ハウスクリーニング 引越しのお掃除

引越し時のハウスクリーニングの内容は?所要時間は?

更新日:

掃除

「引っ越しが決まったけど、その時のハウスクリーニングの内容はどういうことするの?」

「ハウスクリーニングってどういう内容なの?」

「自分で掃除をしたらハウスクリーニングをする必要はないの?」

「ハウスクリーニングをすべきタイミングや所用時間は」

近々引っ越ししようと考えていたら、大家さんから引越し時にハウスクリーニングをしますと言われてんだけど、一体どんなことをするんだろう?こんなことであなたはお悩みではありませんか?
引っ越しにともなうハウスクリーニングは、自分が所有している施設なら好きなように出来ますが、借りている立場となると勝手なことは出来ないし、そもそもどんなことをやるのかもよくわからないですよね。
自分で予め部屋を掃除しておいた方が良いのかもよくわからないし、費用についても大家さんが払ってくれるのか、こちらで負担する必要があるかも不安ですよね。
今回はそんな引越し時のハウスクリーニングの内容についての記事をご紹介しましょう!

 
損してる?格安の引越し業者を見つけよう
複数の引越し業者に見積もりを取ることで最大50%も安い業者を見つけることができます

利用料は無料で1分程度で見つけることができます。

今なら期間限定で最大10万円のキャッシュバックもありお得になっています。

詳しくはこちら。
自分に合った格安の引越し業者を見つけるならこちら(無料)


自分で掃除をしたらハウスクリーニングをする必要はないの?

掃除

引っ越しが決まって部屋を管理している不動産屋や大家さんに引き渡しする時に、かならず現場で立ち会いの下、原状回復が必要か確認する作業が行われます。
普通に生活していて壁紙が自然に色あせたり、畳や床が汚れたりした程度の場合には大丈夫ですが、家具や家電を移動させようとして、床をキズつけてしまったり壁紙を損傷させたりした場合には、原状回するための費用が請求されます。
そのため立ち会い確認の時には、出来るだけこの原状回復が必要と判断されないように、部屋の中をきれいにしておくことが大事になります。
そのような理由があるので、引っ越しの前に自分で掃除をしたらハウスクリーニングをする必要がないかどうかの判断については、管理する不動産屋や大家さんの判断によって違ってきます。
しかし少しでも不動産屋や大家さんがハウスクリーニングが必要かどうか判断するときに有利になるように、入念に各所を自分で掃除をしておいた方が無難と言えます。

ハウスクリーニングってどういう内容なの?

ハウスクリーニングの内容については、依頼内容や費用によっても多少の違いはありますが、ある程度決められた内容がセットになって行われることが多いようです。
例えばクリーニング大手のダスキンのホームページによると、「ハウスワイドサービス」と言うセットメニューがあり、クリーニングする箇所は以下の通りになります。
キッチン、浴室、トイレ、ガラス・サッシ・網戸などのこげつき・ヌメリ・油汚れ・カビ・水垢・石けんカス・黄ばみ・黒ずみなどをきれいにしてくれるサービスとなっています。
こう言ったセットのコースに加えて、オプションとしてフロアクリーニング・エアコンクリーニング・ファニチャーヘクリーニングなどがあるので、予算などに応じて対応することが出来るようですね。
ほとんどの業者が作業を行う前に、事前に現場調査を行った上で見積もりを無料で出してくれるので、確認してから依頼するのが良いようです。

ハウスクリーニング以外で自分でしなければいけないことってある?

掃除

賃貸物件で最もトラブルが起きやすいのは退去時と言われていて、借主と貸主との間で様々なトラブルに発展することが良くあります。
一番多いトラブルとしては、原状回復と呼ばれている入居していた部屋を元の状態に戻して貸主に返すというポイントです。
原状回復は、生活していく上で自然に劣化したような場合には責任は無いとされていますが、一方で借主の過失で汚したり傷つけてしまった場合には、費用の負担は借主にあります。
しかしこの解釈が曖昧なために、軽微な汚れでもハウスクリーニング代を請求されてしまうこともあります。
そのため、退去時には必ず貸主側が原状回復が必要かどうかの判断をする時に、借主も現場に立ち会ってどんな基準でその査定をしているのかを確認しましょう。
またトラブル回避のためにも、入居したときにキズや汚れを見つけたときには予め現場の写真を撮っておくと、後にトラブルになったときの証拠となります。

ハウスクリーニングをすべきタイミングや所用時間は?

