賃貸物件の費用

家賃交渉のコツとタイミングとは?家賃を安くする方法大公開

更新日:

 

「賃貸物件の家賃って交渉して安く出来るの?」

「家賃交渉がしやすい時期っていつなの?」

「家賃交渉するためのコツにはどんなことがあるの?」

「家賃交渉がしやすい時期っていつなの?」

こんなことであなたもお悩みではありませんか?

家賃を少しでも安くして賃貸物件に入居したいと考えるのはみんな同じです。
そんな皆さんのために今回は、家賃交渉のコツとタイミングについて調べてみました。
是非入居を希望する物件の、家賃交渉の時に参考にして見て下さい。

 
損してる?格安の引越し業者を見つけよう
複数の引越し業者に見積もりを取ることで最大50%も安い業者を見つけることができます

利用料は無料で1分程度で見つけることができます。

今なら期間限定で最大10万円のキャッシュバックもありお得になっています。

詳しくはこちら。
自分に合った格安の引越し業者を見つけるならこちら(無料)


目次

賃貸物件の家賃交渉ってできるの?

同じマンションやアパートに入居しているお隣さんと親しくなって、ふと家賃の話になったらお隣さんよりも我が家の家賃は高かったなんて経験はありませんか?
全く同じ間取りで設備も同じなのに家賃が違うというのでは、やはり納得がいきませんよね。
じつは新築の物件であればはじめに決めた家賃のままでも借りては決まりやすく、角部屋と上階に行くほどに家賃が高くなるのが一般的な家賃設定です。
しかし築年数が経過してくると条件が悪くなってくるために、入居者がなかなか決まりにくくなっていくため、大家さんとしては空いているよりはと、家賃を値下げしてでも入居者を探すことになります。
そういった事情があるために、同じ賃貸住宅で同じ条件の住まいであっても家賃が違うという現象が起こり、逆にとらえれば交渉次第では家賃が安くすることが出来ると言う事になります。

家賃交渉がしやすい物件とは

家賃交渉がしやすい物件というのは、どれも何かしらの欠点がある場合がありますが、その欠点も人によっては全く気にならない場合もあります。
そんな物件こそまさに家賃交渉するには、うってつけの物件となるので、具体的にどんなケースがあるのかご紹介しましょう。

敷金や礼金がゼロ円

敷金や礼金が0円にしていると言う事は、それだけより借りやすい条件を提示しているわけで、逆に解釈するとそれだけ良い条件を出さないと、なかなか借り手が居ないとも解釈できます。
その理由には様々な事が考えられますが、大家さんの立場としては敷金や礼金がゼロ円にしてでも空きをださないようにしたいというのが本音なはずです。
それだけに家賃交渉は間違いなくしやすい物件と考えて良いでしょう。

築年数が10年以上の物件

築年数が10年を経過してくると、外観的にも古さを感じさせてくるだけで無く、部屋の中の設備もかなり老朽化して、交換の時期にさしかかっている可能性が高くなります。
また内装の壁紙や畳なども劣化が進んでいる可能性が高く、床の痛みやトイレや洗面所やお風呂場などの給排水設備にも、何かしら不具合が出てくる頃になります。
それだけに入居するには何かしらのリスクがあると考える必要がある物件だけに、当然そのことには大家さんも気付いているはずなので、こう言った物件も家賃交渉の対象と考えて良いでしょう。

最寄りの公共交通機関がバスの物件

賃貸物件情報の有利な条件としてよく目にするのが駅から徒歩○○分といった文句がありますが、それだけ電車の駅に近いというのは貸し手としては有利な物件となります。
逆に貸し手として不利な条件になるのが、電車の駅からは徒歩圏外で交通手段はバスしか無いような場合には、どうしても条件が悪いと判断されてしまいます。
それだけに借り手としては駅から遠く、公共交通手段がバスしか無いように条件は家賃交渉するにはもってこいの条件となるので、これを盾にとって家賃交渉をすすめてみましょう。

