家電

タンスの中身をそのままで引っ越ししてくれる業者はある?

更新日:

引っ越し

「引っ越しでタンスを運んでもらうけど、中身をそのままで引っ越ししてくれるの?」

「タンスの中身をそのままにしておく場合には梱包はどうしたらいいの?」

なんてあなたは思っていませんか?

洋服をたくさん持っている方や、家族での引っ越しとなると、洋服ダンスに多くの洋服が詰まっているケースがあるかと思います。
こうした洋服をいちいち出して段ボールに梱包していくと、かなりの量の段ボールが必要となります。
さらに段ボールに移したことで、新居に着いたとき改めてタンスに洋服を詰める必要があり、それなりに重労働になることも。
そこで今回はタンスとその中身について調べてみました。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




最近はそのままでも運んでくれる傾向に

少し前までは、引っ越しの時には洋服を段ボールに詰めるのは常識でした。
そうすることでただでさえ重い洋服ダンスの重量を軽くし、運びやすくする目的もありました。
しかし、引っ越し業者の競争が激しくなった近年では、利用者の手間を軽減することで顧客獲得を狙う業者が増え、多くの業者がタンスの中身は入っているままでもOKとしています
ただしなんでもかんでも運んでくれるということではありませんし、基本的には中身を段ボールに詰めたほうがいいのは間違いないところ。
タンスに入れたままでいいものや出しておいた方が良いものについて考えてみましょう。

ハンガー類は専用ボックスへ

引越し

同じ洋服ダンスでも、クローゼット付きのタンスもあるかと思いますが、ハンガーにかかっている洋服は基本的に専用ボックスに入れて運びましょう。
ハンガーにかかっている服をそのままにして運ぶと、運搬中に洋服が落下する可能性が高く、到着後中がぐちゃぐちゃになっている可能性が高くなります。
また、洋服ダンスではあまりありませんが、硬い物が入っている場合は出しておいた方がいいでしょう。
洋服ダンスの一番上の引き出しが小物入れになっており、サングラスや腕時計が入っているケースなどが該当します。
こういった硬い物は、運送中の振動が原因で内側から洋服ダンスを傷つける可能性が高くなります。
また、洋服ダンスに洋服をいれておいていいと言われたからと言って、ぎゅうぎゅうに詰め込み過ぎるのも、場合によってはNG。
これは洋服により重量が重くなりすぎ、洋服ダンスが破損する可能性がある場合や、運搬の時に運びにくい場合などです。
反対に中の洋服が少ないのも問題が。
隙間が多いということはそれだけ運送中に洋服が中で動くことになり、洋服にしわがついたりする原因になります。
荷物の搬出・搬入には直接関係ありませんが、女性の方は下着は段ボールに移した方がいいでしょう。
タンスの運搬自体は丁寧に行ってもらえますが、どんなハプニングがあるか分かりません。
何かの拍子に中身が飛び出してしまう可能性がゼロとは言えませんのでご注意ください。
洋服ダンスの中身は、隙間ができない程度に適度に詰めておくのがコツといえるでしょう。

洋服ダンスの梱包方法

洋服ダンスの梱包に関しては、基本的に引っ越し業者の作業員に任せるのがいいでしょう。
その際必ず中に洋服が入っていることは伝えておくことを忘れずに。
中に洋服が入っているか、入っていないかで梱包方法が変わることはありませんが、運ぶ時の作業員が驚かないように伝えておくことが重要です。
それでも一応梱包をするのであれば、やはり引き出しが開かないようにするのが肝心。
引き出しをテープで止めるのが手っ取り早いのですが、ガムテープで止めてしまうとタンスに跡がついてしまう可能性があります。
引き出しを止めておくのであれば、養生テープを使うと跡がつきにくくなります。
当然粘着力はガムテープより劣り、ちぎれやすいので補助程度に考えておきましょう。

衣装ケースの中身は?

引っ越し

単身者や2人家族など、プラスチック製の衣装ケースを洋服ダンス代わりに使っているケースもあるでしょう。
また、シーズン外の洋服を衣装ケースにしまっている場合も。
こういった衣装ケースもタンス同様中身を入れたままでも運んでくれることがほとんどです。
また、これもタンス同様で、壊れ物や硬い物をいれておくのはNG。
衣装ケース自体はさほど高価なものではないので、破損しても痛くないと思われるかもしれませんが、破損により運ぶのが難しくなったり、最悪作業員の方がけがをしてしまうことも。
洋服のような布製の柔らかいものだけを入れておくようにしましょう。

洋服ダンスと洋服の引っ越し

洋服ダンスの中に洋服を入れたまま運んでもらえるかどうかは、業者次第であり、そのタンスの状態次第といえます。
タンス自体がかなり古く、中身を入れたまま運ぶと破損する可能性があれば、どこの業者も中身は抜いてくださいと言ってくるはず。
このあたりは訪問見積もりの時に営業マンに確認をしてもらうのがいいでしょう。
訪問見積もりが難しいという方は、基本的にはタンスの中身は空にするのがベスト。
運搬中にタンスが破損すると、作業員の方にも迷惑をかける上に、荷物の運搬も難しくなるので、まずは破損しないように考えましょう。

参照:タンスだけ引っ越し業者にお願いできるの?料金の相場は?

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




よく読まれている記事一覧

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

no image 2

  「11月に引越ししようと思うんだけど時期的に費用は高いの?安いの?」 「11月の引越しで費用を安くするコツはある?」 なんてあなたは思っていませんか? 10月は3月ほどではないですが、引 ...

no image 3

  「12月に引っ越し予定だけど費用の相場はどうなの?」 「年末だし引っ越しの費用は高いんだよね?安いタイミングはある?」 なんて疑問はありませんか? 年度末、クリスマスやお正月に向けて何か ...

-家電
-, ,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.