家電

洗濯機を移動させる場合の注意点とは?

更新日:

洗濯機

「洗濯機を移動させようと思うんだけど注意点って何かある?」

何て疑問はありませんか?

引っ越しに限らず、大掃除やリフォーム、模様替えなどで自宅にある家具や家電製品を移動させることはあるかと思います。
そんな時、扱う荷物によっては注意が必要なものも。
今回はそんな荷物の代表として、洗濯機を動かすときの注意点を解説します。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。約1分間であなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

しかも今なら期間限定で最大10万円のキャッシュバックもありお得です。

一括見積りを試すならCMでもおなじみの引っ越し侍がおすすめです。

>>>自分に合った格安の引越し業者を試しに見てみる(無料)<<<




洗濯機の移動は慎重に

これは洗濯機に限らず、冷蔵庫などにも共通するポイントですが、こうした大型の家電製品は、移動させることを前提に設計されていません。
冷蔵庫や洗濯機、エアコンなどといった家電製品は、一度設置したらほぼ動かすことはありません。
最初に設置した場所に置き続けて使う設定で設計されていますので、動かす場合は慎重に準備する必要があります。
ここで手を抜いてしまうと、移動後使用できなくなるような故障の原因にもなりかねません。

まずは新設置場所のサイズを確認する

チェックポイント何はともあれ新たな設置場所となるスペースのサイズを測ります。
設置場所が室内の場合、防水パンが設置してあるはず。
この防水パンの内寸を測り、お持ちの洗濯機が防水パン内に収まるかどうかを確認してください。
また室内からベランダなどの防水パンのない場所に移す場合は、新規の設置場所に洗濯機を置いて排水ホースを配置するだけのスペースがあることを確認しましょう。
続いて大事なのが、洗濯機を移動させる際のルートのサイズを測ること。
廊下や扉、階段の幅などを測り、少なくとも洗濯機本体の幅より10cmの余裕があることを確認しましょう。
実際素人が洗濯機を運ぶとなると、これでも幅は足りないくらいです。
安全に移動させて、確実に設置できることを確認してから移動させる作業に移りましょう。

移動前に洗濯機の水を抜く

洗濯機を移動させる前に、まずは洗濯機内に残った水を抜く作業を行います。
この作業を手順通りに行うことで、残った水を抜きながら正しい手順で洗濯機の接続を外すことができます。

給水ホースを外す

洗濯機を取り外す場合、最初に行うのは給水ホースの取り外しです。
その取り外しの前に、給水ホース内に残っている水を抜く必要があります。
確実に抜くための手順は以下の通り。

・洗濯機が空であることを確認して洗濯機の電源を入れる
・給水ホースが繋がっている蛇口を締める
・「水量」ボタンを押してスタートボタンを押す
・運転開始後数十秒で運転停止
・給水ホースを外す

まずは、給水ホースに残った水を洗濯機内に移して、給水ホース内部を空にします。
空にしてから給水ホースを蛇口から取り外しましょう。
それでもまだ給水ホースに水が残っている可能性がありますので、取り外すときは雑巾や洗面器などを準備しておくといいでしょう。

排水ホースを外す

続いて排水ホースを外します。
その前に洗濯機内部に残った水を、排水ホースに移す作業をします。
この時給水ホースはすでに蛇口から外されている前提になります。
手順は以下の通り。

・洗濯機のフタを閉めて脱水ボタンを押す
・1分ほど脱水運転をして運転を止める
・洗濯槽内部を雑巾などでキレイに拭く
・排水ホース内の水分を出し切ったら排水ホースの接続を外す

電源とアースを抜く

給排水ホースの接続を取り外したら、あとは電源コードとアースを抜くだけ。
これで洗濯機移動のための準備は完了になります。
外したコード・ホース類は、養生テープなどを使って本体に貼り付けておくといいでしょう。

