引越しの知識

新築マンションへの引っ越し。一斉入居で気を付けるべきことは何?

更新日:

 

「新築マンションへの引っ越しで気を付けるべきことはどんなこと?」

「幹事会社に引っ越し業者を指定されたけどどうして?」

「幹事会社の引っ越し業者を選ばないとダメなの?」

「幹事会社の引っ越し業者を安く利用することは出来ないの?」

新築マンションに引っ越しすることになったあなたも、こんな事で悩んでいませんか?

通常の賃貸マンションなどへの引っ越しならなんの問題も無いことですが、実は新築マンションへの引っ越しには様々な引っ越しの関連した問題があるんです。
しっかりと情報を収集して引っ越しに取りかからないと、後になって後悔することになっても困ります。
今回はそんな新築マンションへの引っ越しを計画しているあなたのために、「新築マンションへの引っ越し。一斉入居で気を付けるべきことは何?」についてご紹介します。
ぜひ新築マンションへの引っ越しを検討している方は参考にしてみて下さい。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。約1分間であなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

しかも今なら期間限定で最大10万円のキャッシュバックもありお得です。

一括見積りを試すならCMでもおなじみの引っ越し侍がおすすめです。

>>>自分に合った格安の引越し業者を試しに見てみる(無料)<<<




新築マンションへの引っ越しで気を付けるべきこと

新築でないマンションへの入居のタイミングは、それぞれの都合によって行われるので、引っ越し作業を行うに特別な問題はありません。
しかし新築マンションへの引っ越しとなると、新しく入居しようとする人たちが同時に引っ越しすると、様々な問題が発生していまいます。
そのため後々困らないように、幹事会社が決めているルールをしっかりと守り、引っ越し作業を行えるように、新築マンションへの引っ越しで気を付けるべきことをご紹介します。

入居開始日に一斉入居で引っ越し業者が大混雑

新築マンションが完成すると、入居を待ちわびた世帯の家族が一斉に引っ越し作業を行ったらどういう状況になるでしょうか。
大型のマンションとなると、入居する世帯だけでも相当な数になるので、その多くの世帯が打ち合わせることなく一斉に引っ越し作業を行えば、建物内は大混乱になるはずです。
マンション周辺の敷地には多くのトラックが横付けされ、出入り口やエレベーターなどの共有で使用している所には、順番待ちの人であふれかえり大混雑となるのは容易に想像できます。
マンションに入居する人だけの問題だけで済めば
良いですが、いっぺんに引っ越し作業を行えば、周辺の住民の人たちにもかなりの迷惑が掛かってしまいます。
そんなに一斉に引っ越しして混雑するのであれば、あえて予定をずらして引っ越しすれば良いのではと思いますが、これまで入居していた賃貸マンションにも家賃がかかっています。
そこで多くの人は、あたらしく完成したマンションの入居開始日に合わせる形で、現在の賃貸物件を解約して引っ越しするために、入居開始日には一斉入居で引っ越し業者が大混雑という現象が起きてしまいます。

幹事会社から引っ越し業者を斡旋されるケースが多い

新しいマンションを管理している幹事会社としては、入居開始日に合わせて引っ越しする世帯が重なり、引っ越し業者同士が混乱して作業がスムーズに行かなくても困ります。
そのような大混乱を事前に防ぐ手段として、あらかじめ決められた1つの引っ越し業者に一括して依頼し、その指定された引っ越し業者がすべて入居作業を行うというケースが多くあります。
依頼を受けた引っ越し業者は、事前に依頼のあった入居者と打ち合わせを行い、新築マンションの搬入経路やエレベーターの状況、駐車場の状況などを入念にチェックしておきます。
こうして同じ引っ越し業者にすべて任せる事で一元化された引っ越し作業は、無駄なく効率良い作業が出来るようになるために、多くの幹事会社は入居者に対して引っ越し業者を事前に斡旋しています。

幹事会社から引っ越し業者の料金は高いの?

幹事会社から引っ越し業者の料金は、引っ越し業者に個別に依頼するよりも料金が高いのではないかというような疑問があります。
たしかに幹事会社から指定された引っ越し業者は、他の業者と料金を競争されることなく独占して契約することが出来るので、やはり料金が割高になる事は考えられます。
その反面、大きなマンションの場合など幹事会社から紹介される形で、かなりの世帯からの依頼が来るので、大量受注による割引きも期待できます。
ただ指定された引っ越し業者から提示された引っ越し料金の見積もりを、値下げ交渉してみても他の入居者との格差が出ても困るので、個別値引きなどは余り期待できないようです。

一斉入居の決まり事に精通している斡旋の引っ越し業者

新築のマンションに一斉入居するときには、管理している幹事会社によってトラブル回避のために、さまざまな独自のルールを設けていることがあります。
そういった独自のルールに関しても、斡旋の引っ越し業者の場合にはすべて精通しているために、トラブルが起こることなくスムーズに引っ越しが行えます。
それが全く独自のルールが分からない引っ越し業者が作業を行ってしまうと、事情が分からないために追加料金が発生するなどのトラブルに発展してしまう危険があります。
自分で引っ越し業者を手配して作業を行う場合には、トラブルにならないように十分に一斉入居の時のルールを伝えた上で、作業を行ってもらいましょう。

幹事会社に引っ越し業者を指定されたけどどうして?

