引越しの知識

転勤の引越し費用は会社負担?手当はどこまで出るの?

更新日:

 

「転勤命令が出たら引越しの費用って、会社が負担してくれるの?」

「転勤費用のどこまでが費用として認められるの?」

「自己負担になることが多いのはどんなものなの?」

「転勤に伴う手当と相場はどれくらい?」

会社から転勤命令が出て、あなたも転勤の引越し費用について分からなくて困っていませんか?

転勤に伴う引越し費用については、自己負担なのか会社が負担してくれるのか、引越し費用も高額になるだけに分からないととても不安ですよね。
そこで今回は、転任の引越し費用についてや手当についてご紹介していきます。
ぜひ転勤が決まって費用負担などで不安をお持ちの人は、参考にしてみて下さい。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




転勤命令が出たら引越しの費用は会社が負担してくれるの?

転勤命令が出たことに伴う引っ越しの費用について考えたとき、元々転居を伴う異動で発生する費用についての規定をしている法律は特にありません。
そのために転勤のための引っ越し費用は100%を会社が負担しても、100%社員側が負担しても特に問題にはなりません。
しかし転勤があるほとんどの会社の場合においては、就業規則や給与規則などにおいて引っ越しの費用に関して規定していて、会社が引っ越しの掛かる費用を負担していることが多いです。
実際の転勤にかかる引っ越し費用の負担がどれくらい会社負担になるかは、元々明確な基準がないことからその会社の判断によって全く違っています。

どんな費用が認められているの?

引っ越しに係わる費用としては以下のような費用が認められている会社が多いです。

① 引っ越し費用

転勤前の旧居から転勤先の新居までの、引っ越しでの荷物の運搬にかかる費用全般について。
費用については上限が設けてあったり、業者が指定されていたり、引っ越し費用の見積もりを提出する規定になっているなどの条件が付けられることもあります。

② 一時金

引っ越しするために掛かる手間などに対して、引っ越し費用とは別に支給されるお金で、一般的には引っ越し手当と呼ばれることが多いです。

③ 賃貸住宅の修繕に伴う費用

賃貸住宅を退去する場合において、壁紙の張り替えや畳の交換などの修繕に伴う費用を、退去時に請求される場合があります。
そういった賃貸住宅を退去する場合に掛かる原状回復のための費用を、会社が負担してくれることがあります。

④ 交通費及び宿泊費

引っ越しに伴い、新居までの異動のための交通費や、その間に宿泊したときのホテルなどへの宿泊代なとについても、会社負担となる事が多くあります。

自己負担になることが多い費用について

転勤に係わる引っ越しの費用と言っても、すべてが会社負担となるわけではなく、自己負担となってしまうこともあります。
そこでこちらでは自己負担になることが多い費用についてまとめてみました。

引っ越し先で購入した家電や家具など

引っ越しに伴って、古くなったテレビ・冷蔵庫・洗濯機と言ったような家電製品を買い換えする人は多いですが、こう言った家電製品の買い替えに伴う費用については、自己負担となる事がほとんどです。
また家電製品に関してだけでなく、洋服タンスや食器棚のほか、ソファーやテーブルや椅子などの大型の家具類についても、自己負担となるケースが多いです。
家電や家具は単に買い換えというわけでなく、引っ越し先の住居で既存の物が寸法の問題で買い換えが必要になる場合もあるので、事前によく確認しておきましょう。
また窓に使用するカーテンなどもサイズが合わなくては買い換えが必要となり、これらの費用についても自己負担となるケースが多いようです。
家電製品に関して海外への転勤の場合には、現実的に多くの製品が海外に持ち出しての使用は出来なくなることから、海外への転勤の場合には家電製品の買い替え費用は、会社負担となる事が多いようです。

自動車やピアノなどのオプションによる輸送

自動車・ピアノ・骨董品・絵画・バイク・ペットなどの場合には正規の引っ越し料金には含まれず、特殊な運搬が必要となるために、料金についてはオプション料金となります。
それらのオプション料金については会社によって判断が分かれるようで、全額自己負担という会社もあれば、半額程度を会社で負担してくれるところもあります。
エアコンの取り外しや取付に関する工事費用についてもオプション料金となりますが、これらの費用については引っ越しに伴う経費として認められることが多く、会社負担となるケースが多いです。

