことでお悩みではありませんか?

同じマンション内の引越しとなると、業者に頼んだ方がいいのかや費用の相場は、また敷金や礼金などはどうなるのなど、さまざまな問題や疑問点があります
そこでそんなことでお悩みのあなたのために、「同じマンション内の引越しは業者に頼んだ方がいい?費用の相場は?」をご紹介しますので、参考にしてみて下さい。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。約1分間であなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

しかも今なら期間限定で最大10万円のキャッシュバックもありお得です。

一括見積りを試すならCMでもおなじみの引っ越し侍がおすすめです。

>>>自分に合った格安の引越し業者を試しに見てみる(無料)<<<




同じマンション内での引越し

今入居している賃貸マンション、立地も悪くないし家賃も手頃だけど、なんとも日当たりが悪くて不快だったり、隣に入居している人からの騒音が気になるなんて事もありますよね。
また高齢になった家族がいたり、ケガをした後遺症の影響などで階段の上り下りが大変だからと1階に引越したい、また今よりも条件の良い最上階の部屋に空きが出た等々・・・。
このような様々な理由から、案外同じマンション内での引越しはよくある話のようですね。
でも同じマンション内での引越しは、移動距離が近すぎるために引越し業者に依頼することをためらったり、引越しに伴う各種手続きがわからない場合もあるようです。

同じマンション内の引越しは業者に頼むことはできるの?

同じマンション内の引越しは業者に頼むことは、どこの引越業者でもまったく問題なく依頼することが可能です。
同じマンション内の引越しの場合は、引越し業界では「敷地内移動」と呼ばれていて、大型トラックなどに荷物を搬入したり搬出する必要は無く、荷役作業だけの依頼となります。
それらの同じマンション内の引越しだと、当然同じマンション内で荷物を移動することになり、移動時間も必要なくトラックのガソリン代も不要となるので、通常の引越しよりは安く引越しができます。

同じマンション内での引越しも引越し業者に頼むべき?!

同じマンション内での引越しとなると、引越し業者に依頼するのではお金がもったいないからと、自力で引越し出来るのではないかと考える人も多いと思います。
しかしいくら同じマンション内での引越しといえど、大型の家具や家電などの運搬となると、傷を付けないようにしっかりと養生して作業しなければなりません。
また実際に運搬するとなると、重量も相当あるので要領が分からずに運搬してしまうと、ぎっくり腰になる危険も出てきます。
まずは荷物の量や現実的に自分だけで本当に運搬できるのかなど、十分に検討した上で引越し業者を依頼するかの判断をしましょう。

自分で持てない物は家財便を利用して節約しよう!

同じマンション内での引越しの費用の節約を考えたときに、自分ですれは費用は節約できますが、大型の家具や家電の運搬は物理的に無理というケースも多いと思います。
そんな時に便利なのが、ヤマトホームコンビニエンス「らくらく家財宅急便」、アーク引越センター「大物限定プラン」、ダック引越センター「大物のみ家具だけプラン」などを利用する方法があります。
それらのサービスは大物の運搬のみに特化したサービスで、小物は自力で運搬できるものの大物の運搬は無理というケースにはとてもおすすめなサービスです。
上手に活用することで、運搬の負担も軽減できつつも、引越しにかかる費用も節約できるので、同じマンション内での引越しにはおすすめの方法の1つです。

クロネコヤマトのらくらく家財宅急便って何?料金の相場は?

同じマンション内で引越し業者を頼んだ時の費用の相場は?

同じマンション内で引越し業者を頼んだ時の費用は、当然トラックも使わないのでガソリン代や高速料金などは不要で、人件費も安く済みます。
でもどのくらいの金額が相場なのかというと想像も付かないので、そんな同じマンション内で引越し業者を頼んだ時の費用の相場について、こちらでご紹介しましょう。

一人暮らしの場合

一人暮らしの場合の同じマンション内で引越し業者を頼んだ時の費用の相場は、荷物の量も少ないのでおよそ10,000円から15,000円程度の費用となります。
この料金は一人暮らしの一般的な荷物の量を、エレベーターなどがある住宅で運搬した場合の費用で、大物だけの運搬を依頼すればもっと費用は安くなります。
逆にエレベーターが使用できない時や、一人暮らしでも大物の移動が多いとき、また繁忙期などは料金も高くなります。

4人暮らしの場合

4人暮らしの場合の同じマンション内で引越し業者を頼んだ時の費用の相場は、4人暮らしともなると荷物の量も多くなることから、20,000~30,000円ほどの費用となります。
4人暮らしの場合の荷物も、小物はすべて自分で運搬して大物だけを業者に依頼すれば、費用はかなり節約する事が出来ます。
エレベーターがなかったり、大物の家電や家具などが多い場合や繁忙期などは、料金が高くなることもあるので注意しましょう。

同じマンション内での引越しでも費用が高くなるケース

同じマンション内での引越しでも費用が高くなるケースがいくつかあるので、そう言ったケースについてご紹介しましょう。

エレベーターが無い

大物を運搬する場合においては、エレベーターを利用して荷物を上げたり下げたり出来る場合には、基本的には1階からの料金と同等と見なされます。
しかしエレベーターがない建物で、階段や窓からでないと搬入や搬出が出来ないとなると、作業員人数も増員が必要になったり、特殊な重機が必要になったりすると料金は高く付いてしまいます。
そのような場合には引越し業者のプロにお願いするしか方法はないので、出来るだけ安い業者を上手に探して利用するようにしましょう。

引越しでエレベーターなしの料金相場。5階4階3階で費用は違うの?

