引越しの知識

引っ越しで出た粗大ゴミの処分はどうするの?業者が回収してくれるの?

投稿日:

粗大ゴミと引っ越し

「引っ越しを機に電化製品を一新したいんだけど、不要になった電化製品をどうしよう?」

「大きい家具が不要になるけど処分の方法は?」

「引っ越し作業で出たごみはどうすればいい?」

引っ越し作業と同時進行で考えたいのがゴミの処理です。
ここでゴミというのは、大型の電化製品や家具などの粗大ゴミを中心に、引っ越し当日に出たゴミも含めて解説いたします。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




粗大ゴミの処分方法は3パターン

引っ越しを機会に家電製品や家具を買い替える方は多いです。
こうした粗大ゴミの処分方法を考えると、基本的には3種類になります。
この3つのパターンに加え、「家電リサイクル法対象商品」の処分方法も確認しておきましょう。

不用品処分業者に依頼する

まずは、大型のゴミや不用品を回収してくれる業者にお願いするパターンです。
不要ゴミの処分業者の中には、処分と同時に買い取りを行っている業者もありますので、買取も視野に入れている場合は回収業者にお願いするのもひとつの方法です。

回収業者に依頼するメリット

回収業者に回収を依頼した場合、基本的に引っ越し当日までに不用品を処分できますので、引っ越しの荷造りがやりやすくなることが挙げられます。
また、買取も行っている業者に依頼すれば、処分を依頼する物次第では買取も行ってもらえますので、処分費用がかからない可能性もあります。

回収業者に依頼するデメリット

デメリットとしては、まず業者を探す必要があるということ。
引っ越しの準備期間は、ただでさえ忙しくなります。
その忙しい中で、さらに処分業者を吟味するのはかなりの手間といえます。
さらに費用の面では、見積もりが有料の業者が多く、見積もりだけでおよそ3,000~5,000円程度必要になります。
また、処分には「基本料金」や「トラックチャーター代」が含まれることが多く、比較的高額になるケースが目立ちます。
もうひとつ言えば、不用品といえど引っ越し前に回収されますので、回収されてから引っ越し当日まではその家具なり家電製品ナシの生活になることも考えられます。

回収業者を選ぶ場合の注意点

不用品の回収業者を選ぶ際にはいくつか注意が必要なポイントがあります。
まず、「無料で回収」などと、無料をアピールしている業者には注意しましょう。
不用品回収業者の中には、法律に違反するような処分をする業者がいるのも事実。
こういった業者ほど「無料」を看板に廃品を集める傾向にあります。
また、こういった違法業者の「無料」はまず間違いなく「無料」ではありません。
「不用品を回収する」ことじたいは無料ですが、「出張回収料金」、「トラックチャーター料金」、「人件費」、「ガソリン代」などは有料となり、結局合法な不用品処分業者よりも高額な手数料を請求することも少なくありません。
不用品回収業者を選ぶ場合は、「無料」という言葉に惑わされずに、「一般廃棄物収集運搬業の許可」(不用品を回収する認可を受けている許可証)、「古物商の許可」(リサイクル業者に必要な許可証)を持っている業者を選ぶようにしましょう。

不用品回収業者にお願いするなら複数の業者に見積もりを取る

不用品回収をしてもらう場合には費用がかかります。
なので事前にいくらくらいになるのか見積もりを取る必要があります。
しかし、一社からの見積もりではその額が高いのか安いのか分かりません。
なので必ず複数の業者に見積もりを取って費用の相場を知ることが大切になります。

「でも複数の業者から見積もりを取るのはめんどくさい…」

ということもありますよね。

そういう場合におすすめなのが「不用品業者の一括見積もり(無料)」になります。

2分程度の入力で最大5社まで見積もりを取ることができます。
あなたの粗大ゴミに合った業者を見つけることができるでしょう。

詳しくはこちらをどうぞ。

粗大ゴミを安く回収してくれる業者を調べてみる(無料)

