その他の引越し手続き

引越しで中学校を転校する際の手続きはどうしたらいいの?

投稿日:

引っ越しと中学校

「引越しで学区が変わるために、子供の中学校の転校手続きが必要になったけどどうしたらいいんだろう?」

「中学校の転校をするとどのくらい費用がかかるんだろう?」

「私立から公立の転校だと手続きは難しいのかな?」

ということであなたは悩んでいませんか?

意外と転校の経験って少ないんですよね。
転校の経験者が少ないということは情報が少ないということ。
情報が少ないと、いざ本番となった時に戸惑ってしまうものです。
そこで、今回は中学校の転校手続きについて解説します。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。約1分間であなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

しかも今なら期間限定で最大10万円のキャッシュバックもありお得です。

一括見積りを試すならCMでもおなじみの引っ越し侍がおすすめです。

>>>自分に合った格安の引越し業者を試しに見てみる(無料)<<<




市内の引越しでも手続きは同じ

公立の中学校はそれぞれ学区が定められているため、同じ市内や区内の引越しでも、学区が変われば転校をする必要があります。
今住んでいる場所から市や区が変わる場合は当然転校ということになります。
手続き自体は市内への引越しも市外への引越しも同じですので、一緒に確認しておきましょう。

引越し前に必要な手続き

引っ越しと学校中学校の転校には引越し前、引越し後と手続きが必要になります。
時間も手間もかかりますので、できるだけ効率的に動くように計画しましょう。
まず引越し前の手続きですが、これは通っている中学校への連絡から始まります。
引越しが決まって、今と別の学区に引っ越すことが決まったら、まずは真っ先に通っている中学校に連絡をします。
連絡は直接出向いてもいいですし、電話でも問題ないでしょう。
中学校の担任の先生に転向をする旨を伝えると、学校側では「在学証明書」と「教科書給付証明書」を準備してくれます。
この書類は転校手続きに必要不可欠な書類となりますので、引越しでなくしたりしないように、分かり易いところに保管しておきましょう。

必要書類の受け取り

引越し先の住所が確定したら、現在通っている中学校に引越し先を連絡しておきましょう。
同時に「在学証明書」と「教科書給付証明書」の受け取り予定も決めておくといいでしょう。
この書類の受け取りは、基本的にはお子さんの最後の登校日にすることがオススメ。
書類を受け取ると同時に、お世話になった先生方に挨拶をすることもできます。
書類の受け取りには印鑑が必要になりますので、印鑑を忘れずに持参してください。
また、この時先生方へちょっとした手土産を持って行くといいかもしれません。
あまり高価なものは受け取ってもらえないことがありますので、ほどほどの費用で、個別包装になっているお菓子などにすると、職員室で他の先生と一緒に食べることができますのでオススメです。

引越し前の役所での手続き

中学校で「在学証明書」と「教科書給付証明書」を受け取ったら、今度は役所での手続きです。
とはいえ引越し前に行う手続きは「転出証明書」を受け取るということだけ。
通常の引越し同様の手続きになります。

引越し後に必要な手続き

引っ越しと学校
引越し前の手続きを終え、引越し作業が終わったら今度は引越し先での手続きです。
引越し前と同様で、手続きをする場所は役所と転校先の中学校の2か所。
必要な書類や作業は以下の通りです。

引越し後の役所での手続き

引越しが完了したら、引越し先の役所でまず転入手続きを行い、新住所に住民票を移します。
続いて、役所内にある「教育委員会」の窓口へ行きましょう。
稀に教育委員会の窓口が役所内にない自治体もありますので、この窓口については事前に電話等で確認しておきましょう。
教育委員会の窓口で、「在学証明書」を提示し新住所を伝えると、あなたのお子さんが通うべき学校名を教えてもらえ、同時に「転入学通知書」を受け取ります。

転校先の中学校で行う手続き

役所で転校先の中学校を聞いたら、まずはその中学校へ電話などで連絡をして、訪問する日程と、訪問の時に必要になるものを確認しておきましょう。
日程が決まったら中学校へ訪問します。
訪問するときに最低限必要な書類が「在学証明書」、「教科書給付証明書」、「転入学通知書」の3点。
学校によってはこれ以外にも必要な物がある可能性があるので注意してください。
転校先への中学校への訪問の時のポイントとしては、「お子さんも一緒に連れて行く」、「学校指定の制服や上履きなどの購入先を確認する」という2点。
お子さんも実際の学校の雰囲気を感じられますし、担任の先生がいればそこで挨拶をすることもできます。
学校指定の用品を購入する店はこの時確認して、できるだけ早く購入するようにしましょう。
手続きは基本的にここまでです。

私立中学校が絡んだ転校手続き

引っ越しと学校現在通っているのが私立中学校である場合や、転校希望先が私立中学校である場合、また両方とも私立中学校の場合の手続きを確認しておきましょう。

公立→私立の転校手続き

現在公立中学校に通っており、引越しと同時に私立中学校に転向を希望する場合、まずは転校先の私立中学校探しということになります。
この学校探しは学校に直接ではなく、「都道府県私学協会」に問い合わせをします。
引越し先が決まったら、引越し先の都道府県の私学協会に連絡し、転校を受け入れてくれている私立中学校があるかどうかを確認してもらいます。
公立から公立に転校する場合との違いは以下の2つ。

