クロネコヤマト

クロネコヤマトの単身引越ジャストサービスって何?料金の相場は?

投稿日:

引っ越し

「急な転勤を命じられて引っ越しをすることになった」

「急いで家財道具を実家に送る必要ができた」

ということはありませんか?

転勤など急な引越しが決まった場合、少しでも早く引越しを済ませたいということがありますよね。

そのような人におすすめなのがクロネコヤマトの単身引越ジャストサービスになります。

今回はそのような直ぐにでも引っ越ししたいと言いう人におすすめなクロネコヤマトの単身引越ジャストサービスについて解説したいと思います。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




単身者の引っ越し

単身者の引っ越しは基本的に家財道具が少なく、トラックをチャーターするとトラックの荷台はガラガラになってしまうことも。
それでも引っ越し費用はトラックの台数と、そのトラックを占有した時間で決まりますので、非常に高くなってしまいます。
こういった事情から、引っ越し業者各社は「単身パック」というトラック混載便を利用したプランを用意しているわけです。
しかし、この単身パックは混載便のため、希望通りの日程で引っ越しをすることが難しいというデメリットが。
同じ方向へ単身パックで引っ越しを行う案件がある程度集まらないと運行できませんし、運行できたとしても、他の引っ越し案件の荷物を降ろしながら進みますので、荷物を預けてからも時間がかかってしまいます。
そこでご紹介したいのが、クロネコヤマトの「単身引越ジャストサービス」です。

単身引越ジャストサービスの特徴

引っ越し単身引越ジャストサービスは、トラックチャータープランと単身パックプランの中間に位置するプランといえます。
その特徴を確認していきましょう。

到着までの時間が単身パックよりも早い

上で触れた通り、単身パックのデメリットとして「時間がかかる」ということがあります。
そのデメリットをある程度解消しているのが「ジャストサービス」の特徴。
単身パックが他の引っ越し荷物と一緒に運ぶ混載便であることに対し、ジャストサービスは宅急便の荷物と混載便で運ぶことで、依頼したタイミングですぐに運送してもらえるというポイントがあります。
クロネコヤマトのように日本中に支店や集荷所がある大手の業者ならではのサービスといえるでしょう。

単身パックより多い荷物を運べる

単身パックは専用のカーゴに載せるプランのため、カーゴのサイズを超える荷物は運べません。
例えばベッドや自転車などはほとんどの場合運べません。
しかしこのジャストサービスはカーゴに載せるわけではないので、単身パックでは運べない荷物も運ぶことが可能。
ちなみに料金の計算は2m3の体積に入る量を1件として計算しますので、必要以上の費用を請求されることもありません。

即生活に入るためのサービスも

引っ越し後すぐにいつもの生活に戻れるようなサービスがあるのもジャストサービスの特徴といえます。
まず時間指定が可能にということ。
荷物の搬出も搬入も希望した時間に依頼できるので、引っ越し前後のスケジューリングが自由。
引っ越し翌日からすぐ仕事などというケースでも時間を有効に使うことができます。
指定できるのは9:00~18:00の間から選択できますので、詳細は見積もりの時に聞いてみましょう。
さらに新居に荷物を運び込んだ後のサービスも充実。
通常プランですと有料オプションになる洗濯機の接続とテレビの接続が無料サービス。
引っ越し完了直後に選択をしながらテレビを見ることも可能です。

単身引越ジャストサービスの流れ

引っ越しジャストサービスを利用する場合は、まずはクロネコヤマトに連絡をし、見積もりを行います。
見積もりの結果が出て契約が完了すると、必要な梱包資材が届くので家具や家電製品nを除く荷物を段ボールに詰めるなど梱包します。
梱包に関しては基本的に依頼者の作業になりますが、その時間すら厳しいという方は荷造りの有料サービスがあります。
引っ越し当日までに荷物の準備を済ませたら、引っ越し当日は作業員にお任せ。
基本的には2名の作業員が作業にあたり、家具や家電製品の梱包をした上でトラックに積み込みます。
このまま新居に荷物を運び、荷物の搬入も2名の作業員が担当。
上で触れた通り洗濯機とテレビはすぐに使えるように設置し、回収できる資材を回収して引っ越し完了となります。
見ていただいてわかる通り、基本的に依頼者が行うのは荷造りと荷解きのみ。
手間いらずで素早く引っ越せるサービスといえるでしょう。

単身引越ジャストサービスのデメリット

ここまで比較的ポジティブなポイントを中心にお伝えしましたが、デメリットがないわけではありません。
まず費用の面ですが、通常のトラックチャータープランに比べれば安くなりますが、当然単身パックに比べれば高額ということになります。
続いて時間の面ですが、もちろん単身パックに比べれば早く荷物が届きますが、トラックチャータープランと比較すると時間がかかるということに。
また、やや無理やりになりますが、荷物の取り扱いに関しても気になる点が。
ジャストサービスはスピードを重視するために、最短で新居に荷物が届くような手順を踏みます。
クロネコヤマトの宅急便のトラックを利用してこれを実現しようとすると、荷物の積み下ろしの回数が多くなる可能性が。
例えば東京から大阪に引っ越す場合。
東京で積んだ荷物を一度静岡の営業所で降ろし、静岡の営業所で別のトラックに積み替え京都の営業所へ。
さらに京都の営業所で荷物を積み替え大阪の新居に、という形も想定されます。
当然作業には十分注意を払って行うはずですが、それでも積み替えの回数が多いのは荷物の破損リスクが増えるということに。
これもデメリットと考えればデメリットといえるでしょう。