新築のマンションに入居することが決まって入居の手続きを進めていると、入居開始日に合わせて引っ越しする場合には、幹事会社の指定の引っ越し業者を使う様に言われることがよくあります。
既存の賃貸マンションの引っ越しであれば、幹事会社から引っ越し業者を指定される様なことはないので、初めての場合はちょっと驚いてしまうことがあります。
これには理由があって、多くの新築マンションに入居を予定している人は、家賃が重複しないように新築マンションの入居開始日に合わせて、旧居との契約を解除して引っ越してきます。
そのために入居開始日になると、それぞれに引っ越し業者を依頼していたのでは、大混乱になるために幹事会社としては、スムーズに引っ越し作業が行えるように1つの引っ越し会社に一括して依頼しています。
そうすることによって引っ越し作業も一元化されるので、作業や運搬時間を調節することで混乱無く引っ越し作業が行えるようになります。
こうした理由がある為に、新築マンションを入居開始日にあわせて引っ越ししようとすると、幹事会社に引っ越し業者を指定される事になるわけです。

幹事会社の引っ越し業者を選ばないとダメなの?

幹事会社の立場としては、一斉入居の時に出来るだけトラブルを避けて入居してもらいたいために、引っ越し業者を指定しています。
それだけに特定の入居者だけ違う引っ越し業者を使うと言う事は、あまり好ましいこととは言えないので、基本的には指定の引っ越し業者を使ってほしいと言う事になるかと思います。
その幹事会社が斡旋する引っ越し業者を、絶対に使わなければならないような規定があるわけではないので、それに絶対従わなくてはならないわけではありません。
しかしやはり自分だけ勝手に引っ越し業者を選んで引っ越しするとなると、周りの入居者や幹事会社との関係が悪くなることもあります。
また自分で手配した業者を使うときには、十分に配慮した上で手配する必要があります。

費用の相場を調べるために一括見積もりをしてみるのも手

幹事会社が斡旋している引っ越し業者から、具体的に引っ越しの費用について見積もりが出てきて、金額をよく確認してみて高く感じるようであれば、相場を一括見積もりを利用して調べる方法があります。
一括見積もりはスマホやパソコンから引っ越し予定日・現住所・新居の住所・荷物の量などの情報を入力すると、最大10社から見積もりを取ることが出来ます。
これらの見積もりを参考にして引っ越しにかかる費用を複数の業者と比較してみれば、現住所から新築マンションへ自分の荷物を運搬してもらうのにかかる費用の相場が分かります。
相場の金額が分かれば、幹事会社が斡旋している引っ越し業者が提示している引っ越しの見積金額が妥当な額なのか、それともかなり高価なのかの判断が出来ます。
費用の相場を調べるために、「一括見積もり」をしてみるのも1つの手段なので、まずは皆さんも試してみてはいかがでしょうか。

相場を調べて指定された引っ越し業者に交渉してみよう

本来であれば一斉入居の指定されている引っ越し業者は、料金を入居者によって違いが出たら不公平になってしまうことから、値引き交渉には応じてくれないこともあります。
しかし引っ越し業者は常々引っ越し業者同士の競争も激しく、値引き交渉をされることにも慣れているので、提示している費用よりも安い他社の見積もりを目の前で見せられると、交渉に応じる可能性はあります。
闇雲に安くしてくれと言っても応じてくれる可能性は低いので、具体的な相場の金額を複数の業者から調べて、その金額と比較しての価格交渉はかなり有効です。
是非皆さんも一括見積もりを上手に利用して見て、相場を調べて指定された引っ越し業者に交渉してみましょう。

テレビCMでもおなじみの引っ越しの一括見積もりはこちらになります。
引っ越しの一括見積もりについて試しに見てみる

一斉入居の時に引っ越し業者が守らなければならないルールは?