低階層の物件

基本的に賃貸物件の家賃は、角部屋や高層階になるほど家賃は高くなりますが、逆に同じ建物であっても低層階になると家賃は安くなります。
同じ建物でもどうしても人気は高層階に集中してしまい、低層階だけが空いているというようなケースもよく見られるので、大家さんとしては安い家賃でも低層階も空きがなく埋まってほしいというのが本音です。
高層階を良い条件とは余りとらえず、低層階でも気にならないという人であれば、低層階の物件を条件にして交渉すると、家賃交渉がうまくいく可能性があります。

日当たりが悪い物件

部屋が南側に向いている場合なら日当たりも良く問題はありませんが、土地のスペースの問題や隣接する建物の影響などで、日当たりが悪いという部屋は必ず存在します。
しかし入居する人によって、日中は働いていてほとんど家に居ないから、日当たりが悪いことは気にならないという人も当然居ます。
一般的には日当たりの悪さは不利な条件になっても、そう言った人にとっては日当たりの悪さは不利な条件にはならないはずです。
しかし大家さんとしてはやはり日当たりの悪い部屋というのは、他よりも悪い条件としての認識を持っていますから、その点について家賃交渉の手段に利用してみましょう。

空き室が多くある物件

賃貸サイト情報や不動産屋の店頭などに、長く掲載されているような物件は、間違いなく空き家が発生して居る物件と考えられます。
こう言った物件は、上記でご紹介しているように築年数が経過している場合や、交通の便が悪い場合などさまざまな理由から人気が無く借り手が着かない可能性があります。
インターネットなどを使って賃貸物件サイトを見てみると、同じ賃貸物件を複数の不動産屋が募集している場合があります。
具体的にどこの部屋なのかや階数なども載っていることがあるので、こう言った情報があれば確実にいくつかの空室がある事が分かりますよね。
こう言った場合など特に大家さんとしては、多少家賃を安くしても良いから空きを無くしたいと考えているので、家賃交渉がうまくいく可能性は高いと言えます。

近くにお墓があったり、騒音が多い物件

窓を開けたら見えるのはお墓といった物件や、子ども賑やかな声が聞こえてくる幼稚園が近くにある物件、また電車が近くを走っている物件など、入居者ならためらってしまうような悪条件の物件はどこにでも存在します。
これらの物件は間違いなく大家さんも貸すときに負い目を感じているはずなので、これらの悪条件を気にしないのであれば、かなり家賃交渉が可能になる可能性が高い物件と言えるでしょう。

家賃交渉がしやすい時期とは?

家賃を交渉する場合、交渉がしやすい時期というのがあるので、まずは交渉しやすい時期について良く覚えておきましょう。

繁忙期においての交渉の時期は?

家賃交渉がうまくいくかどうかは、大家さんとのタイミングによるところがあり、特に大事になるのが繁忙期と呼ばれる時期で、まともに交渉するのではほとんど可能性はありません。
そのためにこの繁忙期の時期と探す時期、そして家賃の交渉をする時期をずらすことによって、家賃交渉の成功率は格段に高くなります。

繁忙期の家賃交渉は圧倒的に不利!

誰もが知っているとおり、不動産業界が一年で一番忙しくなるのが2月から4月にかけての新生活を迎えようとする時期で、多くの人がこの時期に物件を探すことになります。
そのために貸し手の大家さんからすれば、家賃交渉など応じなくても新たな入居者が決まる可能性が高いこの時期では、交渉に応じてくれる可能性は極めて低くなります。

家賃交渉は繁忙期が落ち着く4月以降を狙え!

一般的に不動産業界の繁忙期は、4月を過ぎると次が9月くらいになるので、それまでの間は空室物件が空いたままになる可能性があるわけです。
そうなると大家さんとしても4ヶ月間も空室のままの状態は避けたいはずなので、このタイミングが家賃交渉には絶好のタイミングとなります。
もし家賃を1割下げたとしても2年間入居したとすれば、その損失は2.4ヶ月分で済むので、家賃を1割安くしてでも入居してもらった方がお得と考える大家さんも多いことでしょう。

繁忙期を避けて契約すると、次回の更新時にも有利になります!