一般的に引っ越しシーズンというのは3月から4月にかけての時期と言う事になりますが、当然こう言った時期になると引っ越しする人も増えることから、ハウスクリーニング業者も非常に混み合うことになります。
こう言った繁忙期以外であれば業者に依頼しても直ぐ対応してくれますが、繁忙期となると出来るだけ早い段階で依頼をしておかないと、希望のタイミングでクリーニングをしてもらえなくなってしまいます。
引っ越しが決まったら出来るだけ早い段階で退居する日程を決めておいて、部屋の中の荷物がすべて無くなるタイミングに合わせてクリーニングを依頼すると良いでしょう。
所要時間はクリーニングの内容にもよります。

ハウスクリーニングの所要時間

ワンルーム1K・・・3~4時間

1LDK~2LDK・・・5~6時間

3LDK~4LDK・・・6~8時間

5LDK以上・・・1日

といったところを目安に予定すると良いでしょう。

ハウスクリーニングをする時に気を付けたいトラブルとは?

引越し

ハウスクリーニングをする時に気を付けたいトラブルがいくつかあるので、注意点についてご紹介しましょう!

ハウスクリーニングは、貸主の確認無しでは依頼しないようにしましょう!

注意が必要なこととしては、ハウスクリーニングが必要かどうか判断するのは借主では無くて貸主の不動産会社や大家さんになります。
そのために、借主の入居者が汚れていたからと自分の判断でハウスクリーニングの業者に依頼して掃除をしてもらうのは、厳禁になります。
散々お金を掛けてきれいになったからこれでいいと思っていても、それは借主の基準で判断しているのであって、もし貸主の判断ではハウスクリーニングが必要と判断されてしまうと、ハウスクリーニング代を貸主が請求されることがあります。
このようなことにならないように、自分で部屋の中を掃除するのは良いですが、外部の掃除業者に依頼するのは、貸主の判断に任せて自分で依頼するのは止めましょう。

自分で業者に依頼するときには、貸主に費用を請求することが出来るケースも!

国土交通省が定めているハウスクリーニングの代金に関するガイドラインでは、管理する不動産屋や大家さんは家賃の対価を得ているので、修繕義務を負っているとされています。
そのため貸主側が了解の上ハウスクリーニングを行った場合の費用については、請求出来る可能性があります。
しかし、こればしっかりと事前に貸主と協議した上で行わないと、トラブルに発展してしまうケースもあるだけに、自分の判断だけで勝手に話を進めないことが大事になります。

料金の安い業者には注意しましょう!

不動産屋や大家さんから高いハウスクリーニング代を請求されるんだったら、自分で安いハウスクリーニング業者をさがして、費用を浮かせようと考える人も当然居ますよね。
そんな時に注意したいことは、ハウスクリーニングの料金はたとえば1DK・1K(ワンルーム)/20,000~35,000円、1LDK~2LDK/30,000~70,000円と考えたよりも高い費用が掛かります。
これがこの費用よりも半分の料金で出来るとなると、逆に適正なクリーニングを行ってくれるのかが怪しくなってきます。
散々苦労して安い掃除業者をさがしたのに掃除の内容が十分でなくて、又新たに別の業者に依頼しなくてはならないようになっては困りますよね。
ハウスクリーニングはある程度の費用は掛かるのは仕方が無い事と割り切って、適正な価格の業者に依頼するように注意しておきましょう。

ちゃんとした業者を見つけるには一括見積がおすすめ

ハウスクリーニングの業者でも様々です。
中には安価を謳って掃除が雑な業者もあるでしょう。
そういうことが無いように仲介業者を通したハウスクリーニング業者の一括見積が便利です。
仲介業者を通しているため悪質な業者が登録している可能性は低くなります。
また複数から見積もりを取るために安くてちゃんとした業者を紹介してもらえる可能性も高まるでしょう。
せっかくの引越しなので気持ちよくお仕事してくれるハウスクリーニング業者を探したいですよね。
詳しくはこちらをご覧ください。
“無料”一括見積もりで比較!《 ズバットハウスクリーニング比較 》

最後に

「引越し時のハウスクリーニングの内容はどういうことするの?期間は?」についてご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?
引越しに伴うハウスクリーニングに関しては、何回も引っ越しをしている方ならご存知かと思いますが、はじめて引っ越しをする方には、要領がよくわからないですよね。
タイミングや内容など大家さんともよく連携を取りながら不備の無いように、進めていくことが大事になりますので、是非当記事を参考にしてみて下さい。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

引越し時のハウスクリーニングの値段の相場は?料金は敷金から引かれるの?

引越し時のハウスクリーニングは必要?義務なの?

引っ越しの一括見積りでお得に引越しをする

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。約1分間であなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

しかも今なら期間限定で最大10万円のキャッシュバックもありお得です。

一括見積りを試すならCMでもおなじみの引っ越し侍がおすすめです。

>>>自分に合った格安の引越し業者を試しに見てみる(無料)<<<




お得に引っ越したい人向けの記事

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

-ハウスクリーニング, 引越しのお掃除
-, ,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.