サカイ引越センター

サカイ引越センターは家具や家電などの不用品は処分してくれるの?費用はいくら?

投稿日:

 

「引っ越しを機に出る不用品の回収ってお願いできる?」

「不用品回収の費用は?」

引っ越しを機に電化製品や家具を買い替えるという方も多いかと思います。
そんな場合には、不用品回収業者を探したり、行政の行っている粗大ごみの回収サービスを利用したりと、捨てるにしてもいろいろな手続きや費用が必要となります。
費用はある程度仕方ないにしても、あまり手間をかけたくない場合は、不用品の処分を引っ越し業者にお願いするケースも考えられます。
では、サカイ引越センターでは、このような不用品の回収や処分に関してどのようなサービスを提供しているのでしょうか?
サカイ引越センターのサービスを詳しく解説します。

 
損してる?格安の引越し業者を見つけよう
複数の引越し業者に見積もりを取ることで最大50%も安い業者を見つけることができます

利用料は無料で1分程度で見つけることができます。

今なら期間限定で最大10万円のキャッシュバックもありお得になっています。

詳しくはこちら。
自分に合った格安の引越し業者を見つけるならこちら(無料)


不用品の処分には費用が必要

これまで使っていた家電製品や家具は、処分をするにも費用が必要となります。
どのようなアイテムにどのような費用が必要となるのか?
処分方法によってどの程度費用に差が出るのかを調べてみました。

行政の粗大ごみ回収サービス

もっとも費用がかからない処分方法が、行政による粗大ごみ回収サービスを利用することです。
処分するアイテムの一辺の長さが30cmを超える場合、一般の可燃ごみでは出せなくなり、すべて粗大ごみとして回収してもらう必要があります。
粗大ごみを捨てる場合には、まず各自治体のHPなどで、捨てるアイテムごとに必要な処分料金を調べます。
そしてHP上か電話で回収の予約をし、必要な分の「有料ごみ処理券」を購入して処分するごみに貼付して、回収日に回収箇所に運び出せば回収をしてもらえます。
回収に必要な処分料金は、自治体ごとに設定されていますので、お住まいの自治体で確認してください。
参考までに東京都中野区の処分料金を掲載しておきましょう。

・ソファ(2人掛け以上)…2,000円
・トースター…400円
・オーディオラック(高さ+幅=180~270cm)…1,200円
・傘立て…400円
・鏡台(高さ70cm以上)…1,200円
・こたつ(天板を除く)…400円
・こたつ天板…400円
・自転車(16インチ以上)…800円
・食器棚(高さ+幅=360cm以上)…2,800円
・座卓(最大辺150cm以上)…1,200円

他にも細かく料金が設定されていますので、必ずお住まいの自治体に電話をするか、HPで確認して「有料ごみ処理券」を購入しましょう。

不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者に処分を依頼する方法もありますが、費用としては粗大ごみに比べてかなり高額になります。
粗大ごみとの最大の違いは、回収業者は自宅まで引き取りに来てくれるという点でしょう。
粗大ごみによる処分は、費用としては格安になりますが、回収する場所まで自分で持って行く必要があります。
一般的には自宅の玄関先であったり、マンションの場合入り口付近であったりが回収場所ということになります。
自転車や傘立て、トースターのように簡単に運べるごみならいいのですが、大型の食器棚や二段ベッド、カウチソファなどになると、一人で運ぶのはほぼ不可能。
どうしても自分で回収場所まで運べない場合は、回収業者に頼る方法もあります。
回収費用は業者によりですが、回収作業代と処分料金、さらにトラック使用料などが必要になるケースが多くなります。

不用品回収業者に依頼するなら複数の業者に見積もりを取ろう

不用品の回収費用は業者によって様々です。

ですので不用品を回収してもらうなら見積もりを取ることが重要になります。

一社からの見積もりだとその費用が高いのか安いのか分かりません。

なので見積もりを取る場合は複数の業者に依頼することが大切になります。

複数の業者に見積もりを取ることで費用の相場を知ることができます。

費用の相場を知ることで費用の安い業者を見つけることができるでしょう。

「でも複数の業者に見積もりを取るのってめんどくさい…」

「どこの業者に見積もりを取ればいいのかわからない…」

何てこともありますよね。

そういう場合に便利なのが「不用品回収業者の一括見積もりサイト(無料)」になります。

一回入力をするだけで最大で5社まで見積もりを取ることが可能です。

5社の見積もりを比較することで費用の相場を知ることができます。

利用の所要時間は数品程度になります。
利用料は無料です。

詳しくはこちらをご覧ください。

あなたに合った最安値の不用品業者を調べてみる(無料)

粗大ごみでは処分できないアイテムも

引っ越しを機に処分する家電製品の中には、粗大ごみで処分できないごみもあります。
それがリサイクル法で定められたアイテム。
「家電リサイクル法」で指定されているのが、洗濯機、エアコン、冷蔵庫、テレビの4アイテム、そして「パソコンリサイクル法」で指定されているパソコン本体がその対象です。
これらのアイテムを処分する場合は、専門の業者などに依頼し、リサイクル料金とともに処分を依頼する必要があります。
リサイクル料金は各アイテムの型番やサイズごとに定められていますので、「RKC一般財団法人家電製品協会」のHPなどを確認してください。

サカイ引越センターで不用品を処分できる?

ではサカイ引越センターで、不要になった家電製品や家具を処分できるのでしょうか?
サカイ引越センターでは、基本的にこういった不用品処分のサービスは行っていません。
ただし、一部エリアにおいては、委任状が必要になりますが不用品の処分を代行しているエリアもあるようです。
では、サカイ引越センターでは不要になった家具や家電製品は一切処分できないのでしょうか?