繁忙期の4月のピークを過ぎた時期以降に契約すると、2年契約なら当然次回の更新のタイミングも2年後の同じ時期になります。
このタイミングだと、また大家さんも空きが出るよりは多少家賃を安くしてでも、入居してもらっていたほうがと考えるのは当然のことです。
それだけに更新時のタイミングでも、他の条件の良い物件の転居をほのめかせば、今の家賃よりもさらに家賃を安くしてくれる可能性が出てきます。
このように繁忙期を外して契約すると、後々までよい条件が続くことになるので、出来るだけ繁忙期のタイミングを外して契約するようにしましょう。

家賃交渉する時の注意点

生活していく中でかかる経費の中でも、どの家庭でも家賃は大きなウエイトを占めるだけに、1円でも安くしたいと考えるのが本音ですよね。
しかし家賃交渉をするにも闇雲に交渉したのでは、せっかく家賃が安くなるチャンスを失う事になる場合もあります。
そこで家賃交渉する時にはいくつかの注意点があるので、事前に良く理解した上で家賃交渉に臨みましょう。

いきなり交渉をし始める

家賃交渉するにはあるタイミングがあるので、またまだ何も話もしていない段階でいきなり家賃を値引きしてくれないかと言い出すのは、大家さんにも嫌われるのでおすすめできません。
実際に入居した後のことを考えてもまずは大家さんや営業マンに自分の印象を良くしてもらい、具体的な条件をすべて聞き終えて、部屋の中を下見した後のタイミングがベストと言えます。

新築物件で交渉する

新築物件の場合には、建物を建てるのにかかった経費や様々な条件を判断して家賃を決めているために、家賃交渉をして安くなる可能性はほとんど無いと言えます。
新築物件は新しい建物に入居できると言う事もあって、非常に入居希望者も多く条件も良いことから、家賃交渉はまずあきらめたほうがいいでしょう。

仲介手数料を交渉する

不動産屋の物件を探して良い条件の物件を見つけて契約したときに、仲介手数料という名目で料金を請求されますが、これは不動産屋にとっては貴重な収入源となります。
したがって仲介手数料を安くしてほしいと値切るという行為は、不動産屋の取引のモチベーションも低下させてしまうことにもつながり、せっかくうまくいっていた交渉が決裂してしまうことになっても困ります。
それだけに仲介手数料を交渉する事は避けておきましょう。

何でも値下げをしようとする

不動産屋にしても大家さんにしても、物件によって値引きがある程度可能なケースもあれば、まったく値引きは出来ないケースもあります。
そんなことも分からずに家賃だけで無く、敷金も礼金も仲介手数料もと、なんでもなんでも値下げしようと交渉したのでは、当然大家さんや不動産屋からも嫌われてしまいます。
値下げ交渉をするにも、しっかりとした節度を持った行動を取るようにしましょう。

いくら安くしてほしいか明確でない

値下げ交渉をするにあたって、あいまいに値下げ交渉したのではうまくいくはずの交渉も、うまく行かなくなる場合も出てきてしまいます。
「毎月の料金を2,000円ほど値引きしてくれるのであれば、他の見てきた物件はやめてこちらと契約したい」といったような話を出して交渉するのがより有効になります。

横柄な態度をとる

家賃交渉する時の注意点として、大家さんはこれから部屋を貸してもらう事になる、大変お世話になる人になる可能性がある人な訳ですよね。
そのような人に対して、闇雲に家賃の値引きを交渉したり賃貸物件に何かと因縁をつけるようなことは、大変失礼な行為です。
好感が持てる人なら値引き交渉に応じてもいいと思っている人でも、横柄な態度を取られては誰でもそんな気持ちにはなりにくいでかよね。
わざわざ自分が不利な立場になるような横柄な態度を取ることは止めるようにしましょう。

