引越しの費用

近距離の引越しの費用の相場は?安い業者やプランを見つけるには?

更新日:

引越し

「近距離の引越しの費用の相場はいくらくらいなの?」

「引越しで近距離っていうと何キロ以内をいうの?」

「近距離で荷物が少量ならレンタカーで自力で運んだ方が安くなる?」

「近距離の引越しを安くする方法はなにかある?」

近距離に引越しすることが決まったあなたも、こんなことでお悩みではありませんか?
近距離の引越しとなると、遠距離の引越しとは違いなんとなく自分でも荷物が運べるんじゃないかと考えてしまうところなので、出来るだけ引越し費用は抑えたいところですよね。
そこで今回は、近距離の引越し費用を出来るだけ節約できるように、「近距離の引越しの費用の相場は?安い業者やプランを見つけるには?」をご紹介しますので、是非参考にしてみて下さい。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。約1分間であなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

しかも今なら期間限定で最大10万円のキャッシュバックもありお得です。

一括見積りを試すならCMでもおなじみの引っ越し侍がおすすめです。

>>>自分に合った格安の引越し業者を試しに見てみる(無料)<<<




引越しで近距離っていうと何キロ以内をいうの?

引越し

本来引越しというと、移動するだけでも半日ほどかかって、荷物を搬出して引っ越し先に搬入する作業をすると合わせて丸1日かかることになるので、料金もそれなりに掛かってしまいます。
そうなると近距離というのは何キロ以内をいうのかと言う事になりますが、引越し業者によっても対応が違っていて、明確な線引きは無いようです。
引越し業者によって近距離プランとして準備している内容が5km以内の場合もあれば、50km以内という場合もあるので、引越し業者によって近距離の解釈はずいぶんと違うようです。

1㎞の引越しと20㎞の引越しだと料金は違うの?

1㎞の引越しと20㎞の引越しだと料金は違うの?といった疑問もありますが、引越し業者によって料金の設定を細かくしているかどうかによっても違いが出てきます。
多くの引越し業者では20㎞までの料金は同じ料金にしているところが多いために、そういった所の場合には1㎞の引越しと20㎞の引越しは、同じ料金になってしまいます。
しかし中には5㎞以内までとか20㎞以内までの設定があれば、近い距離の設定がある業者ほど料金は安くなる事になります。

近距離の引越しの費用の相場は?

引っ越し

近距離の引越しの費用は、たしかに移動距離が短いために費用は安く済みますが、でも具体的にどのくらいの費用が掛かるのか相場が知りたいですよね。
そこで単身・2人暮らし・3人家族以上の場合での引越しの費用の相場について、調べてみましたのでこちらでご紹介しましょう。

 繁忙期閑散期
単身55,000円30,000円
2人暮らし75,000円40,000円
3人暮らし以上120,000円60,000円

単身での引越し

単身での引越しの場合の費用は、荷物の量も標準的な量で近距離での引越しの場合には、繁忙期だと55,000円ほどで、それ以外の時期だと30,000円ほどの費用となります。

2人暮らしの引越し

2人暮らしの引越し場合の費用は、荷物の量も標準的な量で近距離での引越しの場合には、繁忙期だと75,000円ほどで、それ以外の時期だと40,000円ほどの費用となります。

3人家族以上の引越し

3人暮らしの引越し場合の費用は、荷物の量も標準的な量で近距離での引越しの場合には、繁忙期だと120,000円ほどで、それ以外の時期だと60,000円ほどの費用となります。

相見積もりで相場は飛躍的に下がる!

ご紹介した相場の費用は、見積もりを1社のみに依頼して提示される一般的な費用ですが、これは1社にとどまらずに複数の業者に依頼して相見積もりを取ることで、かなり費用を節約する事が出来ます。
業者通しを条件で競う合わせることによって、相場金額よりも安い見積もりを引き出すことが出来るので、見積もりを取るときには1社だけで無く複数の業者から取りましょう。

近距離の引越しにおすすめの業者やプランはある?

