引越しの費用

損をしているかも?同一市内の引越しの料金の相場と安く抑えるコツ

更新日:

 

「同一市内での引越しの料金相場はどのくらいなの?」

「同一市内の引越しの費用を安く抑えるにはどうしたらいいの?」

そんなことを思っていませんか?

同一市内への引越しは、方法次第で安くなる可能性があります。
なにも考えずに、ただ最寄りの引越し業者に依頼するだけでは、損してしまうかもしれません。

今回は、同一市内の引越しの料金相場と料金を安く抑えるコツについてご紹介いたします!

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




引越しの料金ってどうやって決まるの?

それではまず、引越しを業者に頼むとき、その料金がどのように決まっているのかをご説明いたします。
ここをきちんと把握することで費用を安く抑えることができるかもしれません。

距離

今住んでいるところから、次に住む場所までの距離で引越し業者の料金は変わってきます。
同一市内への引越しの場合気にしなくても良いのですが、遠方への引越しの場合は有料道路を使用するため有料道路の利用料金などもかかってくる可能性があります。

距離で料金が決まってくる理由は、トラックの燃料費と有料道路などの移動にかかる費用の他に、遠ければ遠いほど移動に時間がかかるのでその分引越し業者の人員の拘束時間が長くなって人件費がかさんでしまうからです。

荷物の量

引越しの料金は、運ぶ荷物の量でも決まります。

なぜ荷物の量で引越し料金が変わってくるかというと、荷物が多いか少ないかで、使用するトラックの台数と作業人数が決まってくるからです。

荷物が少なければトラックの数は少なく済み、作業人数も少なく済みます。
つまり、作業にかかる費用が少なくて済むため、引越し料金が安く済むというわけなのです。
逆に、荷物の量が多ければ多いほどトラックが数台必要になったり、作業人数が増えてその分人件費がかさんでしまったりといった理由で料金が高くなってしまいます。

繁忙期かどうか

引越し業者の料金は、引越しを行う時期が繁忙期かどうかで大きく変わってきます。
閑散期か繁忙期かで、1.5倍から2倍ほど料金が違うケースがあります。

引越しの繁忙期は1月下旬頃から4月上旬までです。
もし時期を検討できる場合は、繁忙期の引越しは避けた方が良いでしょう。

繁忙期と閑散期で引越し費用の相場はどのくらい違うの?

同一市内(20㎞以内)の引越しの料金の相場はいくら?

では、同一市内(20㎞以内)の引越し料金の相場はいくらくらいなのでしょうか。

一人暮らしの場合

一人暮らしで同一市内(20㎞以内)への引越しを行う場合は、平均で「3万5000円」ほどの料金がかかります。
また、繁忙期に引越しを行う場合は約「5万円」が平均と言われています。

2人暮らしの場合

2人暮らしで同一市内(20㎞以内)への引越しを行う場合は、平均で「7万円」の料金がかかります。
また、繁忙期に引越しを行う場合は約「9万円」が平均料金になります。

4人暮らしの場合

4人暮らしで同一市内(20㎞以内)への引越しを行う場合は、平均で「11万円」の料金がかかります。
また、繁忙期に引越しを行う場合は約「15万円」が平均料金になります。

同一市内の引越しを安く抑えるコツ

同一市内への引越し料金の相場がわかったところで、その料金を安く抑えるコツについてご紹介いたします。

閑散期に引っ越しをする

先ほど引越しの料金の仕組みについてご説明した際に少しご説明いたしましたが、引越しは繁忙期に行うか閑散期に行うかで料金がかなり変わってきます。

一般的に引越しの繁忙期は1月下旬頃から4月上旬、5月のGW中などの連休中になります。
それ以外の時期は閑散期と言うことができますが、特に6月は梅雨の時期ということもあり引越し件数がかなり少なくなるため、狙い目の時期になります。

閑散期に引越しすると費用は安くなる?費用を安く抑える6つの方法も大公開

引越し業者の早割を利用する

引越し業者の中には、引越し日の一定期間以上前に見積もりや予約申し込みをすることで「早割」という割引を受けられる業者があります。

例えば、引越し日の一ヶ月前に見積もりを依頼すると10%オフなどのキャンペーンをやっている業者があるのです。
また業者によっては、早めに申し込みをすることで引越し1件あたり1,000円ほどの割引を行っている業者もあります。

ただこれらの早割は、単身の引越しのみに適応されたり、逆に家族での引越しのみが対象であったりとその条件が厳しい場合もあるので、注意が必要です。

インターネット割引を活用する

早割と同じく割引制度で活用したいのはインターネット割引です。

インターネット割引とは引越し業者のホームページなどから見積もりの依頼をした時に受けられる割引です。
後ほどご説明する「一括見積もり」と合わせて活用することで大きく引越し料金を抑えることができる可能性があります。

