アート引越センター

アート引越センターは冷蔵庫や洗濯機の処分をしてくれるの?料金はいくら?

更新日:

アート引越センターは冷蔵庫や洗濯機の処分をしてくれるの?料金はいくら?

「引っ越しを機に処分したい家電製品があるけどどうしよう…」

「冷蔵庫や洗濯機は大きくて自分で処分するのが難しい」

「アート引越センターだといくらくらいで処分してくれるの?」

引っ越しのタイミングで家具や家電製品を買い替えるという人も多いかと思います。
そんな時に問題となるのが、古くなった家電製品や家具の処分方法です。
処分にはいろいろな方法が考えられますが、引っ越し業者に引き取ってもらうのもその方法のひとつです。
では、アート引越センターではそんな家電製品の処分を請け負ってくれるのでしょうか?
詳しく解説します。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




家電製品の処分方法

粗大ゴミと引っ越し家電製品の処分方法にはいくつかの方法が考えられます。
それぞれの処分方法に関してポイントをまとめてみました。

リサイクルショップに売る

リサイクルショップに売れる電化製品はある程度限られています。
すべての家電製品が同じわけではありませんが、販売から5年以内で、見た目に傷などがなく、もちろん故障などもなく、付属品や取扱説明書などがある状態で初めて売れると思ってもらえば間違いありません。
反対に言えばこの条件が欠けるようであれば、売れることはまずないでしょう。
冷蔵庫や洗濯機のような大物電化製品は、自分でリサイクルショップに持って行くのも難しいため、引き取りをお願いする形になりますが、その引き取りも有料になりますので、十分考えてから利用するのがいいでしょう。

アプリやネットオークションで売る

スマホアプリやネットオークションでの販売は、リサイクルショップほどのハードルの高さはありません。
少々傷があろうと、付属品が欠けていようと、売れる時は売れます。
デメリットはいつ売れるか分からないことや、売れるかどうかわからないということ。
また、売れたとしても問題があります。
洗濯機や冷蔵庫のような大きな家電製品の場合、どうやって受け渡すのかなどの問題があります。
さらに、いくらで売れるかも状況次第ですので、必ず得をするかというとそうでもないのが現実です。

友人・知人・親族に譲る

友人や知人・親族に譲る場合は、その運送方法が問題です。
自力で運ぶにも、サイズが大きい場合はトラックをレンタルするなどの問題があります。
思っていた以上に費用が掛かるなどのケースがありますので、こちらも十分検討が必要でしょう。

粗大ごみで処分する

粗大ごみで処分できるゴミには制限があります。
一般的には一辺30cm以上の荷物であれば、自治体に連絡をして、自治体が定める料金を支払って処分をしてもらいます。
ただし、特定の電化製品に関しては自治体で処分できないものがありますので覚えておきましょう。

家電リサイクル法対象商品

洗濯機洗濯機、エアコン、冷蔵庫、テレビの4品目は、「家電リサイクル法」の対象商品になります。
これらの製品は、勝手に処分することは認められておらず、基本的には購入した店舗に連絡してメーカーに戻し、リサイクルで利用できるパーツはリサイクルとして活用するように定められています。
購入した店が分からない、すでに閉店してしまった、遠方で購入した場合などは、リサイクル処分業者に引き取ってもらうのがルールとなっています。

不用品処分業者に依頼する

ネット上の広告などで見かける「不用品処分業者」に依頼する方法もあります。
かかる費用は見積もりに来る料金+引き取り運送料金+処分料金となるのがほとんどです。
ちなみに広告に大きく「無料で引き取り」と書いている業者でも、まず無料で引き取ってくれることはありませんのでご注意を。
不用品処分業者に引き取ってもらうメリットは、手間がかからず多くの処分品を引き取ってくれることです。
デメリットは費用が高いことと、すべてを引き取ってもらえない可能性があるということ。
上で説明した家電リサイクル法対象商品は引き取らないという業者もいますので注意が必要です。

不用品を処分してもらうなら複数の業者に見積もりを取ろう

不用品の処分料は業者によって様々です。

一社からの見積もりだとその処分料が高いのか、安いのかが分かりません。

なので不用品の処分をお願いする場合には複数の業者に見積もりを取り、処分費用の相場を知ることが大切になります。

処分費用の相場を知ることで安い業者を見つけることができます。

「でも複数の業者に見積もりを取るのってめんどくさい…」

「どこの業者に見積もりを取ったらいいんだろう?」

何て疑問もありますよね?