引っ越し業者に処分を依頼する

粗大ゴミと引っ越し引っ越し業者でも不用品の処分を請け負っている業者は少なくありません。
そこで、引っ越しと同時に不用品を処分するパターンについて考えてみましょう。

引っ越し業者に依頼するメリット

引っ越し業者に依頼するメリットを考えると、まずは業者の選ぶ手間が不要になるという点が挙げられます。
上でも触れた通り、引っ越し準備の忙しいタイミングで、不用品処分業者を選定するのはなかなか面倒な作業です。
これを省略できるだけでもかなりのメリットといえます。
また、引っ越し業者に依頼すると、引っ越し当日に不用品を引き取ってもらえます。
つまり、処分する予定の不用品とはいえ、引っ越し当日ギリギリまで使用できるのもメリットといえるでしょう。

引っ越し業者に依頼するデメリット

続いてデメリットを考えてみましょう。
引っ越し業者でも不用品の回収はしてくれますが、その処理までをすべて自社で行える業者はほとんどありません。
つまり、回収した不用品は、提携する不用品回収業者や産業廃棄物処理業者に委託して処理することになります。
この時当然費用が発生するわけで、その費用の負担は利用者である我々ということになります。
もちろん引っ越し業者がそこに利益を乗せていれば、その分必然的に費用は高くなるということになりますが、このあたりは処分する荷物の量や種類、そして業者の対応によって変わってきますので、必ず高くなるというわけではありません。
ただし、高くなる可能性があるという点ではデメリットと言っていいでしょう。

不用品回収サービスを提供している引っ越し業者

多くの引っ越し業者が不用品の回収を行っています。
その一部をご紹介しましょう。
ここでは大手引っ越し業者を中心に紹介しますが、もちろん同様のサービスを行っている中小業者もあります。

大手引越し業者の不用品処分&買取
処分買取処分できない物(一例)買取できない物(一例)家電リサイクル法対象品申し込み方法
サカイ引越センター・生ごみ類
・仏壇
・金庫
・パソコン
・土砂類
・中古の衣類
・有名人のサイン
・ひな人形&五月人形
・5年以上前に購入した家電製品
・Windows Vista以前のパソコン
処分&買取可能訪問見積もり時に
担当営業に処分を希望する不用品を
申告し見積もりをもらう
アーク引越センターHP上に詳細な記載ナシ
要電話確認
処分可能
(FC店舗は未対応の店舗アリ)
HP上に詳細な記載ナシ
要電話確認
アリさんマークの引越社HP上に詳細な記載ナシ
要電話確認
処分可能引越し前に申し込みが基本も、
品目や量によっては引越し当日の
申し込みも可能
日通HP上に詳細な記載ナシ
要電話確認
処分可能訪問見積もり時に申告
引き取りは提携している外部業者が、
引越し前日までの希望日に引き取り
ヤマト運輸・生ごみ類
・パソコンなど
・布製の家具類
・エアコン
・ブラウン管テレビ
・購入から6年以上経過した家具
・製造から6年以上経過した家電製品
事前に郵便局で
「家電リサイクル券」を購入して
申し込みすれば可能
(買取時)
訪問見積もり時に申し込んで、
その場か引越し当日に査定を行う

ほとんどの業者が回収処分には対応しており、一部業者が買い取りも行っているというのが現状のようです。
ただし買取には様々な条件が付くようなので、その点は逐一確認が必要といえるでしょう。

行政に粗大ゴミとして回収してもらう

引っ越し一般的に「大きなゴミ」を出すのであれば、各自治体に連絡して粗大ゴミとして回収してもらうのが一番身近な方法です。
ただしこの方法にもメリットやデメリットがありますのでご注意ください。

