引越しの荷造り

引越しで靴の荷造りはどうするの?梱包や詰め方などコツを解説

投稿日:

 

「ハイヒールやブーツはどうやって梱包すればいいの?」

「引越しで靴が変形しないように梱包したい」

「靴を梱包する際に注意すべき点は?」

どのご家庭でも一定数揃っているのが靴です。
男性社会人の場合は、仕事で履いている革靴を変形しないように梱包したい、女性の方の場合はハイヒールやブーツなど、靴のサイズがまちまちで梱包しづらいといった悩みがあるようです。
そこで今回は上手な靴の梱包方法について解説していきたいと思います。

 
損してる?格安の引越し業者を見つけよう
複数の引越し業者に見積もりを取ることで最大50%も安い業者を見つけることができます

利用料は無料で1分程度で見つけることができます。

今なら期間限定で最大10万円のキャッシュバックもありお得になっています。

詳しくはこちら。
自分に合った格安の引越し業者を見つけるならこちら(無料)


一番注意すべきは「型崩れ」と「変色」

第一に考えたいのが「型崩れ」と「変色」に対する対策です。
靴は中身が空洞のため、ちょっとした圧力で靴自体が変形しやすい特徴があります。
また、白い靴と色付きの靴が擦れ合うことで、白い靴に色が移ってしまうことも。
せっかく大切に履いている靴を、引越しのせいで台無しにしないように、きっちり対策を練りましょう。

型崩れ対策

型崩れの対策で一番簡単なのは、靴の中に古新聞など紙を詰めることでしょう。
新しい靴を購入すると、靴の中に紙が詰められているかと思います。
その状態に近づける方法です。
さらに万全の対策となるのと、購入した時の箱に入れるということ。
購入した時の箱は、基本的にその靴のサイズに合わせて作られていますので、その靴をしまうには最適な箱といえます。
購入した時の箱を保管してあるのであれば、その箱に入れて運ぶようにしましょう。
他に梱包時に気を付けるポイントはありますが、それに関しては後程梱包の項目で説明したいと思います。

変色対策

他の靴への色移りを防ぐわけですから、古新聞やエアパッキンなどをりようして、靴を一足一足包むのが効果的な方法になります。
また変形対策同様に、その靴を購入した時の箱に入れて梱包するのも他の靴と接触しないので有効です。

段ボールへの梱包のコツ

靴をまとめて段ボールに詰める場合、いくつか注意しておくといいポイントがありますので確認しておきましょう。

靴の底を合わせて横向きに入れる

靴を段ボールにまとめて複数詰める場合、まずは靴の底同士を合わせるようにします。
この時つまさきとかかとを互い違いになるようにするのがポイントです。
もちろんこの時すでに変形対策として靴の中に古紙を詰めておくといいでしょう。

他の靴と触れ合わないように

段ボールの底に何足か靴を並べて詰める場合は、それぞれが直接触れないように、1足ずつエアパッキンや古新聞でくるむか、間に古新聞などで壁を作るなどしておきましょう。

二段以上に重ねる場合は?

段ボール内で二段以上に重ねる場合は、上下の靴の間にも古新聞を詰めるようにしましょう。
あとは二段目も一段目と同じ要領で詰めていきます。
段ボールの中で二段以上詰め込む場合は、下の段にあまり変形が気にならない靴を入れるのがオススメ。
スニーカーやサンダルなどを下段に、上段に革靴やハイヒールなどを入れるようにしてください。

特殊な形状の靴は?

革靴やスニーカーなど、比較的詰め込みやすい靴は、上記の要領で詰め込めば問題ありません。
ここで問題となるのがブーツやピンヒールなど特殊な形状の靴についてです。
まずブーツですが、できれば立てたまま梱包するのがベストです。
その際、ブーツが倒れないように、段ボールなどを利用して中に筒状の緩衝材を入れ、変形を防ぎましょう。
ひざまであるような高いデザインのブーツの場合、立てたままの梱包は無理があります。
段ボールに寝かせて梱包することになりますが、こういった場合は筒状の梱包材だけではなく、古紙を詰め込むなどしてさらに変形しないような対策が必要になります。
続いてピンヒールですが、できれば購入時の箱に入れるのがベストです。
そんな箱がない場合で、他の靴と一緒に詰める場合は、必ず1足ずつエアパッキンなどで梱包しておきましょう。
通常のハイヒール以上にヒールが細いため、ここを慎重に梱包しておかないと、同梱した他の靴に傷つける可能性があります。
十分注意しましょう。