荷造りや荷解きサービス

引っ越し業者が行う作業の中には、荷物の運搬を行うほかに小物の荷物を梱包する荷造りや、引っ越し先での荷物を荷解きしてくれるサービスがあります。
利用すると引っ越ししたときの自身の作業の負担は減るので楽にはなりますが、そう言った荷造りや荷解きなどに係わる費用については、当然オプションとなるので料金は別途掛かることになります。
こう言った荷造りや荷解きサービスの費用は、通常の引っ越し作業料金よりも高額になってしまうこともあるので、自己負担となってしまうことも多いです。

会社既定以上の引越し費用

会社によっては、社内で引っ越しに関して独自の規定を設けている会社もあり、「引っ越し費用の条件としては○○万円まで」といったような条件が付けられていることがあります。
また引っ越し業者を利用する場合には、複数の業者から見積もりを取ってより安い料金の業者と契約するような規定があったり、引っ越し業者がはじめから指定されていることもあります。
このような条件や既定を満たしていない場合においては、会社から引っ越し費用の負担がなくなると言う事もあるので、よく確認しておくと良いでしょう。

転勤に伴う手当と相場について

転勤に伴って会社から支給される費用には、様々な名目で支給される手当があり、会社によっては呼び方や取り扱いが違う場合があります。
具体的にどんなケースでその手当が支給されるかについてご紹介します。

旧居から赴任地までの旅費

現在生活している旧居から転勤先の赴任地までが遠距離となれば、その赴任地まで飛行機や電車などで移動するための交通費が掛かります。
そういった旧居から赴任地までの移動のために掛かる交通費が、手当てとして支給されます。
支給額についての基準は会社によって違い、実際にかかった費用が全額支給される場合や、上限が設定されていて、その範囲内で支給される場合などがあります。

引っ越し手当

引っ越し手当はその名の通り、転勤前の旧居から転勤先の新居までの引っ越しでの荷物の運搬にかかる費用全般についての費用に対する手当です。
引っ越し手当には、引っ越しにかかる経費の中でも認められる費用と認められない費用があり、会社によってその基準は違います。
引っ越し費用については会社の判断によって負担の比率が違い、費用として20万円掛かった場合全額負担してくれる場合もあれば、50%の10万円しか負担してくれないところもあります。

赴任手当(転勤支度金)

赴任手当とは会社によって捉え方がそれぞれ違いますが、引っ越し手当と内容は同じで、転勤前の旧居から転勤先の新居までの引っ越しでの荷物の運搬にかかる費用全般についての費用を言う場合もあります。
また転勤に伴い必要となった家具や家電製品などの購入などに対して試供される手当となる場合もあります。

着後手当

引っ越しするときには、様々な経費がかさみお金が何かと掛かってしまいますが、そんな時に転勤後にすぐに生活が出来るように、費用を補助する目的で支給される手当です。
引っ越しに荷物が何らかの理由で遅延が発生して、そのためにホテルに宿泊することになった場合の費用などについても、費用の補助対象となる手当です。

再入園料、入学負担金

幼稚園の転園や私立学校への転校の時に掛かる入園料や入学金について、支給してくれる負担金です。
子どもを持つ親の立場としては、教育にお金が掛かるときに支給されるこうした負担金はありがたいですが、現実的には余り多くの会社ではこうした負担金は支給されていないことが多いです。

単身赴任手当(別居手当)

単身赴任手当とは、家族を残して赴任地に行くために生活していくための費用が2重に掛かってしまうための補助を目的とした手当のことを言います。
単身赴任の場合には、会社の寮や借り上げマンションなどへの入居するケースも多くありますが、なかなか単身赴任手当だけでは、すべての生活費はまかなえないのが現場です。
厚生労働省が行った資本金が5億円以上で労働者が1,000人以上の大企業230社へのアンケート調査によると、単身赴任手当の平均は37,800円となっています。
実際には会社によって開きがあり、多いところでは55,000円ほどで、逆に少ない場合には25,000円ほどになっています。