そこで便利なのが「不用品引業者の一括査定サイト(無料)です。

一か入力すると最大で5社から見積もりを取ることができます。

利用時間は数分程度。

利用料が無料なのも嬉しいですね。

一度利用してみて冷蔵庫や洗濯機をいくらで処分してもらえるのか調べてみましょう。

詳しくはこちらをどうぞ。

冷蔵庫や洗濯機を安く処分してくれる業者を調べてみる(無料)

アート引越センターの不用品引き取り

引っ越しでは、アート引越センターでは電化製品や家具を引き取ってくれるのでしょうか?
アート引越センターでは基本的に不用品の引き取りを行っていません。
引き取りを行っているのは「家電リサイクル法対象商品」のみ。
つまりテレビ、洗濯機、冷蔵庫、エアコンの4品目だけになります。
これらの商品に関しては、希望すれば引き取り料金とリサイクル料金で引き取ってくれます。

アート引越センターは不用品回収してくれる?粗大ゴミや家具の処分費用はいくら?

アート引越センターの引き取り料金は?

リサイクル法対象商品の引き取り料金には、リサイクル料金が大きく影響してきます。
リサイクル料金は商品のサイズや製造年月日なども絡んできますので、一概には言えません。
洗濯機や冷蔵庫など、依頼する品目が決まったらアート引越センターに問い合わせて費用を確認しましょう。

アート引越センターに引き取ってもらうメリット

アート引越センターに洗濯機や冷蔵庫を引き取ってもらうメリットは、引っ越し当日までそのアイテムを使用できるということ、そして不用品処分業者を探す手間がないということです。
引っ越し準備で忙しいタイミングで、不用品処分業者を探して、見積もりを受け、引き取ってもらうとなると、手間がかなり増えます。
また、引っ越し作業前に不用品を引き取ってもらう必要があるので、引き取ってもらった日から引っ越し当日までは冷蔵庫や洗濯機なしで生活をする必要があります。
これらのことを考えると、同じような費用であれば引っ越し業者に依頼するのは大きなメリットといえるでしょう。

アート引越センターの不用品引き取りは?

アート引越センターで引き取ってくれる不用品は、家電リサイクル法の対象である4品目のみです。
洗濯機や冷蔵庫は対象商品なので引き取り可能ということになります。
引き取りに関する費用はケースバイケースですので、事前に見積もりを出してもらいましょう。
洗濯機や冷蔵庫に関しては、アート引越センターでも引き取ってもらえます。
しかし、言い方を変えれば洗濯機や冷蔵庫など、家電リサイクル法の対象商品しか引き取ってもらえないということにもなります。
その他にも処分したい品がある場合、別の業者を探す必要があります。
アート引越センターに引っ越しを依頼する場合、処分する家電製品が家電リサイクル法対象商品のみであれば、アート引越センターに処分をお願いしてもいいでしょう。
できれば他の処分業者と相見積もりを取ることをオススメしますが、時間や手間をかけるのが面倒であれば、アート引越センター一択でいいでしょう。
家電リサイクル法対象商品以外にも処分すべき物がある場合は、できれば他の処分業者にもあたってみましょう。
いずれにせよアート引越センターだけでは処分をしきれません。
どのみち他の業者にも問い合わせなければいけないのであれば、他の業者にも問い合わせて、相見積もりを取ることで、どちらで処分した方が安いのかを比較できます。

あまり手間をかけたくないのであれば、アート引越センター以外にも選択肢を広げることも考えましょう。
その際利用できるのは「引っ越し料金の一括見積もりサイト(無料)」です。
ここで簡単な操作で引っ越し条件を入力するだけで、複数の引っ越し業者に見積もりを依頼することが可能。
引っ越し業者の中には幅広く不用品処分を受け付けている業者もいますので、そういった業者を利用した方が安く引っ越しできる可能性があります。
一括見積もりサイトを利用して、多くの選択肢の中からあなたに合った引っ越しを見つけてください。

詳しくはこちらをどうぞ

冷蔵庫や洗濯機を安く処分してくれる引越し業者を調べてみる(無料)

関連記事になります。合わせてご覧ください。

引越し業者は冷蔵庫や洗濯機の処分はしてくれるの?

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




よく読まれている記事一覧

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

11月の引越し費用の相場は? 料金が安いのはいつくらい? 2

「11月に引越ししようと思うんだけど時期的に費用は高いの?安いの?」 「11月の引越しで費用を安くするコツはある?」 なんてあなたは思っていませんか? 10月は3月ほどではないですが、引っ越しシーズン ...

12月の引っ越し費用の相場は? この時期の料金は高い?安い? 3

「12月に引っ越し予定だけど費用の相場はどうなの?」 「年末だし引っ越しの費用は高いんだよね?安いタイミングはある?」 なんて疑問はありませんか? 年度末、クリスマスやお正月に向けて何かとあわただしい ...

-アート引越センター
-, , , ,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.