段ボール以外の梱包資材

靴を梱包するには、購入した時の箱や段ボール以外にも梱包資材があります。
そんな梱包資材を紹介しましょう。

100円均一ショップなどのシューズケース

近年では多くの100円ショップで「シューズケース」が売られています。
これは靴単体を収納することができるプラスチック製のケースで、靴を個別に収納できるので、変形や色移りの心配がありません。
多少費用が必要なこと以外にデメリットを考えると、靴だけで箱の数が多くなるため、搬出搬入に加え、開梱の手間も増えることが考えられます。
また、通気性の低いケースが中心になるので、できれば箱の中に乾燥剤などを入れて、カビなどの発生を抑える工夫をしておきましょう。

各引越し業者の専用ケース

このように靴の梱包には手間や資材がかかる傾向にあります。
これは当然引越し業者も分かっていることであり、大手の引越し業者の中にはシューズ専用ボックスを用意している業者もあります。
そんな引越し業者の専用ボックスをご紹介しましょう。

アート引越センターのエコ楽シューズボックス

アート引越センターでは、リユース可能なシューズ専用ボックスのレンタルをしています。
中板が自由に設定できるので、背の高いブーツなども簡単にしまうことができます。
アート引越センターの基本プランを申し込んだ方は基本的に無料で利用できますが、シューズケースの数には限りがあるので、引越し繁忙期などは早めにレンタルを申し込むといいでしょう。

サカイ引越センターのシューズボックス

サカイ引越センターもリユース可能なシューズボックスをレンタルしています。
通常は2つまでレンタル可能ですが、こちらも引越し繁忙期などはレンタル数に制限が発生する可能性があります。

アーク引越センターのシューズボックス

アーク引越センターについても同様です。
見積もりをお願いするときに、シューズボックスを何個レンタルできるか確認しておきましょう。

緩衝材を十分に用意しましょう

靴の梱包は意外と手間がかかります。
特に必要になるのが古新聞やエアパッキンのような緩衝材。
十分に用意してから梱包しましょう。
梱包の際は、まず靴の汚れを落とし、型崩れや色移りをしないように梱包してください。
一つの段ボールに大量の靴を詰め込んでしまうと、下になった靴が変形しやすくなりますので、それなりのサイズの段ボールに分散して詰めるのをオススメします。
100円ショップで売っているシューズケースや、靴を購入した時の箱を利用するのも有効な方法です。
引越し業者がシューズボックスをレンタルしてくれるのであれば、特に大切な靴はこのシューズボックスを利用するのが一番です。

引越し業者のシューズボックスを利用したいのであれば、「引っ越し料金の一括見積もりサイト(無料)」を利用するのもひとつの方法です。
このサイトで条件入力をする際に、「シューズボックスのレンタル」を希望すれば、シューズボックスをレンタルしてくれる複数の業者の見積もりを手にすることができます。
その中から安くてサービスのいい引越し業者を選んで、引越しを依頼するようにしましょう。

引っ越しの一括見積りでお得に引越しをする

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。約1分間であなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

しかも今なら期間限定で最大10万円のキャッシュバックもありお得です。

一括見積りを試すならCMでもおなじみの引っ越し侍がおすすめです。

>>>自分に合った格安の引越し業者を試しに見てみる(無料)<<<




よく読まれている記事一覧

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

引越し 2

  「4月に引っ越し予定だけど引っ越し費用の相場はどのくらいなの?」 「4月の引っ越しならどの時期にしたら安くなるの?」 その様なことを思っていませんか? 毎年春は引っ越しの最繁忙期となりま ...

引越し 3

「ゴールデンウィーク中の費用はどのくらい高くなるの?」 「ゴールデンウィーク前と明けではどちらが費用が安い?」 「ゴールデンウィーク近辺だとどの日が一番引越し費用が安くなる?」 「ゴールデンウィーク近 ...

no image 4

  「5月に引っ越しをするんだけど、この時期の費用の相場ってどのくらいなの?」 「安く引っ越しをしたいけど何かおすすめの方法はある?」 あなたは、その様に思っていませんか? 天候も暖かく、ま ...

-引越しの荷造り
-, ,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.