帰宅交通費

帰宅交通費とは、自宅と転勤先の往復の移動する場合にかかる交通費を補助するための手当のことで、赴任先までの距離にもよりますが月に1~2回分の、自宅と転勤先の往復の交通費が負担されます。
基本的には家族が自宅に残り、単身赴任している場合に多く適用されています。
帰宅交通費として支給される金額は、一般的にひと月に20,000~30,000円ほどが支給されるところが多いようです。

引越し費用が会社負担でもできるだけ安く抑えよう

転勤に伴う費用が、たとえ会社が負担してくれる場合でも、全額負担でなく自己負担になるオプション料金なども考えると、出来るだけ料金が安い業者を利用した方がお得です。
会社の規定によっては、1社だけでなく複数の業者から見積もりをするように指示されることがあったり、引っ越し費用に上限が設けてあることもあります。
それだけに会社負担だからどこでも同じとは考えずに、少しでも安い引っ越し業者を利用するように心がけましょう。

引っ越し費用の相見積もりで安い業者を見つける

それではどうやってそんな引っ越し料金が安い業者を探せば良いのか考えたときにおすすめな方法に、複数の業者から見積もりを取って比較する相見積もりで安い業者を見つけましょう。
より料金を安く見積もりしてもらうコツとしては、見積もりを業者から提出してもらうときに他の業者にも見積もりを依頼していることを、それとなくほのめかしましょう。
そうすることで引っ越し業者側も他の業者と相見積もりをされていることが分かるので、他社にも勝てるようにと、料金を安くして見積もりを提示してくれる可能性が高くなります。
複数の業者から引っ越し費用の見積もりが出てきたら、それぞれの費用を比較してよく見てみると、同じ条件で見積もり依頼してもかなり料金に違いがあることが分かります。
この中から一番安い料金の業者を選ぶことで、より引っ越しにかかる費用を抑えることが出来ます。

引越し費用の相見積もりの方法や流れはどうしたらいい?おすすめのサイトはある?

相見積もりなら一括見積もりがおすすめ

しかし相見積もりを取るときにも、1つ1つの会社の連絡先を調べてから、それぞれに見積もりしてもらうように依頼するのも、なかなか大変な作業となります。
そんな時に便利なのが「引っ越し一括見積もり」、パソコンやスマホから引っ越し予定日・現在の住所・引っ越し先の住所・荷物の量を伝えると、一括して最大で10社ほどの業者から見積もりを取ることが出来ます。
1つ1つ連絡を取る手間が省けて一括して見積もりが取れるので、引っ越しの相見積もりを取るときには大変に便利なシステムなので、皆さんも是非利用して見ましょう。

テレビCMでもおなじみの引っ越し一括見積もり業者はこちらになります。
利用は無料!引っ越し一括見積もりを試してみる

さいごに

転勤の引越し費用は会社負担?手当はどこまで出るの?についてご紹介しましたがいかがだったでしょうか?
転勤は引っ越しの費用だけでなく様々な経費が掛かるので、経済的な負担が増えて出来るだけその負担は、会社で負担してもらえれば助かりますよね。
そんな経費の中でも大きな負担となるのがやはり引っ越し費用だけに、一括見積もりを利用して相見積もりを取り、上手に引っ越し費用を節約してみましょう。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

転勤で社宅へ引越しするけど費用は会社負担?経費にすることはできる?

単身赴任の引っ越しは単身パックがお得?費用はどのくらい?

転勤で引っ越しする場合にまずやることは何?準備はどうしたらいい?

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




よく読まれている記事一覧

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

7月の引っ越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい? 2

「7月に引っ越す予定だけど、この時期は引っ越し費用は高いの?安いの?」 「7月に引っ越しするけど、どの時期に引っ越すと安いの?」 そういう疑問はありませんか? 7月の引っ越しで影響が出てくるのは梅雨と ...

6月の引越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい? 3

「6月に引越し予定だけど、費用ってどのくらいなの?」 「結婚をしたのでこれから新居に引っ越すんだけど、6月の費用の相場はどうなの?」 あなたはその様なことを思っていませんか? 春の引越し繁忙期も終わり ...

-引越しの知識
-, , ,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.