粗大ゴミ回収のメリット

最大のメリットは費用が安いということ。
自治体によって回収費用は変わりますが、食器棚のような大型家具を出しても、1,500~3,000円程度の費用で済みます。
申し込み自体もPCやスマホがあれば簡単にできますし、回収に必要となるシールもコンビニエンスストアで購入可能。
時間と体力がある方はこの方法が確実です。

粗大ゴミ回収のデメリット

反対にデメリットを考えると、「自由に出すことができない」ということが挙げられます。
自治体ごとに粗大ゴミの回収日程は決まっており、基本的には週一回です。
しかも申し込んだタイミングによっては2週間後の〇曜日などと指定されることもあり、このタイミングが引っ越し作業日以降ですと、処分することができません。
そうならないように早めに出せばいいのですが、そうすると引っ越し前数週間は、その処分した家具や家電製品ナシの生活となります。
さらに行政の粗大ゴミ回収は、ゴミ置き場で回収するのが一般的です。
どれだけ大型の荷物であろうと、家の中まで引き取りに来てはくれません。
ゴミ置き場までは自力で運ぶ必要があります。
成人男性が複数いるご家庭ならまだしも、女性の一人暮らしや男性が1人しかいないご家庭では運ぶのが難しい荷物もあるでしょう。
また、戸建てならいいですが、マンションやアパートでしかもエレベーターがないとなると、もはやゴミ置き場まで運ぶことが不可能になります。

家電リサイクル法対象商品は?

引っ越しと処分家電リサイクル法とは、特定の家電製品を処分するときは、リサイクルを目的として各メーカーに戻してきっちりリサイクルを行おうという法律。
この法律に定められている対象商品は、「テレビ」、「エアコン」、「冷蔵庫」、「洗濯機」の4点になります。
この4つの家電製品に関しては、自由に捨てるのはもちろん、自治体の粗大ゴミ回収にも出すことはできません。
「家電リサイクル券」というチケットを用意し、特定の業者に回収してもらうしかありません。

家電リサイクル法対象商品の処分方法

基本的な流れとしては、購入した店舗に連絡をして回収してもらうことになります。
購入した店舗が分からない、遠い、無くなってしまったなどという場合は、近隣の電化製品取扱店でも対応してもらえることがあります。
家電リサイクル券に関しては、購入時に一緒にこの券も買っているケースがあります。
これは販売店が販売時にセットで売っているケースで、すでに持っている場合はそのチケットを利用します。
いろいろ探したけど見当たらないという場合は、近くの郵便局で購入することができます。
リサイクル券が必要な商品の種類と、その型番などを控えて郵便局に行きましょう。
他にも、回収業者が代行でチケットを購入してくれるケースもあります。
むしろ回収業者にお願いする場合は、このケースがほとんどでしょう。

回収業者はどうやって見つける?

家電リサイクル法に関しては、比較的新しい法律でもあり、その回収業者の取り締まりもまだ完全ではありません。
そういった背景もあり、違法な業者が多いことが問題となっています。
違法な業者に当たってしまうと、高額な処分費用を請求された上に、きちんとリサイクルせずに最悪のケースでは不法投棄をして終わらせるなんて業者もいるようです。
こうした業者を素人で見抜くのは難しく、ネットなどで自力で探すのはあまりオススメできません。
間違いなく優良な業者を見つけるのであれば、引っ越し業者と提携している業者に依頼するか、各自治体の粗大ゴミを担当する部署に教えてもらうのがいいでしょう。

結局どの業者にお願いするのがお得?