時間帯を選ばないフリー便を利用する

引越しをする場合、普通は
「○日の○時にうかがいます」
といったように引越し業者が時間を指定して、その時間から作業が行われることになります。

しかし「フリー便」というプランを使うと、時間指定をされずに直前に
「今からうかがいます」
という連絡が入って作業が開始されることになります。

このフリー便ですが、引越し業者にとって都合の良いプランなため、通常のプランと比べても料金が大幅に割引されているのです。

また、比較的予約の取りづらい繁忙期でも日付のみを指定して作業してもらえるケースもあるので、そういった場合にも活用したいプランです。

・フリー便のデメリット

フリー便は料金面で優遇されるプランですが、当然デメリットも存在します。

まず、フリー便の場合引越し業者の都合に合わせて作業が開始されるため、作業開始時間が遅い時間になる可能性があります。
基本的には通常のプランよりも作業が後回しになるのです。
そのため、作業の騒音で近隣にお住いの方に迷惑をかけてしまう可能性がありますので、事前に近隣にお住いの方にアナウンスができるようであればしておいたほうが良いでしょう。

また当然時間が決まっていないので、引越し作業の予定が立てられないのも大きなデメリットと言えるでしょう。

最後に、これは意外なデメリットなのですが、フリー便の場合、夜遅い時間に作業が始まることが多いため、業者の作業スタッフが疲れている場合が多いのもデメリットのひとつです。
作業スタッフが疲れていると当然作業スピードも落ち、また作業のクオリティも下がるので物件や荷物を傷つけてしまう可能性があるのが大きなデメリットとなってくるのです。

引越し費用が格安になるフリー便とは?到着の時間帯は?

仏滅の平日に引っ越しをする

引越しは、行う日取りで料金が安くなる場合があります。
先述した閑散期に引越しを行う方法もおすすめですが、それと合わせて仏滅の平日に引越しを行う方法もおすすめです。

仏滅は、六曜と呼ばれる仏教の考え方において「仏様がいらっしゃらない日」にあたり、引越しなどの行事は行わない方がよいとされています。
最近では、個人の方が仏滅について気にすることは少なくなりましたが、企業が事務所の引越しを行う場合などに仏滅か否かを気にする傾向があります。
ですから、基本的に仏滅は引越し業者が少し暇な日なので、料金が安く済む可能性があるのです。

また、引越しは通常、平日よりも土日祝日などの休日に行われることが多いです。
会社勤めをされている方は平日に引越しをするのが難しいため、休日に引越しをする場合が多いからです。

ですから、平日に引越しをすることで、料金を安く抑えられるのです。

引越しで六曜を気にする?どの日に引っ越すのが縁起がいいの?

不要なものはできるだけ処分する

冒頭で、引越しの料金は荷物の量で決まるという話をさせていただきました。

ということは、できるだけ引越しの荷物を減らすことで料金を安く抑えることができるようになるということです。

ですので引越し前は不要なものをできるだけ処分してしまいましょう。
処分する際は、通常のゴミや粗大ゴミとして処分しても良いのですが、もっと良い方法があります。

それは、リサイクル業者に買取を依頼することです。
粗大ゴミは回収を依頼するとお金がかかりますが、リサイクル業者への買取依頼は無料で行えるのでこれを活用しない手はありません。
買取を依頼したものに値段がつく場合がありますし、もし値段がつかなかった場合でも無料で引き取りを行ってくれる場合が多いので、粗大ゴミとして処分するよりも費用が安く済むのです。

引っ越し専門のリサイクル業者はこちらになります。
お引越しで整理したいモノを売るなら買取プレミアム

一括見積もりを利用する

最後に、引越しの料金を安く抑える方法でもっともおすすめな方法をご紹介します。

それは、「引越し業者の一括見積もり」を利用することです。
一括見積もりを行うことで、今回の引越しにかかる料金の相場を知ることできるので、料金面での検討がしやすくなります。

相見積もりを取り料金を交渉しよう

一括見積もりを取ることで、複数の引越し業者の見積もり料金を把握することができます。

中には、「サービスはいいんだけど、もう少し料金が安かったら……」と感じる業者があるかもしれません。
そんな時に他の業者の料金を把握していることで、料金の交渉がしやすくなります。

「ここの業者さんと同じくらい料金を安くしてくれたら即決したいんですが……」
といったように料金の交渉を行いましょう。

テレビCMでもおなじみの引っ越し一括見積もりです。
一括見積もりでお得に引越しをしましょう。
詳しくはこちらをどうぞ。
利用料無料!引っ越し一括見積もりを利用して格安で引っ越しをしてみる

さいごに

同一市内での引越し料金の相場と、料金を安く抑える方法をご紹介いたしました。

引越しの料金は、仕組みや安く抑える方法を知っていることで大幅に節約することが可能な費用です。

ここまでご紹介したような方法を用いて引越し料金を安く抑えましょう!

関連記事になります。合わせてご覧ください。

同一市内の近距離の引っ越しの場合、単身パックはどこがおすすめ?

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




よく読まれている記事一覧

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

11月の引越し費用の相場は? 料金が安いのはいつくらい? 2

「11月に引越ししようと思うんだけど時期的に費用は高いの?安いの?」 「11月の引越しで費用を安くするコツはある?」 なんてあなたは思っていませんか? 10月は3月ほどではないですが、引っ越しシーズン ...

12月の引っ越し費用の相場は? この時期の料金は高い?安い? 3

「12月に引っ越し予定だけど費用の相場はどうなの?」 「年末だし引っ越しの費用は高いんだよね?安いタイミングはある?」 なんて疑問はありませんか? 年度末、クリスマスやお正月に向けて何かとあわただしい ...

-引越しの費用
-, , ,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.