一斉入居の時には、同じタイミングでたくさんの人が引っ越し作業を行う時、トラブルを回避するために、守らなければならないルールがいくつかあります。
一斉入居の時に、幹事会社の斡旋している引っ越し業者でなく、自分で選んだ引っ越し業者を利用するためには、あらかじめこういった守らなければならないルールを知っておく必要があります。
他の引っ越し業者や入居者とトラブルにならないよう、そして自分で依頼した引っ越し業者がスムーズに作業が出来るように、こうしたルールをよく理解しておきましょう。

荷物の搬入経路やエレベーターが制限される

マンションのような集合住宅の場合には、出入り口の他に通路や階段、エレベーターなど共有している所がたくさんある為に、引っ越しの時にも荷物の運搬で他の業者と重なってしまう危険性が高くなります。
そのため依頼した引っ越し業者には、現場の状況を正確に伝えた上で、荷物の搬入経路やエレベーターの位置などを確認してもらうのが一番です。
トラブル回避のためなのでと管理会社に頼んで、出来るだけ詳しく当日の引っ越しする人の状況を聞いておいて、依頼する引っ越し業者に伝えておくようにしておきましょう。

作業する時間が制限される

引っ越し業者の作業員は、それぞれ荷物の搬入作業、設置作業など様々な作業を時間で計算して計画的に行動しています。
その行動が他の引っ越し業者の作業員と通路やエレベーターなどで重なってしまい、予定よりも大幅に作業時間が掛かってしまうという危険があります。
特に次の仕事の予定が入っているとなると、時間内で終わらない場合などには、作業を打ち切って後日改めての作業となる場合も出てきてしまいます。
そのようなことにならないように、こう言った点においても十分に打ち合わせを行ってから、作業にとりかかってもらいましょう。

搬入に必要なトラックのサイズや駐車スペースが制限される

一斉入居に伴う引っ越し作業の時には、たくさんの人たちが荷物の運搬を行うために、限られたスペースにトラックを駐車しての作業となります。
特にマンション内の敷地などの場合には、駐車スペースの関係で大型のトラックや背の高いトラックは駐車できないことがあります。
幹事会社が斡旋している業者の場合には、あらかじめ地下駐車場などにも対応したトラックを利用しているので、安心して運搬を任せられます。
しかし一般の引っ越し業者の場合には、あらかじめそうした情報も伝えておかないと、後になってトラブルになる事もあるので、しっかりと情報を伝えておきましょう。

安く安全に引っ越しをするなら入居日を遅らせるのも手

幹事会社の引っ越し業者の見積もりは相場よりも高くて使いたくないけど、幹事会社や周辺の入居者と悪い関係にはなりたくないのが本音ですよね。
そんな時におすすめする方法としては、一斉入居は新築マンションの入居開始日に合わせて引っ越してしまい、同時にたくさんの人が荷物を運搬するので混乱してしまいます。
そんな理由で幹事会社としても、混乱を避けるために斡旋した指定の引っ越し業者を使う訳なので、あえて入居開始日から若干ずらして入居すれば、どこの引っ越し業者を使うのも自由になります。
引っ越し業者を自由に選べるようになれば、一括見積もりをフル活用してどこよりも安い引っ越し業者を使うことが出来るので、かなり料金は節約する事が出来るはず。
また混雑している中での引っ越し作業でもなくなるので、大事な荷物を破損したりケガをしたりするリスクも格段に低くなるので、より安全に引っ越しが出来ます。
旧居の契約解除のタイミングや家賃の問題もありますが、そこをうまく調整して引っ越しが出来れば、幹事会社や周辺の入居者との関係を悪くすることなく、引っ越しが出来る事でしょう。

テレビCMでもおなじみの引っ越しの一括見積もりはこちらになります。
引っ越しの一括見積もりについて試しに見てみる

さいごに

「新築マンションへの引っ越し。一斉入居で気を付けるべきこと」についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?
既存のマンションへの引っ越しとはちょっと違って、新築マンションへの引っ越しは幹事会社から引っ越し業者を指定されるなど、何かとやりにくいところがあります。
それだけにしっかりと正しい情報を収集しておき、円満に引っ越しが完了できて、なおかつ引っ越し料金が安く出来るように頑張ってみましょう。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。約1分間であなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

しかも今なら期間限定で最大10万円のキャッシュバックもありお得です。

一括見積りを試すならCMでもおなじみの引っ越し侍がおすすめです。

>>>自分に合った格安の引越し業者を試しに見てみる(無料)<<<




よく読まれている記事一覧

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

引越し 2

  「4月に引っ越し予定だけど引っ越し費用の相場はどのくらいなの?」 「4月の引っ越しならどの時期にしたら安くなるの?」 その様なことを思っていませんか? 毎年春は引っ越しの最繁忙期となりま ...

引越し 3

「ゴールデンウィーク中の費用はどのくらい高くなるの?」 「ゴールデンウィーク前と明けではどちらが費用が安い?」 「ゴールデンウィーク近辺だとどの日が一番引越し費用が安くなる?」 「ゴールデンウィーク近 ...

no image 4

  「5月に引っ越しをするんだけど、この時期の費用の相場ってどのくらいなの?」 「安く引っ越しをしたいけど何かおすすめの方法はある?」 あなたは、その様に思っていませんか? 天候も暖かく、ま ...

-引越しの知識
-, ,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.