賃貸物件の費用

引越し時の家賃交渉はいくらまで可能なの?どのくらい安くなるものなの?

更新日:

 

賃貸物件への引っ越しを考える上で一番大切なのは家賃ですよね。

毎月必ず発生する固定費で、なおかつ金額も高いものですから、気になるのはあたりまえです。
この家賃ですが、賃貸物件を借りる際に金額を交渉できるのをご存知でしょうか。

家賃交渉をうまくすることができれば、大きな節約効果が得られるかもしれません。
こちらのページでは、

「家賃交渉でどれくらい家賃は安くなるのか?」

「家賃交渉の上手なやり方は?」

「家賃交渉をするのに適した時期はあるの?」

などといった家賃交渉にまつわる疑問について、一つ一つ解説していきます!

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。約1分間であなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

しかも今なら期間限定で最大10万円のキャッシュバックもありお得です。

一括見積りを試すならCMでもおなじみの引っ越し侍がおすすめです。

>>>自分に合った格安の引越し業者を試しに見てみる(無料)<<<




目次

賃貸物件に引っ越すなら家賃交渉に挑戦してみよう

賃貸物件への引っ越しを考えているなら、家賃交渉に挑戦してみましょう。
家賃交渉とはその名の通り、物件を借りる側(あなた)が貸主(大家や管理会社等)に家賃金額の交渉を行うことです。

家賃交渉が成立すれば、毎月その分だけ家計を節約することができます。
また、その金額が少額でも長くその物件に住み続ければ、合計でかなりの金額を節約できることになります。

では、家賃交渉は実際にどれくらいの金額を節約できるのでしょうか。

家賃の交渉でいくらまで安くなるものなの?

家賃の交渉で実際にいくらまで安くなるのか。それはもちろん貸主である大家や管理会社の考えによって決まってくるので一概には言えません。

しかし、とはいえ目安となる金額はあります。

多くの家賃交渉では1,000円〜3,000円くらいの減額が可能なようです。
3,000円以上という金額はあまり例がありません。
また、500円などキリの悪い数字ではなく、1,000円単位での減額が行われるケースが多いようです。

家賃交渉のやり方として「家賃の10%を減額して」というやり方もあり、実際にそれで10%の減額に成功した例もあります。

家賃の交渉がしやすい時期とは?

では、家賃交渉がしやすい時期というのはどういった時期なのでしょうか。

家賃交渉をしやすい時期は、引っ越しの閑散期になります。
なぜなら、引っ越しの繁忙期であれば貸主側としてはいちいち家賃を減額しなくてもどんどん入居が決まっていくからです。
逆に、閑散期で空室となっている場合はその空室期間が長ければ長いほど貸主側としては損をしていることになるので、できるだけ早く入居をしてもらいたいと思っています。
その結果、貸主としては多少の家賃交渉であれば応じて、早めに入居してもらいたいという心理が働くのです。

引っ越しの閑散期とは、一般的には4月、5月、6月、11月、12月ごろと言われています。
逆に繁忙期は1月の下旬から3月下旬までになります。

家賃交渉がしやすい物件とは?

家賃交渉がしやすい時期についてご説明いたしました。
では、家賃交渉がしやすい物件というのは存在するのでしょうか。

敷金や礼金がゼロ円

敷金というのは物件を借りる時に保証のために借主から貸主に預ける保証金のことで、礼金とは借主から貸主に入居のお礼として支払うお金になります。

敷金や礼金は「家賃の一ヶ月分」などと決められていることが多く、借主の大きな負担になるものです。

しかし、中にはその敷金と礼金をゼロ円にしている物件があります。
そういった物件はとてもお得な物件と言うことができますが、お得であるということはやはり理由があります。

例えば、日当たりが悪かったり、駅から遠かったりなどといったマイナス要因が存在することがほとんどなのです。
だからこそ、入居者が決まりにくい物件ということになります。

こういった物件を借りる場合は家賃交渉ができる可能性が高くなります。

築年数が10年以上の物件

また、築年数が10年以上の物件も狙い目です。
築年数は20年、30年という物件も存在するので、そういった物件に比べれば築年数10年というのは比較的新しい物件ということもできますが、それでも10年経っているので、多少の傷みは出てきています。