家賃交渉をするコツ

入居を希望してる賃貸物件の家賃交渉を考えている場合には、大家さんとの交渉のコツを知っておくとより有利に家賃交渉することが出来るので、そのコツについてご紹介します。

家賃交渉前に事前調査をする

家賃交渉をする上で、まず大事な事が入居を希望する物件の事前調査をすることが重要になります。
この事前調査がしっかりと出来ていれば、より有利に家賃交渉をすることもできるので、まずはしっかりとおさえておきましょう。

相場を調べる

希望する地域や入居するに当たっての物件の希望の間取りなどを基本として、同じような条件の物件の家賃がどのくらいになっているのかについて、よく情報を収集して調べておきましょう。
もし希望する物件が同じような物件の相場と比較しても割高なようであれば、それを引き合いに出して交渉することで、家賃が安くなる可能性があります。
最近はインターネットを使っても多くの物件のより詳しい情報収集が手軽に出来るようになっているので、そう言った事も参考にして、情報を収集するように努めましょう。

譲歩できる項目と出来ない項目決めておく

事前調査をするに当たって、家賃交渉の物件のマイナス要因となるポイントは、当然のことですが入居する自分にとってもマイナスの要因になってしまいます。
それだけに立地が悪いことは気にならないとか、日中ほとんど仕事でいないので日当たりが悪くてもかわないなど譲渡できる項目と、出来ない項目を明確に分類しておきましょう。
こうして譲渡できる条件が分かっていると、いざ物件を選んで交渉する時にもより有利に交渉を進めることが出来ます。

自社物件や管理物件を探す

自社物件というのは、不動産会社が自社で所有している賃貸物件のことで、自社物件の場合には不動産会社と直接値引き交渉が出来る上に、仲介手数料がかからないのでお得です。
また管理物件というのは、不動産会社が賃貸物件の建物の管理を請け負っている場合の物件のことで、この場合は業者が直接オーナーに対して交渉するために、家賃交渉の成功率が高くなります。

閑散期に交渉をする

引っ越し業界においての閑散期という時期は、4月の繁忙期が終わって落ち着いてきた時から8月くらいまでの時期になり、一番家賃の価格交渉をしてもお得になる時期と言えます。
それだけに場合によっては月額で5,000~10,000円もの家賃の値引きに成功することも期待できるので、出来るだけお得になる可能性が高い閑散期を狙って交渉するようにしましょう。

営業マンと親しくなる

不動産屋の営業マンといえども人間なので、出来るだけ横柄な態度を取ったり、乱暴な言動は注意して出来るだけ親しくなるようにしましょう。
そうすることによって格段に営業マンの対応も良くなり、味方に引き入れることによって、より自分に有利な条件で契約することが出来るようになります。

不動産屋のよい営業マンを見分けるポイントは?

不動産屋にも、入居者の事をよく考えてくれる優秀な営業マンはたくさんいます。
そういった優秀な営業マンが居る不動産屋であれば、よりこちらの立場に立った物件を提案してくれるので、良い営業マンの見分けるポイントをご紹介します。

約束をきちんと守って、マナーがしっかりとしている

社会人として当然のことではありますが、やはり人として信頼できるとなれば、まずは約束したことをしっかりと守って、マナーがしっかりとしていることが大前提となります。
まずこのポイントが出来ていない様な営業マンであれば、契約自体に不安が多くなってしまうためにおすすめできません。

こちらの話や希望をきちんと聞いてくれる

実際に希望している物件の条件や設備の状況、または立地の問題などさまざまな希望を伝えても、きちんと聞いてくれた上で、より条件の良い物件を提案してくれること。
またその上で、それらの条件を詳しく比較して優先順位をつけての決めるべきポイントをアドバイスや提案できる営業マンは、非常に優秀と言えるでしょう。