引っ越しこれはどこにぽいんンとを置くかで意見が分かれるところですが、「少々不便な思いをしても安く済ませたい」というのであれば、自治体の粗大ゴミ回収、「多少高くなっても手間なく済ませたい」のであれば引っ越し業者にお任せというのが結論でしょう。

自治体の粗大ごみ回収不用品回収業者引っ越し業者
メリット・費用が抑えられる
・業者探しの手間がない
・部屋から運び出してくれる
・買取をしてくれる可能性も
・部屋から運び出してくれる
・引越し当日まで不用品を使用できる
・買取をしてくれる可能性も
・業者探しの手間がない
デメリット・部屋から自力で運び出す必要がある
・回収日が決められている
・費用が高くなる可能性がある
・業者の選定をする手間がかかる
・悪徳業者を見抜くのが難しい
・費用が高くなる可能性がある
家電リサイクル法
対象商品
処分することはできない処分できる業者もある処分できる業者もある

各手段におけるメリットとデメリット、また家電リサイクル法対象商品の扱いをまとめてみました。
もちろん処分する荷物の量や種類によってメリット・デメリットが変わる可能性はありますが、基本的にはこの考え方で間違いないでしょう。

不用品の処分手順を考える

オススメの手順としては、できるだけ早めに引っ越し業者を見つけ、そこで不用品の処分に係る金額の見積もりを出してもらいます。
これに関しては、訪問見積もりをしてもらい、実際に営業担当者に見てもらうといいでしょう。
引っ越し業者から見積もりが出たら、今度は自治体の粗大ゴミで回収してもらった場合の費用を計算します。
これはスマホやPCがあれば処分費用が出ていますので、各自治体のHPから探してみてください。
双方の金額を見比べて、金額の差とかかる手間の差を天秤にかけ、自分に合っている方で処理をすればいいでしょう。

引っ越し業者が回収してくれないゴミとは?

引っ越し業者は、お願いしておけば大抵の不用品は回収してくれます。
しかし、そんな引っ越し業者でもまず回収してくれないのが「生活ゴミ」です。
いわゆる普通に生活していて出てしまうゴミですが、こういった一般ゴミに関しては、ほとんどの引っ越し業者が回収してくれます。
特に水気があり、水分が外部に漏れる可能性が高い「生ゴミ」に関しては、どの業者もトラックに載せてくれません。
ニオイは一度つくとなかなか落ちないので、生ごみのニオイが荷台に染み付くと、そのトラックはしばらく引っ越し作業で使えなくなるからです。
引っ越し業者は生活ゴミは回収してくれない。
これは覚えておきましょう。

最後に

引っ越しの前後は多くのゴミが出るものです。
引っ越しを機に買い替える物があったり、引っ越しを機に断捨離を行ったり、ゴミが出るのは間違いありません。
問題となるそのゴミの処分ですが、まず生活ゴミは自分で自治体のルールに従って捨てるようにしましょう。
普通のゴミ回収では捨てられない大きな不用品の処分に関しては、引っ越し業者か粗大ゴミの回収で処分します。
では、どの引っ越し業者にお願いすればいいのか?
これは「引っ越し料金の一括見積もりサイト(無料)
わずか1分足らずの条件入力で、複数の引っ越し業者にまとめて見積もりの依頼をすることができます。
その中から不用品の処分費用を含めた引っ越し料金が一番安い業者を探し出しましょう。
もちろん不用品の買取サービスなど、費用と同時に各社のサービスも比較することができますので、最善の条件で引っ越しをすることができるようになります。

詳しくはこちらをどうぞ。

粗大ゴミを安く処分してくれる引っ越し業者を調べてみる(無料)

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




よく読まれている記事一覧

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

7月の引っ越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい? 2

「7月に引っ越す予定だけど、この時期は引っ越し費用は高いの?安いの?」 「7月に引っ越しするけど、どの時期に引っ越すと安いの?」 そういう疑問はありませんか? 7月の引っ越しで影響が出てくるのは梅雨と ...

6月の引越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい? 3

「6月に引越し予定だけど、費用ってどのくらいなの?」 「結婚をしたのでこれから新居に引っ越すんだけど、6月の費用の相場はどうなの?」 あなたはその様なことを思っていませんか? 春の引越し繁忙期も終わり ...

-引越しの知識
-, , ,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.