ですから、築年数10年を境に物件を借りようと思う人が減っていくのです。
そしてその傾向は当然築年数を重ねるごとに顕著になっていくので、築年数が増えるごとに家賃は下がっていき、家賃交渉もしやすくなるのです。

最寄りの公共交通機関がバスの物件

最寄りの公共交通機関がバスの物件も狙い目です。
なぜなら、誰でも最寄りの公共交通機関は電車の方が良いと考えるからです。

最寄りの公共交通機関がバスしかない物件は入居者が決まりにくい傾向があり、家賃交渉がもしやすい物件と言えるのです。

低階層の物件

低階層の物件も家賃交渉のやりやすい物件です。
低階層の部件は空き巣などの犯罪被害に遭いやすいため、入居希望者が少ない傾向にあります。
特に、女性の場合は防犯意識から一階の物件を敬遠する傾向があります。

また、地域によっては低階層だと室内に害虫が出現する可能性があるため、敬遠されがちです。

そんな入居者が敬遠しやすい低階層の物件だからこそ、家賃交渉ができる可能性が高いというわけです。

空き室が多くある物件

同じ物件内に空室が多くある物件は積極的に家賃交渉をしてみましょう。
空室が多いということはそれだけ入居者が決まりにくいマイナス要因が多いということで、貸主としては入居してくれるだけでもありがたいと思っている可能性があります。

そのため、家賃交渉に応じる可能性も高くなるのです。

日当たりが悪い物件

日当たりの悪い物件は、基本的に空室が多くなります。
誰でも日当たりが悪い物件と良い物件があったら、良い物件を選びますよね。

ですから、貸主としては今回あなたが入居を検討している場合、
「今回で決まらないと決まらないかもしれない」
と考える傾向があります。

そのため、家賃交渉も成功する可能性が高くなるのです。

家賃交渉をするコツ

ここまでは、家賃交渉しやすい物件などの条件について確認してきました。
ここからは、実際に家賃交渉を実行に移す際のポイント、コツについてご説明いたします。

家賃交渉前に事前調査をする

家賃交渉は、したいと思ったらするのではなく、しっかりと事前調査を行った方が成功する可能性が高くなります。
以下の様な項目にしたがって、事前調査をしておきましょう。

相場を調べる

その物件の周りの物件や、最寄り駅周辺の物件の相場を調べましょう。
もし借りようと考えている物件の家賃がそれらの相場と大きく差があった場合、それを理由に家賃交渉を行うことができます。
また、家賃が相場と同じくらいだった場合は、どれくらいの値段、家賃交渉ができるのか予測を立てることができます。

長く空き物件になっていないか

借りようと思っている物件が長い間空き物件になっていないかも調べてみましょう。
長い間空き物件になっているということは、入居者が決まりにくい、なにかしらの理由があるはずです。

その物件が長い間空き物件になっていたかどうかは不動産屋に聞いてみるようにしましょう。
そして、内見の際などに家賃交渉に有利な理由について調査してみましょう。

部屋探しで内見時のチェックポイントって?所要時間はどのくらいかかるの?

マイナス要素があるか

その物件に対し、入居を行いたくないと考えるなにかしらのマイナス要素がないか調べてみましょう。

マイナス要素は、例えば「日当たりが悪い」「騒音がする」「エレベーターが無い」などの要素が考えられます。

自社物件や管理物件を探す

不動産屋が直接管理している自社物件は、大家などが存在せず家賃の決定権を不動産屋が持っています。
そのため、直接不動産屋に家賃交渉ができるので、家賃交渉が成功する可能性が高くなります。

また、その不動産屋が直接管理をしている管理物件の場合、不動産屋が直接オーナーや大家に家賃交渉を行えるため成功の確率が高くなります。

不動産屋から担当の不動産屋へ、そして大家へという段階を踏む必要がある普通の物件では、家賃交渉に至るまでのプロセスが複雑なため、家賃交渉が失敗しやすいのです。

閑散期に交渉をする

家賃交渉の基本は、引っ越しの閑散期に交渉をすることです。
閑散期に物件が空いている場合、その期間ずっと家賃を回収することができず、それだけ貸主としては損をしてしまうことになります。

言い換えれば、「多少家賃を安くしてもいいから、入居者に住んでもらいたい」と思っているのです。
ですから、家賃交渉もうまくいく可能性が高くなるというわけです。

繁忙期と閑散期で引越し費用の相場はどのくらい違うの?