サカイ引越センターの不用品買取りサービス

通常引っ越し業者の不用品買取りサービスは、提携している不用品回収業者に引き渡す形になります。
引っ越し業者は引っ越しを機に出る不用品を回収し、それを回収業者に渡します。
不用品回収業者は渡された不用品をリサイクルしリサイクル業者に卸したり、需要の高いパーツを抜き取って販売したりします。
さらに引っ越し業者が作業中に破損させてしまった家電製品などが出た場合、同等クラスの代替品を引っ越し業者に、補償交換用に安く譲ったりしています。

サカイ引越センターの場合は、自社でリサイクルショップを経営しています。
自社経営のリサイクルショップがあるので、他の引っ越し業者に比べて、買取りをしてくれるアイテムの種類は多いといえるでしょう。
サカイ引越センターで引っ越しをするのであれば、まず不用品を買取りしてもらえるか見積もりをしてもらうのがいいでしょう。

買取りができない不用品は?

通常の引っ越し業者以上に買取りの間口は広いサカイ引越センターですが、それでも買取り不能なアイテムはあります。

・中古の下着や型の古い衣類など
・ウエディングドレスなど用途が限定的な衣類
・絵画など評価の難しい美術品
・5年以上前に購入した家電製品
・Windows Vista以前のPC

これらのアイテムは査定以前に買い取り対象外となりますのでご注意ください。

サカイ引越センターの買取り方法は?

サカイ引越センターで不用品を買い取ってもらうには3つの方法があります。
それぞれの方法のメリット・デメリットを知っておきましょう。

持ち込み買取り

まずはサカイ引越センターが経営するリサイクルショップに不用品を持ち込んで査定してもらう方法です。
メリットは即日で買取りしてもらえるかどうか査定が完了するということ。
デメリットは自分で持ち込む必要があるということと、リサイクルショップの場所が限られているということでしょう。
ちなみにリサイクルショップは、千葉県柏市と大阪府吹田市の2店舗のみになります。

出張買取り

出張買取のメリットは自力で運ぶ必要がないので、大型の家具や家電製品でも買い取ってもらえること。
デメリットはまず電話で査定のアポを取り、査定が完了したら後日引き取ってもらうという形になるので、ある程度日数が必要になるということでしょう。

宅配買取り

サカイ引越センターに電話やネット経由で連絡すると、宅配用の送付キットが送られてきます。
送られてきた送付キットに買い取ってほしいものを詰めて着払いで送ると、後日査定結果が送られてきます。
その査定金額が納得できるものであれば、その時点で買い取ってもらえるというシステムになります。
自宅にいるだけで、無料で査定をしてもらえるシステムですので手間がかからないのがメリットで、段ボールに入りきらない荷物は買い取ってもらえないのがデメリットといえるでしょう。

サカイ引越センターと不用品処分

サカイ引越センターでは、基本的に不用品の処分はしていません。
ただし、諸々条件が合う荷物に関しては、買取りサービスを行っていますので、こちらを利用するのはアリでしょう。
ただし、最終的な処分はサカイ引越センターではできませんので、買取りができなかった不用品の処分の方法は別に考えて準備しておく必要があります。
粗大ごみとして回収してもらうか、不用品回収業者に引き取ってもらうか、友人知人に譲るのか、ネットオークションで売却するのか。
どの方法にもメリットやデメリットはありますので、ご自身の状況にあった方法をとりましょう。

こういった手間が面倒だという方は、不用品の回収も行っている引っ越し業者を探すと、処分についての手間を省くことが可能。
そんな業者を探すのであれば、「引っ越し料金の一括見積もりサイト(無料)」を利用しましょう。
いろいろな条件を入力したうえで、気になる引っ越し業者を選んで見積もり依頼を出すことで、複数に業者から見積もりを出してもらうことができます。
不用品の回収をしてくれる業者や、回収はしないものの他のサービスが充実しているサカイ引越センターのような業者など、いろいろなタイプの業者の見積もりを見比べることで、もっとも安い業者や、もっともサービスが充実している業者などを見つけることができます。
その中からご自身の希望に一番近い業者を見極めましょう。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

引っ越しで出た粗大ゴミの処分はどうするの?業者が回収してくれるの?

引っ越しの一括見積りでお得に引越しをする

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。約1分間であなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

しかも今なら期間限定で最大10万円のキャッシュバックもありお得です。

一括見積りを試すならCMでもおなじみの引っ越し侍がおすすめです。

>>>自分に合った格安の引越し業者を試しに見てみる(無料)<<<




よく読まれている記事一覧

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

引越し 2

  「4月に引っ越し予定だけど引っ越し費用の相場はどのくらいなの?」 「4月の引っ越しならどの時期にしたら安くなるの?」 その様なことを思っていませんか? 毎年春は引っ越しの最繁忙期となりま ...

引越し 3

「ゴールデンウィーク中の費用はどのくらい高くなるの?」 「ゴールデンウィーク前と明けではどちらが費用が安い?」 「ゴールデンウィーク近辺だとどの日が一番引越し費用が安くなる?」 「ゴールデンウィーク近 ...

no image 4

  「5月に引っ越しをするんだけど、この時期の費用の相場ってどのくらいなの?」 「安く引っ越しをしたいけど何かおすすめの方法はある?」 あなたは、その様に思っていませんか? 天候も暖かく、ま ...

-サカイ引越センター
-, , ,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.