洗濯機運搬のコツ

引越し準備が完了したら洗濯機を運ぶわけですが、運ぶときにも注意点やコツがあります。
まず運搬に関する注意点としては、洗濯機は傾けたり揺らしたりしてはいけないということが挙げられます。
多くの洗濯機において、洗濯槽は内部に吊るされているだけの構造になっています。
つまり搬送中に傾けてしまったり、振動を多く与えてしまうと内部でそのフックが外れてしまい、上手に作動しなくなる可能性があります。
運送はできるだけ垂直を保ちつつ、振動を与えないように注意して運びましょう。
振動対策としては、洗濯機の下の部分から、洗濯槽と外装の間にバスタオルなどを詰めて洗濯槽を固定する方法があります。
可能であれば洗濯槽を固定してから運ぶようにしましょう。

引越し時の洗濯機の水抜きのやり方を解説。できない人は必見です

洗濯機の設置

洗濯機の移動が完了したら設置に移ります。
設置の手順を、順を追ってみていきましょう。
まず最初に接続するのが排水ホースです。
排水ホースの接続部には「エルボ」というL字型のプラスチック製パーツがあるはずです。
まずはこのパーツを取り出し、排水ホースの先端に取り付けます。
しっかりと取り付けたらエルボを排水管に取り付けて排水ホースの接続は完了です。
排水ホースを接続したら、ホースが無理な形になっていないか、ねじれていないかなどを確認してください。
洗濯機の位置が決まって、排水ホースが接続できたら給水ホースの接続です。
給水ホースを取り付けるには蛇口の方に固定する発を取り付ける必要があります。
このパーツは形状ごとに取り付け方がありますので、外れないようにしっかり固定し、給水ホースをつなげましょう。
最後に電源とアースをつなげば設置完了です。

引越し時の洗濯機の設置。取り付けや取り外しを自分でする方法

意外と面倒な洗濯機の設置

洗濯機の設置をシンプルに書くと、洗濯機の重ささえ克服できれば、素人でも難しくないように見えますが、実はこの作業なかなか面倒なものです。
排水ホースの取り付けや、排水口と洗濯機の位置関係から排水ホースをどのように出すか、そして洗濯機自体を水平に設置しないといけないことなどもありますので、慣れていない人には大変な作業となるかもしれません。

洗濯機の設置は誰に頼める?

引っ越し洗濯機の設置となると、真っ先に思い浮かぶのは電気屋さんかと思います。
しかし電気店に関しては、その店購入した洗濯機に関しては設置をしてくれますが、後の移動となると対応していない店がほとんどです。
次に便利屋に依頼する方法があります。
便利屋困った事なら何でも対応してくれる業者ですから、当然洗濯機の設置も依頼できますし、移動もお願いできます。
費用相場は10,000円程度。
便利屋は基本的に人件費が中心になります。
一人当たり1時間3,000円程度。
洗濯機の移動と設置なら2人で1時間あればできるでしょうから、基本料金6,000円。
これに設置料金や養生代などを加味して10,000円といった計算になります。
最後に引っ越し業者に依頼する方法もあります。
引っ越し業者の中で、家具の移動サービスに対応している業者に依頼すれば、費用相場10,000~15,000円程度で移動から設置までお願いできるはずです。
洗濯機のような大型の家電製品扱いに慣れている方以外は、基本的に移動や設置のプロに依頼するのがベターでしょう。
依頼するのであれば、やはり家電製品の移動などに慣れている引っ越し業者がいいでしょう。
安心して任せられる業者を見つけて依頼しましょう。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

洗濯機を移動したいんだけどどこの業者が安いの?

引越しで「洗濯機だけ」「冷蔵庫のみ」の料金はどのくらいかかる?

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。約1分間であなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

しかも今なら期間限定で最大10万円のキャッシュバックもありお得です。

一括見積りを試すならCMでもおなじみの引っ越し侍がおすすめです。

>>>自分に合った格安の引越し業者を試しに見てみる(無料)<<<




よく読まれている記事一覧

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

7月の引っ越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい? 2

「7月に引っ越す予定だけど、この時期は引っ越し費用は高いの?安いの?」 「7月に引っ越しするけど、どの時期に引っ越すと安いの?」 そういう疑問はありませんか? 7月の引っ越しで影響が出てくるのは梅雨と ...

6月の引越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい? 3

「6月に引越し予定だけど、費用ってどのくらいなの?」 「結婚をしたのでこれから新居に引っ越すんだけど、6月の費用の相場はどうなの?」 あなたはその様なことを思っていませんか? 春の引越し繁忙期も終わり ...

-家電
-, ,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.