閑散期に引越しすると費用は安くなる?費用を安く抑える6つの方法も大公開

営業マンと親しくなる

不動産屋の営業マンと親しくなるのも、家賃交渉を成功させるコツです。
不動産屋の営業マンは日々たくさんの客と接しています。
そして不動産屋の営業マンも人の子ですから、親しくなった客になにかと肩入れをしてくれます。

家賃交渉は多くの場合営業マンから貸主に行うものなので、ここで営業マンに熱意を持って家賃交渉をしてもらえるかで、家賃交渉の成功確率は変わってくるのです。

家賃の交渉が難しければ礼金を交渉しよう

もし家賃交渉が難しい場合でも、あなたの負担を軽くする方法があります。
それは、礼金を減額、もしくは免除してもらう交渉を行うことです。
礼金は貸主に対して借主がお礼のために支払うお金のことで、礼金をなくすことができれば、それだけその金額が節約できるのです。

礼金は家賃の一ヶ月分や二ヶ月分といった金額であることが多いので、その分を支払わなくて良いとなればかなりの節約になるでしょう。

敷金を交渉しても意味がない理由

よく「礼金」と「敷金」を混同してしまっている人がいますが、礼金と敷金はまったく違う用途のお金です。
礼金がその名の通り、貸主へのお礼で支払われるのに対して、敷金は貸主への「保証金」のような役割を担います。

この敷金は、借主による家賃滞納が行われた時の補填に使われたり、退去時に物件が破損していた際の修繕費用に使われたりします。
しかし、多くの場合敷金はそのまま借主の手元に返還されるものであり敷金の減額や免除をしてもあまり意味がないのです。

しかし一方で、関西方面には「敷引」という文化があります。
敷引とは、借主の退去時に敷金から一定の割合を差し引いて返還することを指します。
つまり、「敷金は家賃二ヶ月分。そのうち敷引が一ヶ月分」とされていた場合、退去時に特に問題がなくても家賃一ヶ月分の金額を差し引いて敷金が返還されるのです。

この敷引が契約に含まれている場合は敷引の割合を交渉によって差し引けるかもしれません。
敷引に関しては全国的に見ても特殊な事例なので、不動産屋の担当者に詳細を聞いてみるようにしましょう。

仲介手数料を交渉してはいけない理由

たまに、仲介手数料の減額を交渉してしまう方がいますが、これは絶対に避けましょう。
仲介手数料とは、物件を探してくれたり家賃交渉をしてくれる不動産屋へ支払うお金のことですが、不動産屋にとってはこの仲介手数料のみが収入になります。

したがって、この仲介手数料を減額してしまうと、不動産屋の収入がその分だけ減ってしまうことになるのです。
ですから、当然不動産屋は仲介手数料の減額を拒みますし、最悪の場合、受けるサポートのレベルが低くなってしまう可能性があります。
物件探しにおいて、不動産屋を敵に回すことはもっともしてはならない行為です。
仲介手数料の交渉は、万に一つ不動産屋から提案でもない限り控えましょう。

フリーレントを交渉してみるのも手

家賃交渉が難しく、礼金の交渉も思うようにいかなかった。
そんな場合は「フリーレント」の交渉をしてみましょう。

フリーレントって何?

