家電

引越しでエアコンを移設するにはどうするの?費用はどのくらい?

更新日:

 

「引越しの際にエアコンを移設するにはどうしたらいいの?」

「エアコンの取り付けや取り外しって費用はどのくらいかかるの?」

あなたはそういう疑問がありませんか?

引越しの時にネックになるのがエアコンの取り外しや取り付けになります。
元から付いていたものはそのまま置いて引っ越すこともできますが、自分で取り付けたものは基本的には引越しの時に取り外さなければいけません。
でも、自分でするのも大変ですよね。
ということで今回は引っ越しの時のエアコンの移設についてまとめてみました。
また安いエアコン業者の見つけ方も解説したいと思います。
それではどうぞ。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




エアコン移設の一般的な費用

多くの引越し業者において、エアコンの移設はオプション扱いとなっています。
その費用は業者や引越しの時期において多少異なりますが、一般的に基本料金は20,000円前後が多いようです。
これは、総額200,000円かかるようなファミリータイプの引越しでも、30,000円で済む単身者の近距離引越しでも変わりません。
その理由を考えてみましょう。

エアコンの取り外しや設置は専門業者の作業に

一般的にエアコンの設置や取り外しは素人には不可能な作業となります。
理由はフロンガスの存在。
エアコンの内部にはフロンガスが充填されており、この処理を間違えると大きな事故に繋がりかねないということもあり、専門の業者に依頼するのが通例となっています。
つまり、依頼を受けた引越し業者も、提携している外部の専門業者に依頼するのが普通で、その分費用が高くなるということになります。

エアコンの移設費用の内訳

エアコンの移設作業には、旧居からの取り外しと、新居への設置の2つの作業費用が含まれています。
多くの家電量販店などでエアコンを購入すると、基本設置費用は概ね10,000~15,000円程度かと思います。
これは取り外しの作業がなく、設置のみの料金であるため、やや引越し時の移設費用より安くなっています。
つまり、エアコンの取り外しで10,000円、設置で10,000円と考えていただければ、理解しやすいかもしれません。

エアコン移設の手順

エアコンの移設には取り外しと設置があると説明しましたが、もう少し細かく見てみましょう。
まず取り外しの際に「フロンガスの処理」が必要となります。
エアコンを取り外してトラックなどで運ぶことになりますので、機内にガスが残っていると危険です。
そこで、取り外したエアコンの内部からガスを除去します。
取り外しの際の問題は正直このガス程度。
問題は設置の時です。
新居に運んで設置したい部屋の設置できるポジションに室内機を設置します。
この時必ず水平になるように注意して設置します。
さらにこの室内機と室外機をホースで繋ぎます。
この時問題がいくつか起こりますがそのことは後述させていただきます。
室内機と室外機を繋いだら、機内にフロンガスを注入することになりますが、ここにも問題が。
フロンガスを充填したら電源を入れて設置完了です。
では、諸々も問題について解説していきましょう。

エアコンの移設は「基本料金」だけでは済まない?

エアコン移設の基本料金はおよそ20,000円前後と書きましたが、実はこの基本料金だけで移設が完了することはまずありません。
では、その理由を挙げていきましょう。

室内機と室外機を繋ぐ時の問題

室内機と室外機を繋ぐ場合に問題となるのは、エアコンホース用の壁穴です。
もともと設置する部屋にこの穴があれば問題はありませんが、ない場合は穴を新規に開ける必要があります。
もちろん賃貸物件の場合は、引越しの契約前に大家さんに穴を開けてもいいか了承をもらう必要があります。
さらに、穴を開ける料金が、エアコン移設の基本料金に含まれていない場合、これは追加料金となり、およそ3,000~10,000円程度(壁の材質による)かかります。
壁穴の問題が解決してもまだ問題があります。
それがホースの問題。
旧居で長く使っていたエアコンですと、ホースもそれだけ劣化していることになります。
エアコン設置の業者としては、劣化したホースは使いたくありません。
新居で使用し始めて、すぐにホースが損傷して故障したり、最悪事故が起きたら大問題です。
ですから、移設した場合は高確率でホースを新調することになります。
このホースの料金に関しては、恐らく基本料金に含まれていますが、長さに限りがある場合がほとんど。
長さの限度は2~3mで、場合によってはホースの延長が必要になるケースも。
ホースの延長は大体1m5,000円程度が相場のようです。

