日通

日通はウォーターサーバーも運んでくれるの?

更新日:

日通はウォーターサーバーも運んでくれるの?

「引っ越し先にウォーターサーバーを持って行きたいけどどうしたらいいだろう?」

何て疑問はありませんか?

ウォーターサーバーの契約をしている時、引っ越し先に持って行くには引っ越し業者にお願いしたらいいのか、ウォーターサーバー会社にお願いしたらいいのか迷いますよね。

「日通はウォーターサーバーも運んでくれるのかな」

何て疑問もあるかもしれません。

日通はウォーターサーバーも運んでくれるのでしょうか?

結論から言うと、ウォーターサーバーを運んでもらうことができます

しかし、注意点もあります。

この記事では

    • 日通にお願いすると追加費用はかかるのか
    • 梱包はどうしたらいいか
    • 日通にウォーターサーバーを運んでもらう手順
    • ウォーターサーバーのメーカーに運んでもらう手順
    • ウォーターサーバー引っ越しの注意点

などについて詳しく解説します。

ウォーターサーバーで悩んでいる方は是非チェックしてみて下さい。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




日通はウォーターサーバーを運んでくれる

日通はウォーターサーバーも運んでくれるの?

日通の引っ越しではウォーターサーバーを運んでもらうことができます。

ウォーターサーバー本体は家具や家電と同様に梱包して運んでもらうことができますが、水は食品という扱いに含まれ、ストックしているボトルやパックは運んでもらえないので注意が必要です。

また、日通の担当店舗によって扱いが異なりますので事前相談をおこなうことに加え、同タイミングでウォーターサーバーのメーカーにも連絡が必要というのが基本線です。

梱包はどうしたらいいか

ウォーターサーバー本体の梱包は、日通の作業員の方におまかせできます。

引っ越し時の振動や衝撃に備えて、箱詰めや衝撃吸収材、衝撃吸収マットを利用して梱包するケースが大半ですが、引っ越しのプロにまかせておけば全てやっていただけるのでその点は心配いらないでしょう。

ただし、ウォーターサーバーの大きさや重さ、形状に合わせて梱包の方法は異なりますので、事前に相談をしておき、当日に運んでもらう際に気になる点があれば質問しましょう。

自身で1から梱包資材を用意したり段取りを組む必要はありません。

日通にお願いすると追加費用はかかるのか?

日通の引っ越しではウォーターサーバーをお願いすることによる追加費用などは掛かりません。

基本的な考え方としては、冷蔵庫や洗濯機のような家電と同じ扱いの荷物となっているようですので、特別料金が加算されることは無いようです。

ただし、単身パックS,Lを選択している場合は、ウォーターサーバーの大きさによって別発送となるケースもあり、その場合は料金がかかりますので注意が必要です。

料金について不明点があれば、引っ越し当日までに必ず確認しておくようにしましょう。

日通にウォーターサーバーを運んでもらう手順について

日通はウォーターサーバーも運んでくれるの?

日通の引っ越しでウォーターサーバーを運んでもらう場合、事前に担当店への相談が必要となっています。

引っ越し当日に運んでもらう荷物を聞かれた際には必ずウォーターサーバーを運んでもらいたい旨を伝えておくようにしましょう。

冷蔵庫や洗濯機と同様に当日に作業員の方に梱包してもらう流れとなりますので、ウォーターサーバー本体のコンセントを抜いておくことに加え、水抜きもしておきます。

引っ越し当日は、ウォーターサーバーを梱包してもらいそのまま荷物として引っ越し先へ運んでもらう形となります。

他にもウォーターサーバーのメーカーに相談してみる

ウォーターサーバーは契約によって、別途処理が必要なケースがありますので、引っ越し前に必ずメーカーへの連絡をしておくようにしましょう。

引っ越し先の新しい住所によっては、サーバー自体をいったん引き取り新しいものへ交換が必要なケース、そのまま利用できるケース、またはウォーターサーバーのメーカーが引っ越し先まで運んでくれるケースとそれぞれ処理が異なります。