地元の不動産の事情や情報に詳しい

地元の不動産の詳しい事業や様々な特性などの情報を詳しく知っていると言う事は、それだけよく研修し勉強しているということがいえます。
そう言った営業マンであれば、よりよい物件について詳しく説明してもらえるので、良い物件を見つけられる可能性が高くなります。

家賃の交渉が難しければ礼金を交渉しよう

元々礼金というのは、貸してくれてありがとうというような意味合いのお金なので、大家さんからしたら敷金のように退去するときに返金する必要も無いお金です。
それだけに今後家賃収入が見込める入居者からの交渉であれば、全額は難しいとしても通常の家賃の1ヶ月~2ヶ月分の礼金を、半分程度になら交渉に応じてくれる可能性はあります。

敷金を交渉しても意味がない理由

敷金とは、元々が賃貸物件の預け金になるお金なので、本来であれば退去するときに戻ってくるべきお金になります。
そのために敷金の値引きを交渉しても、最終的には差し引き収支はゼロになる事から、交渉自体の意味が無い事になります。

仲介手数料を交渉してはいけない理由

借り手からするとも、家賃の他に敷金・礼金・仲介手数料と様々なお金が掛かって大変ではありますが、し家賃・敷金・礼金はすべて大家さんにいき、仲介手数料は唯一不動産会社の収入源となります。
一般的には家賃の1ヶ月分が仲介手数料の上限と定められているので、どうしても不動産屋としては仲介手数料だけは死守したいわけです。
それだけに仲介手数料の値引きを交渉するのは、不動産屋からしたら一番いやがられる行為になるので、まともに対応してくれなくなる場合もあるので注意しましょう。

フリーレントを交渉してみるのも手

最近賃貸マンションやアパートでよく見かける「フリーレント」物件についてご存知でしょうか?
少しでも家賃を安くしたいのであれば、フリーレントを交渉してみるのも1つの手です。

フリーレントって何?

フリーレントとは、入居してから1ヶ月から3ヶ月程度の期間、家賃を無料にするという契約形態のことを言います。
以前から事務所やテンペの賃貸物件の契約形態としてはよく見られていましたが、2000年頃から一般の賃貸マンションやアパートでもよく見られるようになってきました。
仮に家賃が月に10万円の物件とすると、2年間入居すれば2年間で総額240万円になりますが、3か月間家賃が無料なら、総額では210万円となるので、実質家賃の月額は87,500円ということになります。

フリーレントを交渉してみましょう!

他に検討している物件がフリーレント物件と言う事を引き合いに出してみて、1ヶ月でも2ヶ月でも無料にしてもらえるのであれば、事実上家賃を値引きしてもらったのと同じ事になります。
大家さんにしてみれば、家賃は下げたくないけど空きのままにしておくのもイヤな訳なので、家賃の値引きはダメでもフリーレントならOKというケースもあるので、交渉してみましょう。

他には設備などのリフォームを交渉してみる

家賃の交渉するだけではなく、出来るだけ入所してから快適に生活できるように、住居の中の設備をリフォームしてもらうように交渉してみましょう。
クリーニングしてあるので見た目はきれいに見えても、給湯器やエアコン、照明器具などの設備は見た目以上に年数が経過していることも少なくありません。
本体のメーカーと型式が分かれば、インターネットで検索すればおおよその使用年数を確認する事が出来ます。
調べてみたらすでに15年以上経過していたと言ったケースもあり、入居している途中で交換する事になっても大変なので、契約の段階で新しい設備と交換してもらえるように交渉してみましょう。

家賃交渉する切り出し方やタイミングは?