フロンガスの充填も有料のケースが

前述のようにエアコンを設置したら機内にフロンガスを充填する必要があります。
このフロンガスの充填も有料になるケースが多いようです。
相場は1台10,000円程度。
オプションとはいえ、やってもらわないと使えないわけですから仕方ありませんが、費用としては痛い出費になります。

コンセントの形状にも注意

エアコンのコンセントの差込口は数種類存在し、普通の家電製品とは違う差込口の形状をしていることが多くあります。
設置場所にあるコンセントの差込口と形状が合わない場合、ここも変更する必要があります。
これを設置業者に依頼すると、およそ3,000円前後費用が掛かりますが、この部分に関しては自力での作業も難しくありません。
ホームセンターなどで、差込口のパーツを1,000円程度で購入し、自力で交換してしまえばOK。
難しい技術は必要ありませんので、少しでも経費削減をという方はチャレンジしてみてください。

エアコンの移設には費用がかかる

ここまで見ていただいた通り、エアコンの移設のはかなり費用が掛かります。
仮に基本料金が20,000円だったとしても、コンセント変更で3,000円、ホース新調+2m延長で10,000円、フロンガス充填で10,000円となると、合計で43,000円。
さらに問題となるのが、訪問見積もりの段階で詳細な見積もりが出ないことがあります。
訪問見積もりで訪れるのは、引越し業者の営業担当者であり、実際にエアコンの移設作業をする業者ではありません。
必然的に細かい見積もりは難しくなります。
また、新居の設置場所の関しても、移設業者が見るのは恐らく引越し当日ということになります。
つまり追加料金がかかるかどうかは、引越し当日までわからないということに。
20,000円のつもりで移設を依頼すると、作業が終わってからとんでもない金額を請求される可能性があります。
そんなトラブルを避けるためにも、見積もり時に「エアコン移設の基本料金にどこまで作業が含まれているのか」を確認しておきましょう
さらに、追加料金となる作業がどのくらいあり、おおよその合計金額を算出して置くことが重要です。
その大まかな見積もりの金額を見て、エアコンを移設するのか、捨てて買い替えるのかを決定するのが最善の道です。
皆さんも一度おおよその移設料金を算出してからエアコンの処遇を決めるようにしてください。

エアコンの移設の費用を抑えるには?

エアコンの移設の費用を抑えるには、安い業者を見つけるのが一番です。
でも、どうやって安い業者を見つけるのがいいのかわからないですよね。
その様な場合には、複数の業者に見積もりを取りましょう。
同じようなエアコンの台数や状況でも業者によって費用はまちまちです。
複数の業者から相見積もりを取ることで費用の相場も知ることができます。

とはいえ、何社も見積もりを取るのは手間がかかります。
ただでさえ引越しは手間がかかるのでエアコンの移設くらいで時間を取るのももったいないですよね。
その様な時には「エアコン取り付け・取り外し業者の一括見積もり」を利用しましょう。

エアコン取り付け・取り外し業者の一括見積もりを詳しく見てみる

上記の一括見積もりサイトでしたら、一回の入力で最大五社から最安値のエアコン業者を紹介してもらうことが可能です。
見積もりを取る手間が省けるのはいいですね。
他にもキャンペーンなども随時行っているので是非チェックしてみてください。
利用料は無料で、必ずしもエアコン業者に依頼しなければいけないわけではありませんので費用の相場を知るために利用してもいいでしょう。
是非、安い業者を見つけてくださいね。

関連記事はこちらになります。合わせてご覧ください。

引越し時のエアコンの取り付けや取り外しの費用の相場は?

引越しでエアコンを処分するにはどうしたらいいの?

単身パックではエアコンの取り外しや移設はしてくれるの?

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




よく読まれている記事一覧

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

7月の引っ越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい? 2

「7月に引っ越す予定だけど、この時期は引っ越し費用は高いの?安いの?」 「7月に引っ越しするけど、どの時期に引っ越すと安いの?」 そういう疑問はありませんか? 7月の引っ越しで影響が出てくるのは梅雨と ...

6月の引越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい? 3

「6月に引越し予定だけど、費用ってどのくらいなの?」 「結婚をしたのでこれから新居に引っ越すんだけど、6月の費用の相場はどうなの?」 あなたはその様なことを思っていませんか? 春の引越し繁忙期も終わり ...

-家電
-, , ,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.