フリーレントとは、家賃を一定期間免除するサービスのことです。
例えば「フリーレント期間二ヶ月」がついている物件は入居してから二ヶ月分の家賃が免除になります。
これは大きいですよね。

家賃交渉もできず、礼金の免除も受けられなかった場合はフリーレントの交渉ができないか考えてみましょう。
貸主としてはせっかく入居を考えてくれている借主がいるのに住んでもらえないと、また新しい借主を一から探す必要があります。
であれば、フリーレント交渉を受け入れて住んでもらおうと考える貸主が多いのです。
フリーレント期間としては一ヶ月から二ヶ月くらいが一般的なので、それくらいの期間でフリーレントの交渉ができないか考えてみましょう。

ただし、フリーレントの交渉で一つだけ気をつけるべきことがあります。
それは、フリーレントを受け入れる代わりに「一年以上住み続けること」といった特約が契約時に発生する可能性があるということです。
特約は違約金とセットで結ばれることが多く、特約を破ると違約金を取られてしまい、かえって損する可能性もないとは言い切れませんので、その点は注意するようにしましょう。

設備などのリフォームを交渉してみる

家賃交渉や礼金の交渉が難しい場合は、エアコン、給湯器などの設備のリフォームを交渉してみる方法もあります。

比較的古い物件の場合、設備がかなり古くなっている場合があります。
そうした設備をリフォームしてもらうことで、生活レベルが向上します。
家賃や礼金の交渉が難しい場合は、設備のリフォームを交渉してみましょう。

設備は、貸主が「いつかリフォームしよう」と考えている可能性もありますので、リフォームの交渉に応じてもらえる確率が高くなるのです。

家賃交渉するタイミングは?

ここまでは主に家賃交渉する条件や、時期などの要素について見てきましたが、家賃交渉で一番大切だと言っても過言ではないのが、家賃交渉をするタイミングです。

このタイミングを見誤ってしまうと交渉が失敗してしまうかもしれません。

家賃交渉をするなら申し込み前にしよう

家賃交渉はタイミングが重要です。
タイミングを見誤ると、入居自体の話がなくなってしまう可能性がありますので、慎重に行いましょう。

まだ入居まで時間がある段階で家賃交渉をしてしまうと、「じゃあ今の家賃そのままで借りてくれる人を探そう」と貸主さんや不動産屋の担当者が考えてしまう可能性があります。

家賃交渉をするベストなタイミングは「申し込み前」です。
ほぼ入居が決定している段階で家賃交渉をすれば、貸主もまた新しい入居希望者を探す手間と交渉されている家賃を天秤にかけて考えることができるので、家賃交渉が成功しやすくなります。

また、「この金額だけ家賃を下げていただければ、即入居します」と入居を確約することで家賃交渉を成功させやすくすることも可能なのです。

家賃交渉の切り出し方とは

では実際に家賃交渉を実行する際の切り出し方についてご説明いたします。

家賃交渉が可能か探りを入れる

まず、不動産屋の担当者に、そもそも家賃交渉が可能なのかを聞いてみましょう。
貸主によっては家賃交渉をそもそもまったく受け付けていない可能性があります。
そういった物件に家賃交渉をしても、そもそも受け付けていただけないばかりか、貸主の心証を悪くしてしまう可能性もあります。

貸主との関係性は入居した後も大切になりますので、その点は気をつけるようにしましょう。

物件は気に入っているが予算がオーバーしていることを伝える

家賃交渉をする際に、「入居する気持ちがあるのか、ないのか」というポイントはとても大切です。
貸主としても入居をするつもりのない客の家賃交渉に応じるよりは、入居をすることがほとんど決まっている方の家賃交渉に応じたいと考える方が自然なのです。

ですから、物件自体は気に入っているが、予算だけがオーバーしていると伝えることが有効です。

値下げをしてくれたら申し込むことを伝えることも大切

家賃交渉をする際は、値下げをしてもらえたらすぐに入居するという意志を伝える事が大切です。
入居がほぼ決まっていれば貸主としても家賃を減額してどれだけ利益がでるのかといった長期間に渡る見通しを検討しやすくなります。

