引越しの費用

損してる?格安で長距離引越しをするコツとは?

更新日:

引越し

「今度、長距離の引越しを予定しているけど費用を安く抑える方法は何かないのかな?」

なんてあなたは思っていませんか?

引越しは荷物の量と移動距離でおおよその費用が決まります。
当然長距離の移動を伴う長距離引越しは、それだけ大きな費用がかかるということに。
とはいえ、引越し業者が出した見積もり金額に何の疑問も持たずに契約してしまうと、気づかぬうちに損をしている可能性も。
長距離の引越しだからと諦めるのではなく、長距離引越しだからこそできる、費用を抑えるコツを知ることで、引越し費用は大幅に抑えられるかもしれません。
そんなコツを集めてみました。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




単身者の長距離引越し

単身者の長距離引越しとなると、基本となるのは単身パックの利用ではないでしょうか?
トラックをチャーターするより大幅に費用を抑えられる単身パックは、それだけでも十分効果的です。
さらにもう一歩踏み込んだ、格安引越しのコツを考えてみましょう。

大物をすべて処分する

単身者の引越し荷物を考えると、大きな問題となるのが冷蔵庫、洗濯機、ベッドなどの大型家電と大型家具です。
単身パックを利用すれば、これら大型の荷物も運べますが、さらに考えてみると大型の荷物が一切なければどうでしょう?
荷物はほぼ段ボールだけとなり、それこそ宅配便や自家用車でも引越しが可能になるかもしれません。
とはいえ、家電製品や家具はどうするのか?
これは引越し先で揃えるということになります。
幸い単身者向けの家電製品などはサイズが小さく、買い替えてもさほど高額にはなりません。
さらにリサイクルショップや、オークションサイトをうまく利用すれば、びっくりするような費用でそろえることも可能です。
今使っているものに思い入れがないのであれば、引越しを機にすべて買い替えるという選択肢もあるでしょう。
もちろん一部の家電製品だけ買い替えるとしても効果は十分。
大物の数が少なければ、レンタカーで軽トラックを借りて自力で引越しなどという方法もあります。

参照:引越し業者は冷蔵庫や洗濯機の処分はしてくれるの?

参照:引っ越し業者は家具引き取りや処分はしてくれたりするの?

参照:引越し先に持っていけないピアノを処分したいけどどうしたらいいの?

参照:引越しでエアコンを処分するにはどうしたらいいの?

2人家族の長距離引越し

引越し

2人家族や恋人同士、兄弟での引越しとなると、家電製品や家具もファミリータイプのサイズを使っているケースも増えます。
そのサイズの家具や家電をすべて買い替えるのは、かえって費用がかかってしまう可能性が高くなります。
2人家族の場合はトラックをチャーターするしかないのでしょうか?

混載便を狙う

家具や家電製品をすべて持って行くのであれば、混載便を狙うのが費用を抑えるコツとなります。
混載便は複数の引越し荷物を1台のトラックにまとめて積んで運ぶという方法。
運送費用を複数の依頼主で均等に割って負担するため、トラックチャーターに比べるとかなり費用を抑えることができます。
この混載便を利用するには、まず引越しの日程に余裕を持つ必要があります。
混載便といっても、毎日必ず走っているものではありません。
同じ地域から同じ方面への引越しをする人が複数集まって初めて成立するのが混載便。
つまり、こちらの事情ではなく、引越し業者の都合に合わせるだけの日程的な余裕が必要ということになります。

参照:引越しの長距離の混載便とは?デメリットは何がある?

単身パックを利用する

2人家族で単身パックというのに違和感がありますが、家具や家電製品のサイズがさほど大きくなければ、単身パックを2人分お願いするという方法があります。
単身パックは業者指定のカーゴに載せられるだけ荷物を載せて、混載便のトラックで運ぶというもの。
そのカーゴを2つ頼んで、単身パック2件分に荷物をまとめてしまえば、トラックをチャーターするより格安で引越しが可能です。
問題は大型の家具や家電がカーゴに載るかどうかということ。
最大のポイントは冷蔵庫とベッドでしょう。
これらのサイズを計って、カーゴに載るようであれば見積もりを出してもらう価値はあります。

参照:引っ越しの単身パックの料金相場など徹底比較。ヤマト、日通などまとめ

4人家族の長距離引越し

引越し

4人家族としましたが、お子様が複数人いるファミリータイプの引越しについて考えてみましょう。
このサイズになると当然単身パックでの引越しはほぼ不可能。
また、家電製品をすべて買い替えるなどというのもかなりリスキーになります。
格安にするのはどうすればいいでしょう?