同じマンションでも離れている

同じマンション内での引越しでも、荷物を搬入したり搬出するために一度建物の外に運び出さなければならないようなケースもあります。
また同一敷地内であっても棟が離れている場合もあり、そのようなときにはたとえ至近距離とはいえ、トラックなどを利用して運搬することになる場合もあります。
そう言ったケースになると、近距離の5km以内の移動などと同じような料金設定の適用となる事が多いために、至近距離の移動でも割高に付いてしまうこともあります。

引越しの費用を安く抑えるなら一括見積もりがおすすめ

同じマンション内での引越しの費用を安く抑えるには、1社からだけでなく複数の業者から相見積もりを取ることで、料金をよりやすくすることが出来ます。

引越し費用の相見積もりの方法や流れはどうしたらいい?おすすめのサイトはある?

しかし相見積もりを取るにも自分で連絡先を調べて、1社1社連絡していくのも大変な作業ですが、そんな時に一括見積もりという方法があります。
一括見積もりは、旧居と新居の住所と引越の希望日と世帯人数などを伝えるだけで、10社程度から一括して見積もりを依頼する事が出来るので、手間が掛からずにとても楽です。
出てきた見積もりの中から良さそうな業者を絞り込み、さらに相見積もりをすることで料金の値下げが期待できるので、是非一括見積もりを活用して引越しの費用を安く抑えましょう。

テレビCMでもおなじみの引っ越し一括見積もりはこちらになります。
引っ越しの一括見積もりを試しに見てみる

同じマンション内での引越し手続きの疑問

同じマンション内での引越しに関しては、同じ建物でも引越しの手続きは必要となってきます。
そんな同じマンション内での引越し手続きのさまざまな疑問点についてまとめてみました。

敷金・礼金・仲介手数料ってどうなるの?

同じ敷地内で同じ建物とは言っても、管理会社や大家さんに引越しの承諾を得た場合には、通常の引越しと同じ手続きを取る必要があります。
手順としては、まず部屋の解約手続きをして改めて新しく入居する部屋への契約を行い、退去する場合の原状回復などの費用も通常通りに発生することになります。
敷金・礼金・仲介手数料などに関しても、通常の賃貸物件を退去して新たに入居するのと同じになるので、こう言った費用も当然すべて請求されることになります。
しかし中には、現在の部屋が水漏れしたり設備のトラブルなどで、大家さんや管理会社側から部屋の移動を頼まれた場合などは、敷金・礼金・仲介手数料などはそのままの条件で移動できる可能性が高いです。
また大家さんや管理会社によっては、敷金や礼金はそのままスライドしてくれたり、仲介手数料を免除してくれることもあるので、まずは交渉してみると良いでしょう。

家賃はどうなるの?

基本的な家賃の考え方は、同じマンション内での引越しと言っても、今まで賃貸物件を解約して新たな物件と契約すると言う事に変わりはありません。
そのために月の途中で引越したときの場合などでは、途中までの家賃を日割り計算で精算した後に、新たな住居の家賃をまた日割り計算で支払うことになります。
ただ家賃の額が以前の物件と同額だったりする場合など、大家さんや管理会社が柔軟に対応して、引き続き支払ってもらうような形で済む場合もあります。
その当たりについては、大家さんや管理会社に相談してみると良いでしょう。

電話番号は変わるの?

固定回線がNTTの回線を使用している場合には、電話番号は変わることなく引き続き引っ越した部屋で利用することは可能です。
新しく移る部屋にも同じようにモジュラーの差込口があれば、特別な工事も必要なくNTTの116に電話して部屋番号が変更になることを伝えるだけで、手続きは完了します。

住民票はどうなるの?

同じマンションの場合、マンション名や番地は同じであっても部屋番号は違ってくるので、部屋番号も住所に含まれて届けられているので、住民票の変更は必要となります。
手続きは同じ市区町村内での移動なので、14日以内に役所に行って転居届を提出してくるだけで済むので、忘れずに手続きをしてくるようにしましょう。

さいごに

同じマンション内の引越しは業者に頼んだ方がいい?費用の相場は?についてご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?
同じマンションでの引越しとなると、引越し業者を依頼した方が良いのかの判断も迷うところですが、引越し業者に依頼すれば、自分でやれば1日かかるところがわずか1~2時間ほどで終わります。
安心でしかも安全な事を考えれば、やはり同じマンション内の引越しとはいえ、引越しは業者に頼んだ方がいいようですね。
皆さんも一括見積もりを利用して、引越しの費用を節約しながら上手に同じマンション内の引越しをやりましょう。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。約1分間であなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

しかも今なら期間限定で最大10万円のキャッシュバックもありお得です。

一括見積りを試すならCMでもおなじみの引っ越し侍がおすすめです。

>>>自分に合った格安の引越し業者を試しに見てみる(無料)<<<




よく読まれている記事一覧

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

引越し 2

  「4月に引っ越し予定だけど引っ越し費用の相場はどのくらいなの?」 「4月の引っ越しならどの時期にしたら安くなるの?」 その様なことを思っていませんか? 毎年春は引っ越しの最繁忙期となりま ...

引越し 3

「ゴールデンウィーク中の費用はどのくらい高くなるの?」 「ゴールデンウィーク前と明けではどちらが費用が安い?」 「ゴールデンウィーク近辺だとどの日が一番引越し費用が安くなる?」 「ゴールデンウィーク近 ...

no image 4

  「5月に引っ越しをするんだけど、この時期の費用の相場ってどのくらいなの?」 「安く引っ越しをしたいけど何かおすすめの方法はある?」 あなたは、その様に思っていませんか? 天候も暖かく、ま ...

-引越しの費用
-, , ,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.