家族

それでは近距離の引越しでおすすめの業者やプランをご紹介します。

クロネコヤマト「おまかせフリー割サービス」

クロネコヤマトが提供する「おまかせフリー割サービス」は、家財量が15立方メートル以内で、輸送距離50km以内の引越しのみとなっているプランです。
希望する5日間で細かな日程をヤマトの都合に合わせると、最大で約半額になるサービスがあるので、50km以内という距離と日程をお任せするというポイントをうまく利用すると、かなりお得になるプランです。

アリさんマークの引越社「ミニ引越しプラン」

アリさんマークの引越社が提供する「ミニ引越しプラン」は、同一区内・同一市内の5km以内が条件となっているプランです。
荷物の目安は、たたみ3畳ぐらいの広さに入る程度の量になっていて、ダンボール20個まで、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、自転車などの運搬も可能で、日にち、時間帯の指定は不可となっています。

ダック引越センター「家具だけプラン」

ダック引越センターの「家具だけプラン」は、新居が町内・同じ建物・敷地内など、少しずつ荷物を搬出することが可能な人向けのプランです。
洋服ダンス・食器棚などの大型家具や、冷蔵庫などの大型家電等、大きな荷物のみ運んでくれる格安プランなので、上手に活用するとお得に引越が出来ます。

佐川引越しサービス「少量プランチャーター」

佐川引越しサービスの「少量プランチャーター」は、搬入・搬出も自分でやって、トラックだけ必要という人におすすめしたいプランです。
引越し当日、事前に指定した時間にトラックのみを用意してくれるシステムとなっています。

赤帽

他の引っ越し業者はすべて自社での対応を行っているのに対して、赤帽は小型トラックで運送業務を行っている個人事業主の集まりで運営されています。
通常の引っ越し業者はドライバーと作業員が2名いるのが普通ですが、赤帽の場合にはドライバーを兼ねた作業員が1名だけで対応しているために、人件費が安く低予算で引っ越しできます。
移動距離が短くて荷物が少量な引っ越しほど赤帽は強みを増して、他社が3~5万円ほどかかるところが赤帽だと1万円強で利用できます。
ただしトラックの大きさには限りが有るので、荷物の量が多くなったり大物の移動も必要になると、逆に他社よりも高くなる場合もあるので注意が必要です。

参照:一人暮らしの引越しなら赤帽がおすすめ?費用を業者と比較しました

大型家具や冷蔵庫のみの引越しって可能なの?

引っ越し

単身や2人暮らしの場合など、ある程度の荷物しか無いので近距離なら自力で荷物の運搬をする人も多いことと思いますが、冷蔵庫や洗濯機・ベッドやソファ・食器棚・洋服タンスといったような、大型の物は簡単にはいきません。
でもそんな時に大型の家具や冷蔵庫のみの引っ越しが出来たら便利ですが、実際にそんなことは可能なのでしょうか?
調べてみると、クロネコヤマトは「らくらく家財宅急便」、ダック引越センターは「家具だけプラン」、アーク引越センターは「大物限定プラン」といったように、大物に限定した運搬サービスを行っています。

クロネコヤマトのらくらく家財宅急便って何?料金の相場は?

そう言ったサービスを利用すれば、細かな荷物はダンボールに梱包して自分で運搬して、自力での運搬は無理な大物は引っ越し業者にお願いすれば、引っ越し費用を節約する事が出来ます。

近距離で荷物が少量ならレンタカーを借りて自力で運んだ方が安くなる?

近距離で荷物が少ないのであれば、自力でレンタカーを借りた方が良いのでは無いかと考えることも多いのでは無いでしょうか?
しかし実際にレンタカーを借りても軽トラックを24時間借りると7,500円ほど、1.5tトラックを借りると13,000円ほどかかり、これにガソリン代も掛かります。
春の繁忙期だと料金が高くなったり、借りること自体が難しい時期でもあり、それになんと言っても自力で荷物の搬出搬入をするのは、相当な労力が必要となります。
知人に引っ越しの手伝いを頼むのも、万が一作業中にケガをされても大変だし、小物だけでなく冷蔵庫や洗濯機、食器棚や洋服ダンスなどの大物の搬入などは、かなり大変な作業になります。
自力で引っ越ししたほうが引っ越し業者を頼むよりもお得になるかどうかは、そういったことも含めて総合的に判断していく必要があります。

近距離の引越しを安くする方法はある?