単身引越ジャストサービスの費用相場

引っ越しでは気になる費用相場を見てみましょう。
ここでは分かりやすくするため、クロネコヤマトの「単身引越パックmini」、「単身引越パック」、「一般的なトラックチャータープラン」の各相場と比較できるように掲載します。
また、ジャストサービスに関しては一般的な単身者の引っ越しを想定し、荷物の量は以下の量で相場を算出します。

・冷蔵庫(2ドアモデル)1台
・テレビ(21~28インチ)1台
・洗濯機 1台
・電子レンジ 1台
・テレビ台 1台
・シングルベッド 1台
・ふとん袋 1組
・衣装ケース(3段)3台
・段ボール(120cmサイズ)10個

荷物の量としては単身パックには載せきれない量を想定しています。

東京=札幌
東京=仙台
東京=横浜
東京=名古屋
東京=大阪
東京=広島
東京=福岡
東京=沖縄
約1,100km
約370km
約30km
約350km
約500km
約800km
約1,100km
約2,100km
費用相場日数費用相場日数費用相場日数費用相場日数費用相場日数費用相場日数費用相場日数費用相場日数
単身引越パックmini32,000円3~7日20,000円2~5日14,000円2~3日20,000円2~5日22,000円2~5日26,000円3~7日30,000円3~7日60,000円11日
単身引越パック36,000円3~7日22,000円2~5日18,000円2~3日22,000円2~5日25,000円2~5日29,000円3~7日34,000円3~7日60,000円11日
単身引越ジャストサービス115,000円3日75,000円2日40,000円2日75,000円2日82,000円2日95,000円3日108,000円3日190,000円11日
トラックチャーター便190,000円2日100,000円当日50,000円当日100,000円当日120,000円当日130,000円2日180,000円2日210,000円7日

単身引っ越しジャストサービスとは?

引っ越しジャストサービスの特性を考えると、とにかく急な引っ越しで力を発揮するということが分かります。
仮に同じ単身者の引っ越しでも、準備をする時間が十分にあれば、大型の家具や家電製品を処分するのか運ぶのかを考えたり、運ぶにしても別の手段を講じたりと、対策をする時間があります。
こうして家財道具の扱いを調整すれば、単身パックなどを利用した費用を抑えた引っ越しも可能でしょう。
しかし、急な辞令による転勤など、引っ越しの準備をする時間がない場合はそうもいきません。
とにかく持っている家財道具をすべて持って行くしかありません。
そんな場合でも単身パックのカーゴに載り切る荷物量であればいいのですが、そうでない場合は非常に心強いプランといえます。
また、こういった急な引っ越しでこそ利用したいのが「引っ越し料金一括見積もりサイト(無料)」。
今回はクロネコヤマトのサービスに絞ってご紹介しましたが、他の業者も同じように急な単身引っ越しに強いプランを用意しています。
もちろん大手の業者に限らず、中小の業者でもこういったプランを持っている業者はあります。
とはいえ時間がないからと、思いついた業者に、業者の言いなりのプランで引っ越しをしてしまうと、想像以上の出費になる可能性も。
そこで一括見積もりサイトを利用し、引っ越しの条件を入力。
あとは一括送信をするだけで、気になる複数の業者にまとめて見積依頼をすることができます。
複数の見積もりが届いたら後はその中からサービスと費用を見比べてベストの業者を選ぶだけ。
これだけで、不要な出費を避け、しかも満足できる引っ越し業者を見つけることができます。
急ぎの時こそ力を発揮する一括見積もりサイト。
ぜひそんな状況の時は一度覗いてみることをオススメします。

詳しくはこちらをどうぞ。

急な引越しでもあなたに合った最安値の引っ越し業者を探してみる(無料)

関連記事にあります。合わせてご覧ください。

クロネコヤマトの単身パックの料金相場は?サイズや見積もりの仕方についても解説

クロネコヤマトのらくらく家財宅急便って何?料金の相場は?

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




よく読まれている記事一覧

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

11月の引越し費用の相場は? 料金が安いのはいつくらい? 2

「11月に引越ししようと思うんだけど時期的に費用は高いの?安いの?」 「11月の引越しで費用を安くするコツはある?」 なんてあなたは思っていませんか? 10月は3月ほどではないですが、引っ越しシーズン ...

12月の引っ越し費用の相場は? この時期の料金は高い?安い? 3

「12月に引っ越し予定だけど費用の相場はどうなの?」 「年末だし引っ越しの費用は高いんだよね?安いタイミングはある?」 なんて疑問はありませんか? 年度末、クリスマスやお正月に向けて何かとあわただしい ...

-クロネコヤマト
-, , ,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.