家賃交渉するには、切り出し方やタイミングが非常に大事になるので、実際に大家さんと家賃交渉する時になってスムーズに交渉できるように、気をつけるべきポイントをまとめました。

家賃交渉をするなら申し込み前にしよう

家賃交渉するタイミングはいつが一番良いのかご存知でしょうか?
いろんな物件を見て歩いてみた中で良さそうな物件を見つけて、契約しても良いかなって考えているようなタイミングがまさにベストと言えます。
実際に契約した後になってからや、入居審査後になってからの交渉になると大家さんや不動産屋にも迷惑が掛かってしまうので、タイミングはしっかとり守って交渉しましょう。

家賃交渉が可能か探りを入れる

家賃交渉を切り出す前に、提示されている家賃が自分が考えている予算を少しオーバーしているというような感じで、かるく探りを入れてみましょう。
その反応次第では、おおよそ価格交渉が可能かどうか雰囲気で分かるので、いけそうな反応であれば、それをきっかけとして交渉に入ると、不自然にならずに家賃交渉が出来ます。

物件は気に入っているが予算がオーバーしていることを伝える

家賃交渉する上で、大家さんに対して物件自体はとても気に入っていると言う事を伝えることが大事になり、気に入っていると言う事は契約を前提として話をしていると言う事が大家さんは分かります。
それだけに物件は気に入っているものの、当初考えていた予算よりちょっとだけオーバーしているというような交渉をしてみると、それほど無理の無い形での家賃交渉が出来くるはすです。

値下げをしてくれたら申し込むことを伝えることも大切

大家さんとしては家賃交渉をされても、結局即決しないで他の物件をよく見てから決めるような交渉の仕方は一番嫌われます。
値引きしてくれるのであれば、確実に申し込むという意思表示をすることで、大家さんとしても値引き交渉に応じやすくなるはずです。

具体的に家賃をいくら下げてほしいか伝える

ただあいまいにもう少しやすくなりませんかといったような家賃交渉は、大家さんとしては一体いくら引けば契約してくれるのかが分からないために、どうしても家賃交渉には応じにくくなってしまいます。
家賃交渉にスムーズに応じてもらうためにも、事前に月額1,000円とか2,000円とかはっきりした金額を提示して交渉する方が、交渉は成立しやすくなるはずです。

抽象的な「安くなりませんか?」はダメ

安くなりませんかと言ったような抽象的な交渉は、賃貸物件の家賃交渉をする上だけでなく、すてべの品物の価格交渉をする上でも、あまり上手な価格交渉の仕方とは言えません。
より具体的な金額をこちらから提示するとこで、交渉された側にしてみればいくらの金額の条件をのめば良いのかが明確に分かるので、交渉を受け入れやすくなります。
より家賃の交渉を成功させるためにも、抽象的な表現は避けてより具体的な表現で交渉するようにしましょう。

値下げは数千円下げればよしと思う

現実的に値下げ金額がどのくらいか考えたときに、月々10万円の家賃が交渉によって7万円になるということは、まずあり得ません。
1万円を超えるような値下げというのもごく稀にはありますが、ほとんどの場合での値下げ可能額は1,000~3,000円程度なのです。
ですのでわずか数千円と考えるのではなく、そのくらいの金額が安くなったのなら、むしろ大成功と考えるのが正しい判断です。

家賃が難しければ、礼金やフリーレントを付けることはできないか伝える

家賃交渉をしても値下げが難しいのであれば、礼金の家賃2ヶ月分を半分の1ヶ月分にしてもらう交渉の仕方があります。
家賃の値引きに難色を示していた大家さんでも、礼金の値引きであれば受けてくれる可能性があるので交渉してみると良いでしょう。
また、2年契約の内のはじめの1ヶ月から3ヶ月までの間の家賃を無料にしてもらうフリーレントを付けてもようといった交渉の方法もあります。
他の物件を引き合いに出してみて、1ヶ月の家賃だけはお試し期間として無料にサービスしてもらえないか交渉してみましょう。

家賃交渉の成功率はどのくらい?