お金

近距離の引越しを安くするには、具体的にどんな方法があるのかについてご紹介しましょう。

荷物が少ない場合は赤帽がおすすめ!

移動する距離が近距離であって、運搬する荷物が軽トラック1台程度で収まるのであれば、赤帽を利用するのがおすすめです。
赤帽は他の業者と違いそれぞれ個人事業主が運営しているので、複数の人員と大型のトラックは必要ないために、格安でコンパクトな引越しが行えます。
大きな荷物だけはクロネコヤマトの「らくらく家財宅急便」などを利用して運搬してもらえば、かなり低料金で近距離の引越しが行えるはずです。

荷物が多い場合はお得なプランを活用しよう!

赤帽の場合には、搭載できる荷物に限界があり、人員を増やすと逆に高くなるので、そんな移動距離は短いけど、荷物はそれなりにある場合には、お得なプランを活用することをおすすめします。
各引越し業者は、それぞれに近距離用のお得なプランを打ち出していますが、対応する距離はバラバラなので、うまく移動距離と費用を考えてマッチするプランを利用すると、よりお得に引越が出来ます。

安い業者を見つけるには一括見積もりで相見積もりがおすすめ

荷物の量や移動距離によって、各引越業者の料金はずいぶんと開きが出てくるので、少しでも安い料金にするためには、「一括見積もり」での相見積もりをおすすめします。
1社だけで見積もりを出してもらうと、自ずとその料金のままで引越しすることになりますが、複数の引越し業者から見積もりを取れば、相見積もりの効果で確実に料金を安くすることが出来ます。
その相見積もりを取るにも一括見積もりを利用すると、引越予定日・旧居と新居の住所・おおよその荷物の量などをインターネットからデータを入力するだけで、簡単に複数の業者から見積もりが取れます。
一括見積もりを上手に利用して、近距離での引越し料金を上手に節約しましょう。
テレビCMでもおなじみの引っ越し一括見積もりはこちらになります。
引越しの一括見積もりを試しに見てみる

引越しはネット見積もりで安くなる?見積もりの流れも大公開

さいごに

「近距離の引越しの費用の相場は?安い業者やプランを見つけるには?」についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?
近距離とはいえ引越作業はかなりの労力が必要となるので、現実的には自力ですべての荷物を運搬するのは大変な仕事になります。
それだけに負担の少ない引越し業者を、自分の引越しする移動距離や荷物の量のバランスも考えて、上手に引越し業者を選べば低予算で楽に引越し出来るので、皆さんもうまく活用してみましょう。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

同一市内の近距離の引っ越しの場合、単身パックはどこがおすすめ?

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。約1分間であなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

しかも今なら期間限定で最大10万円のキャッシュバックもありお得です。

一括見積りを試すならCMでもおなじみの引っ越し侍がおすすめです。

>>>自分に合った格安の引越し業者を試しに見てみる(無料)<<<




よく読まれている記事一覧

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

7月の引っ越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい? 2

「7月に引っ越す予定だけど、この時期は引っ越し費用は高いの?安いの?」 「7月に引っ越しするけど、どの時期に引っ越すと安いの?」 そういう疑問はありませんか? 7月の引っ越しで影響が出てくるのは梅雨と ...

6月の引越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい? 3

「6月に引越し予定だけど、費用ってどのくらいなの?」 「結婚をしたのでこれから新居に引っ越すんだけど、6月の費用の相場はどうなの?」 あなたはその様なことを思っていませんか? 春の引越し繁忙期も終わり ...

-引越しの費用
-, , ,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.