通信関係の引越し手続き

引越し時の新聞紙の解約手続きはどうしたらいいの?徹底解説します

更新日:

小学生

「引越しをするんだけど新聞紙の解約手続きはどうしたらいいの?」

「新聞紙の解約するとお金がかかるの?」

「いつまでに新聞紙の解約手続きをしたらいいの?」

なんてあなたは思っていませんか?

引越しをすることになった時、新聞紙の購読をしていた場合は解約の手続きをしなくてはなりません。
ですが、購読している新聞を途中で解約するということはあまり多くはないため、その方法についてはわからない場合が多いでしょう。
そもそも途中で解約ができるのか、契約違反にならないのか等、多くの人が不安や疑問に思う点について、解説してみます。

 
損してる?格安の引越し業者を見つけよう
複数の引越し業者に見積もりを取ることで最大50%も安い業者を見つけることができます

利用料は無料で1分程度で見つけることができます。

今なら期間限定で最大10万円のキャッシュバックもありお得になっています。

詳しくはこちら。
自分に合った格安の引越し業者を見つけるならこちら(無料)


引越しを理由に新聞を解約できる?

新聞紙

結論から言うと、引越しを理由とする「新聞の購読契約の途中解約」は可能です。
もともと引越しの予定があるとわかっているのに契約をした場合でも、途中解約は可能です。
ただし、その場合、販売店によっては高圧的な対応をとることもありますので、事前に引越しがわかっている場合は契約を避ける努力をしたほうが無難です。

途中解約になるから違約金が必要?

引越しを理由にした新聞の購読契約の途中解約には、違約金がかからない場合がほとんどです。
というのは、引越しが以前から何ヶ月もの時間をかけて予定されていたものというよりも、突発的に発生したものである可能性が高いからです。
そのため、本来ならば契約という行為に対する責任の重さを考えれば「どちらか一方による勝手な解約の申し出」は違法行為となりますが、引越しについては例外的に対応してもらえる場合が多いのです。

しかし、年間契約など長期間の購読を約束していた場合、中には契約違反として違約金を請求してくる販売店もないとは言い切れません。
突然のことでとても残念だが遠方への引越しだから継続できないと、丁寧に解約を申し出てみると良いでしょう。

洗剤などもらったものは返すの?

契約時に勧誘のスタッフが手土産として洗剤やお米券などさまざまなものを持って来ますが、解約したからといって返却する必要はありません。
そもそも、そういった手土産を契約時に持ってくること自体が違法行為に当たるため、大きな声で「返せ」とは言えないのが現実なのです。

何日前くらいまでに連絡するもの?

引っ越し

引越しによる新聞の解約の連絡は、引越し日が決まった時点ですみやかに行うのが理想的です。
引越しが決まると準備や荷造りなどで忙しくなり忘れてしまうこともあるかも知れませんが、遅くとも引越し日の1~2週間前までには連絡を済ませておくようにするとトラブルなく解約できる可能性が高くなります。

また、新聞の購読解約の連絡は、電話あるいは直接訪問して行うことになっています。
購読申し込みや登録情報の変更はホームページからでもできる場合がありますが、解約手続きについてはホームページからは行えません。

どこに連絡すればいいの?

新聞解約の連絡は、実際に新聞を配達してくれている販売店、配達員にするのが一般的です。

連絡先がわからない場合は?

購読契約をしたのが販売店から直接来たスタッフではなく、勧誘専門のスタッフであった場合、どの販売店から配達されているのかわからないことがあります。
このような場合は、大本の新聞社に直接問い合わせをすると教えてもらうことができます。

引越しで新聞を解約する方法

電話

引越しが決まったことで新聞の購読を解約しなくてはならなくなった場合、まずは販売店にすみやかにその旨を伝え、解約手続きをとってもらえるようお願いしましょう。

解約手続きに必要なもの

・契約者の住所・氏名・電話番号
・引越し先の住所など連絡先
・これまでの新聞の購読料支払い方法の確認または支払い(精算)
・解約日の確認

新聞の解約に特別必要となる書類はありませんが、引越し先の住所等の情報はわかるように準備しておきましょう。
また、解約手続き自体は代理人に依頼することもでき、委任状は特に必要としないのが一般的ですが、販売店によっては対応が異なるため、念のため事前に確認しておくと良いでしょう。

引越した先で継続購読しないといけない?

旧住所地で契約していた新聞の購読を、引越し先で絶対に継続購読する義務はありません。
また、自ら継続購読を希望する場合も、新聞の種類によって可否が分かれます。
全国どの地域でも購読可能な種類の新聞なら可能ですが、そうでない地方紙の場合は地域によっては不可能となります。
Y新聞、A新聞、M新聞やS新聞などは、何処へ行っても購読可能でしょう。

引越した先でも同じ新聞を継続して購読するには

引越し先でもこれまでと同じ新聞を購読したい場合、旧住所地で新聞をとめてもらう手続き(解約手続き)をする際にその旨を申し出てください。
引越し先の地域に系列の販売店があれば連絡を入れてもらえます。

今の販売店にそういったつながりがない場合も、新聞社本社に連絡をして教えてもらったり、ホームページから検索して連絡をすることができるでしょう。
つまり、引越し先で今の新聞購読を継続する場合でも、引越し先で新規に購読契約をしなおすものと考えて良いでしょう。

引越し先で新規に新聞の契約をするには

新聞紙

引越し先で新聞の購読を希望する場合、3つの方法で契約を行うことができます。

旧住所地の販売店から連絡してもらう

旧住所地で新聞の配達をしてくれていた販売店に、引越し先でも同じように購読したい旨を相談します。
販売店同士のつながりで連絡してもらうことができます。

ホームページから購読申し込みをする

新聞社のホームページから、購読申し込みが行えます。
引越し前に申し込みを行っておくと、新居に移ってすぐに新聞の購読を開始することができます。

近所の新聞販売店に申し込みに行く

引越し先で、近くの新聞販売店に直接出向き、購読の申し込みを行います。

契約に必要なもの

新聞の購読契約に必要なものは、「印鑑」のみです。
ホームページからの購読申し込みには必要ありませんが、それ以外の方法の場合は印鑑(三文判で可)が必要となります。

さいごに

インターネットの普及による活字離れや若年層のテレビ離れが影響し、新聞を購読する人も以前と比べて極端に少なくなってきています。
そのせいか、引越しをすると新聞の勧誘員が自宅を訪ねてくる…ということも、最近は少なくなってきました。

そんな中、引越し先でも新聞の購読を継続していきたい場合、申し込みには自ら出向く必要も出てきており、忙しい現代人にとって大きな負担となりつつあります。
そこで、旧住所地で配達してくれていた販売店に引越し先での継続依頼をしたり、ホームページで購読申し込みをするという方法が注目されています。

また、一方では、引越しを機に新聞の購読は一旦やめようという選択をする人も増えており、新聞を取り巻く環境は一段と悪化しつつあります。
しかし、こうした現状が途中解約に対する対応の緩さにもつながっている可能性があるようです。

引っ越しの一括見積りでお得に引越しをする

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。約1分間であなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

しかも今なら期間限定で最大10万円のキャッシュバックもありお得です。

一括見積りを試すならCMでもおなじみの引っ越し侍がおすすめです。

>>>自分に合った格安の引越し業者を試しに見てみる(無料)<<<




お得に引っ越したい人向けの記事

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

-通信関係の引越し手続き
-, ,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.