・教育委員会ではなく都道府県私学協会に転校先を問い合わせる。
・転校先の問い合わせは引越し前に行っておく。

私立中学校に転校する場合は、基本的に転入試験を受ける必要があります。
その日程の関係もありますので、引越し前に転校先を探しておくことが重要になります。
この2点以外は基本的に公立から公立に転校する場合と同じ流れで手続きを行いましょう。

私立→公立の転校手続き

私立中学校に転校を希望する場合は転入試験が必須となりますが、転校先が公立中学校であれば試験の必要はありません。
このケースの手続きは公立から公立への引越しのケースと全く同じになります。

私立→私立の転校手続き

私立中学校から私立中学校に転校する場合は、公立中学校から私立中学校に転校する場合と同じ手続きが必要となります。
もちろん転入試験も必須になりますので、転校先の中学校は慎重に選ぶようにしましょう。

転校で進学は不利になる?

引っ越し中学校の転校で気になるのが「内申書」の問題でしょう。
進学の時に非常に重要になるこの内申点が、転校によってどうなるのか?
転校先で改めて内申書を書かれるということは、お子さんを短期間しか見ていない人に評価されることとなり、どんな採点をされるか不安になるかと思います。
しかし、その点はご安心を。
中学校を転校した場合、前の学校から成績や就学態度などの総合的な評価をした書類が、転校先の中学校に届けられる決まりがあります。
つまり内申点は前の学校から引き継がれることになるので、転校により内申点が著しく低くなることはありません。

中学校の転校にかかる費用

中学校の転校でかかる費用はいくつか考えられます。
まず大きいのが制服や学校指定のカバン、ジャージ、上履きなど、学校で必要な道具類です。
費用相場は学校によりですが、制服一式で70,000円前後、カバンが20,000円前後、ジャージや上履きなどで10,000円前後と、合計で100,000円ほどの出費は覚悟しておきましょう。
また、転校のタイミング次第では、修学旅行の積立金なども一括で支払う必要があるかもしれません。
例えば1年生の3学期に引越しをすれば、転校先の中学校で1年生の3学期までに支払っておくべきであった積立金を一括で支払うことになります。
もちろん転校前の中学校で積み立てていた積立金は返金されますので、それを充当してもいいでしょう。
注意したいのは公立中学校から私立中学校に転校をした場合。
私立中学校の場合、修学旅行が海外となっており、積立金の金額が高額な場合があります。
また、学校に特別な施設があり、その施設に関する費用を求められることも。
このあたりも転校前にしっかりと調べておくといいでしょう。

中学校の転校が必要な引越しの場合

お子さんの転校が絡む引越しは、できれば学校の長期休暇期間(春休み、夏休み、冬休み)を利用した引越しがオススメ。
こういった長期休暇に合わせれば、転校の準備や心の準備をする時間がありますので、手続き上もお子さんの心理的にも余裕を持って転校ができます。
いずれにせよ、お子さんの転校手続きはちょっと役所にいって終わるほど簡単ではありません。
時間と手間がかかりますので、他の部分で手間を省くようにしておくといいでしょう。
引越しの時の業者探しの手間を省くのであれば、「引っ越し料金一括見積もりサイト(無料)」の利用がオススメ。
簡単な条件入力をするだけで、複数の引越し業者からまとめて見積もりを入手することが可能。
その中からもっともサービスが良く、費用が安い業者を選ぶだけで業者選びは完了します。
業者探しの手間を省いて賢い引越しができるように工夫しましょう。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたに合った最安値の業者を調べてみる(無料)

関連記事になります。合わせてご覧ください。

引越しで小中学校を転校する際のプレゼントは必要?先生にもあげるべきなの?

引越しの際の小学校の転校の手続きの仕方はどうするの?

引っ越しで高校を転校(転入学)する際の手続きはどうしたらいいの?

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。約1分間であなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

しかも今なら期間限定で最大10万円のキャッシュバックもありお得です。

一括見積りを試すならCMでもおなじみの引っ越し侍がおすすめです。

>>>自分に合った格安の引越し業者を試しに見てみる(無料)<<<




よく読まれている記事一覧

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

7月の引っ越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい? 2

「7月に引っ越す予定だけど、この時期は引っ越し費用は高いの?安いの?」 「7月に引っ越しするけど、どの時期に引っ越すと安いの?」 そういう疑問はありませんか? 7月の引っ越しで影響が出てくるのは梅雨と ...

6月の引越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい? 3

「6月に引越し予定だけど、費用ってどのくらいなの?」 「結婚をしたのでこれから新居に引っ越すんだけど、6月の費用の相場はどうなの?」 あなたはその様なことを思っていませんか? 春の引越し繁忙期も終わり ...

-その他の引越し手続き
-, , ,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.