コンテナ便を利用する

引越しのすべての行程でトラックをチャーターすると費用は相当なものになります。
そこで、長距離移動の大部分をコンテナ便で運ぶのが得策です。
コンテナ便とはサイズの決まったコンテナに、載るだけ荷物を載せて運ぶ引越しのこと。
このコンテナは、引越し先や費用、スケジュールに合わせて、JR貨物や航空便、そして船便を利用して運びます。
各便の特徴としては、航空便は短時間での運送が可能というメリットがある反面、危険物や発火の可能性があるものなどを載せられなかったり、費用が高かったりというデメリットがあります。
載せる荷物にあまり制約がないのがJR貨物と船便ですが、こちらのデメリットは時刻表の存在です。
どちらの貨物便もこちらの引越しの都合に合わせて運行しているわけではないので、JRや船会社が定めた時刻表に合わせてしか運搬できません。
場合によっては4~5日運搬にかかるケースもあるので、かなり日程的に余裕がある引越し向けということになります。

帰り便を狙う

ファミリータイプの引越しとなると荷物も多く、混載便を利用するのは難しくなります。
そこで狙いたいのが帰り便。
他の引越しを終え、荷台が空っぽの状態で帰るトラックを利用して引越しをする方法です。
メリットはとにかく運送費用が安いこと。
運送費用が半分の片道分となりますから、当然それだけ費用も安くなります。
デメリットは遭遇するのが難しいということ。
あなたが引越しをしたいと思っている時期に、まったく反対の動きをする他のお客さんがいないと成り立たないのが帰り便です。
もし本気で利用を考えるのであれば、それなりに日程に余裕が必要となります。

引越しの帰り便って何?格安に引越しする方法とは?

状況に合わせて最善の方法を選択する

長距離の引越しを格安にするには、荷物の量や移動距離、タイミングなどが重要となります。
また、自身の荷物の量などの状況によって最善の選択肢も変わりますので、ご自身の引越しの状況に合わせた洗濯をしましょう。
例えば2人暮らしの方の長距離引越しのケースを考えましょう。
荷物が比較的多く、単身パックを2つ頼んでも載せきらないからと、コンテナ便を希望すると割高になる可能性も。
コンテナ便で使用されるコンテナのサイズは、四畳半の部屋とほぼ同じサイズ。
コンテナの中がスカスカになるような荷物の量で利用するのは得策ではないかもしれません。
また、コンテナが届く港や貨物ターミナル駅から新居までの距離が遠い場合も割高になる可能性があります。
最善の方法は引越しによって変わってきますので、多くある選択肢から、確実に一番格安になる方法を選択しましょう。

格安の引越しプランは業者が知っています

お金

では、最善の格安プランを探す方法は?
これはもう引越し業者の営業マンにお願いするのがベストです。
何しろ相手は引越しのプロですから、最善の方法も最安値の方法も、最速の方法もすべて知っています。
どの業者にするべきか悩んでいるのであれば、「引越し料金一括見積もりサイト(無料)」が解決してくれます。
一括見積もりサイトに自身の引越しの条件を入力し、その引越しに対応してくれる業者を絞り込みます。
その中から気になる複数の業者に見積もりを依頼。
貰った見積もりを見比べて、気になる2~3社に訪問見積もりをお願いし、そこで営業マンに相談してみましょう。
こうした質問に真摯に答えてくれる引越し業者なら間違いありません。
きっちり事前に相談をして、最善の、そして格安の方法を選んで引越しをお願いするようにしてください。

参照:長距離引越しの費用の相場は?日数はどのくらい?

参照:単身パックで長距離の引っ越しならどこがおすすめ?比較してみました

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




よく読まれている記事一覧

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

7月の引っ越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい? 2

「7月に引っ越す予定だけど、この時期は引っ越し費用は高いの?安いの?」 「7月に引っ越しするけど、どの時期に引っ越すと安いの?」 そういう疑問はありませんか? 7月の引っ越しで影響が出てくるのは梅雨と ...

6月の引越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい? 3

「6月に引越し予定だけど、費用ってどのくらいなの?」 「結婚をしたのでこれから新居に引っ越すんだけど、6月の費用の相場はどうなの?」 あなたはその様なことを思っていませんか? 春の引越し繁忙期も終わり ...

-引越しの費用
-, ,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.