ウォーターサーバーは契約によって、利用できるエリアがあり、エリア外の引っ越しであればいったん解約をして再契約をしなければいけないこともあるのです。

メーカーによって処理が異なるため、「引っ越し日の1週間前」には必ず連絡しておくようにしましょう。

ウォーターサーバーのメーカーに運んでもらう手順

ウォーターサーバーをメーカーに運んでもらう場合は、基本的に「引き上げ」をおこないます。

引き上げとは、ウォーターサーバーを最寄りの営業所が回収して、新しい住所へ新しいウォーターサーバーを届けてもらうというものです。

その場合最新のサーバーに交換してくれることが多いのですが、契約によっては引き続き同じサーバーを利用できる場合もあります。

契約内容によっては、いったん解約をして再契約をしたり各メーカーによって処理は異なりますので、不明点は必ず確認しておくようにしましょう。

メーカーで運んでくれる場合には、引っ越し当日に日通に運んでもらう必要がなくなりますので、その点は伝えておくとスムーズです。

場合によっては解約して他のウォーターサーバーに乗り換える

メーカーとの契約や契約をした時期によっては、解約をしたほうがお得な場合があります。

一度解約したうえで、再契約をしたり、他のメーカーのウォーターサーバーへ乗り換えるというケースも少なくありません。

旧住所で契約した内容と、新住所でこれから契約する内容を見比べたうえでお得に利用できる選択をしていくほうが良いです。

長年利用しているウォーターサーバーであれば、新しい機種へ乗り換えができるタイミングでもありますので、メーカーへ相談して決めるようにしましょう。

契約が変わる場合は、別途料金がかかるのか確認しておくと安心です。

ウォーターサーバー引っ越しの注意点

日通はウォーターサーバーも運んでくれるの?

ウォーターサーバーを引っ越しする際の注意点は大きく分けて3つ存在していますので、それぞれ解説していきます。

1.現在利用しているボトルやパックは使いきる

月単位で水を発注している場合は、引っ越し当日に合わせてストックが無くなるように調整しておきましょう。

ボトルやパックは食品という扱いになり、基本的に引っ越し業者は運んでくれません。

現在セットされている水についてもウォーターサーバーから外して運搬することになるので、引っ越し当日には、ストックの水が0になるように使いきっておきましょう。

また、定期発注している場合は引っ越し当日間際に新しいストックが届かないように、ウォーターサーバーのメーカ-に連絡しておくようにしましょう。

2.引っ越し当日までに水抜き、放電を完了しておく

ウォーターサーバーにある水抜きキャップを外して内部に溜まっている水を抜くことになりますが、事前にバケツを用意しておくようにします。

内部に溜まっている水はウォーターサーバーの大きさによって前後しますが、3L以上の水を受け止められる準備が必要です。

また、水抜き前には事前にコンセントを抜いておいた方が良いです。

家電と同様に放電の作業となりますが、ウォーターサーバー内部に溜まっている熱湯を冷ます意味でも、コンセントを抜いて2時間以上経過してから、水抜きをすることをおすすめします。

「大量の水が流れる」、「熱湯が出てくる」という2点が注意点となっています。

3.すぐに梱包できるように準備をしておく

ウォーターサーバーは固定して利用するように設計されているため、引っ越し時は慎重に扱う必要があります。

引っ越し当日には、他の荷物と区別して梱包してもらえるように、別の場所へ置いておくのが良いでしょう。

できる限り水平を維持したまま運びたいため、固定できるパーツなどは自身で別途梱包しておいたり、本体と固定しておくことをおすすめします。

引っ越しの作業員の方にも、他の家電よりも注意して運んで欲しい旨をお伝えしておくと安心できるでしょう。

まとめ

日通の引っ越しでは、ウォーターサーバーを運んでもらうことができます。

梱包に関しても他の家電と同様におこなってくれますし、基本的には追加料金はかからないものとなっています。

ただし、契約しているウォーターサーバーのメーカーによって、それぞれ扱いがことなっていますので、引っ越し当日の1週間前までにはメーカーへも連絡、相談しておくことが大切です。

日通とウォーターサーバーメーカーという2社への連絡が必要となるため、引っ越し当日までに余裕を持って準備をしておくことをおすすめします。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




よく読まれている記事一覧

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

3月の引っ越し費用の相場は?安いのは上旬中旬下旬のどれ? 2

「3月に引っ越し予定だけど、費用の相場ってやっぱり高いよね?」 「3月の上旬と下旬ではどのくらい引越しの費用が変わってくるの?」 そういう疑問ありませんか? 3月は引っ越しシーズンの中でも一番の繁忙期 ...

引越し 3

  「4月に引っ越し予定だけど引っ越し費用の相場はどのくらいなの?」 「4月の引っ越しならどの時期にしたら安くなるの?」 その様なことを思っていませんか? 毎年春は引っ越しの最繁忙期となりま ...

no image 4

  「2月に引っ越しをする予定だけど、この時期の費用の相場ってどうなの?」 「2月の引っ越しで費用が安いタイミングはある?」 そんなことを思っていませんか? 3月から引越し業界は繁忙期になり ...

-日通
-,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.