いま、家賃交渉をしようと考えている物件がある場合は値下げをしてもらえたら即入居できるという意志をきちんと先方に伝えるようにしましょう。

具体的に家賃をいくら下げてほしいか伝える

家賃交渉最大のポイントは、金額をきちんと伝えることです。

抽象的な「安くなりませんか?」はダメ

家賃交渉の経験がない方がやってしまいがちな間違いで、「安くなりませんか?」といった抽象的な交渉をしてしまう、というものがあります。

家賃交渉において抽象的な表現をしてしまうと、貸主が検討をすることもできず、家賃交渉が失敗に終わってしまう可能性が高くなります。

値下げは数千円下げればよしと思う

家賃交渉未経験の方がやってしまいがちなのは、家賃交渉の金額を高くしすぎてしまうことです。

家賃に対して30%くらいの金額を交渉してしまったり、数万円の家賃減額を交渉してしまったりというケースがあります。
貸主が今その値段で家賃を提示しているのは、それなりの理由があります。
ですから、あまり高すぎる金額を交渉しても拒否されることがほとんどです。

家賃交渉をする際は、「数千円下がれば良いや」と考えて交渉しましょう。
数千円でも、長い年月借り続ければかなりの金額になる可能性があります。

家賃が難しければ、礼金の減額やフリーレントを付けることはできないか伝える

家賃交渉をする際は、家賃の金額を下げてもらう交渉をするだけではなく、礼金の減額やフリーレントを付けてもらえないかも交渉してみましょう。

家賃交渉のポイントは、貸主に検討できる要素をたくさん残してあげることです。
貸主が「これならいいかな」と検討できる材料を提示して、家賃交渉を進めましょう。

家賃交渉に失敗したら引っ越しの費用を見直そう

家賃交渉は、ダメで元々と考えることも大切です。
家賃交渉した結果、思うような結果が得られなかった時はいさぎよく諦めましょう。

家賃交渉が失敗した場合でも、初期費用を安くする方法があります。
それは「引っ越しの費用を見直す」ことです。
引っ越し費用は頼む業者によっては数万円違ってくる場合もありますので、積極的に検討してみましょう。

一括見積もりで安く引っ越しをしよう

引っ越し費用を安く済ませる方法で一番効果的なのは、引っ越し業者の一括見積もりを利用する事です。
引っ越し費用は業者によってかなりの差があるので、一社だけに見積もりを依頼してそのまま依頼してしまうのはかなりもったいないです。

数社に見積もりを依頼して、その中から安い業者を選んだり、お願いしたい業者があったら「ここの業者と同じ値段にしてくれたら依頼する」といった形で交渉することで、引っ越し費用を安く済ませましょう。

テレビCMでもおなじみの引っ越しの一括見積もりはこちらになります。
引っ越し一括見積もりを試しに見てみる

さいごに

家賃交渉は、入居前に行っておく事で長い年月物件を借りる経費をかなり安く抑えられる効果があります。
ただ、まったく知識がない状態で成功させるのは中々難しいのも現実です。

こちらのページでご紹介したような方法で、家賃交渉を成功させましょう。

また、家賃交渉はあくまで「ダメで元々」なので、家賃交渉がうまくいかなかった場合は潔く諦めましょう。
そして家賃交渉以外で引っ越しの初期費用を安く済ませるなら引っ越し業者の選定をしっかり行うことをおすすめします。

一括見積もりを行い、業者を選定したり交渉したりすることで初期費用を下げましょう。
引っ越しの一括見積もりは家賃交渉よりもうまくいく可能性が高いのでおすすめです。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。約1分間であなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

しかも今なら期間限定で最大10万円のキャッシュバックもありお得です。

一括見積りを試すならCMでもおなじみの引っ越し侍がおすすめです。

>>>自分に合った格安の引越し業者を試しに見てみる(無料)<<<




よく読まれている記事一覧

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

7月の引っ越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい? 2

「7月に引っ越す予定だけど、この時期は引っ越し費用は高いの?安いの?」 「7月に引っ越しするけど、どの時期に引っ越すと安いの?」 そういう疑問はありませんか? 7月の引っ越しで影響が出てくるのは梅雨と ...

6月の引越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい? 3

「6月に引越し予定だけど、費用ってどのくらいなの?」 「結婚をしたのでこれから新居に引っ越すんだけど、6月の費用の相場はどうなの?」 あなたはその様なことを思っていませんか? 春の引越し繁忙期も終わり ...

-賃貸物件の費用
-, , ,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.