家賃交渉の成功率と言っても、交渉する時期や物件によっても様々ですが、実際に複数の物件について家賃の値下げ交渉をしてみるとわかります。
多くの物件の場合、探してみた5割程度の家賃については交渉可能ですが、そのまた半分は値引き交渉不可ということになります。
しかし築年数や諸条件によってまったく変わってしまうことから、様々な多くの物件を見た結果の条件を満たしたおよそ半分程度が、値引き交渉可能と判断できると考えておきましょう。

実際にいくらくらい下がるものなの?

通常家賃の値引き交渉が出来る金額の多くは、月額10万円以下の家賃の場合で、月額1,000~3,000円程度となります。
物件の条件や時期などのタイミングが良ければ、月額5,000~10,000円ほども安く出来る場合もある様ですが、5,000円以上の値引き交渉が成立するケースは希です。
現実的な交渉金額としては、月額1,000~3,000円程度と判断して良いでしょう。

家賃交渉に失敗したら引っ越しの費用を見直そう

ここまで様々な賃貸物件の家賃のコツとタイミングについてご紹介してきましたが、結局家賃交渉はうまくいかなかった場合には、少しでも経費を節約するために引っ越しの費用の見直しをしてみましょう。

一括見積もりで安く引っ越しをしよう

引っ越し費用を安く抑える方法としておすすめなのが、多くの引っ越し業者から同じ条件で引っ越しした場合の見積もりを取って、その中から少しでも安い料金の業者を選ぶことで、費用を安く抑えられます。
しかし現実として自力でいくつもの引っ越し業者に連絡して、見積もりを取る作業はかなりの労力が必要になり、ただでさえ引っ越しをひかえて忙しい最中では大変です。
そんな時に便利なのが「引っ越し業者の一括見積もりサービス」を利用する方法で、希望する引っ越し日や時間、荷物の量などを連絡すると概算で見積もり金額を提示してくれます。
さらにより正確な金額を知りたいときには、連絡のあった業者の中からいくつか選んで、実際に現場を見てもらって正確な見積もりを出してもらうことが出来ます。
見積もりがでたら、その中から料金が安く条件やサービスのより良い業者を選んで引っ越しすれば、経費も節約できて、安心した引っ越しが行う事が出来るのでおすすめです。
テレビCMでもおなじみの引っ越しの一括見積もりの業者はこちらになります。
引っ越し業者の一括見積もりを試しに見てみる

さいごに

「家賃交渉のコツとタイミングとは?家賃を安くする方法大公開」についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?
賃貸物件の値下げ交渉などそもそもやるだけ無駄と考えている人も多く居るようですが、実はコツとタイミングを知っておくと、家賃の値下げに成功して経費節約することが出来るんです。
皆さんもそんな家賃交渉のコツとタイミングをしっかりと覚えておいて、少しでも家賃を安くして経費節減をしてみましょう。

引っ越しの一括見積りでお得に引越しをする

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。約1分間であなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

しかも今なら期間限定で最大10万円のキャッシュバックもありお得です。

一括見積りを試すならCMでもおなじみの引っ越し侍がおすすめです。

>>>自分に合った格安の引越し業者を試しに見てみる(無料)<<<




よく読まれている記事一覧

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

引越し 2

  「4月に引っ越し予定だけど引っ越し費用の相場はどのくらいなの?」 「4月の引っ越しならどの時期にしたら安くなるの?」 その様なことを思っていませんか? 毎年春は引っ越しの最繁忙期となりま ...

引越し 3

「ゴールデンウィーク中の費用はどのくらい高くなるの?」 「ゴールデンウィーク前と明けではどちらが費用が安い?」 「ゴールデンウィーク近辺だとどの日が一番引越し費用が安くなる?」 「ゴールデンウィーク近 ...

no image 4

  「5月に引っ越しをするんだけど、この時期の費用の相場ってどのくらいなの?」 「安く引っ越しをしたいけど何かおすすめの方法はある?」 あなたは、その様に思っていませんか? 天候も暖かく、ま ...

-賃貸物件の費用
-, , ,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.