その他の引越し業者

海外への引っ越しでおすすめの業者はどこ?各社比較しました

更新日:

海外へ引っ越し

「海外へ引っ越しする予定だけど引越し業者はどこがいいんだろう?」

「海外引っ越しが得意な業者はどこ?」

何て疑問はありませんか?

留学や転勤などで海外に引っ越しすることになった時、どうしたらいいのか分からない人がほとんどかと思います。
国内の引っ越しと違って料金も高くなりますし、日数もかかります。
そしてなにより税関を通過するということになりますので、どうしたらいいか分からないのも当然でしょう。
そこで海外引っ越しサービスを行っている業者のサービス内容や料金、対応地域などいろいろと比較してみました。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




海外への引っ越しの荷物運送方法

日本国内の引っ越しであれば、トラックに家財道具を載せて運ぶのが基本ですが、海外引っ越しの場合トラックというわけにいきません。
利用されるのは「船便」か「航空便」の2択。
双方のメリット・デメリットを確認しておきましょう。

航空便

航空便のメリットは何しろ「早い」ということです。
引っ越しをしてすぐに必要な荷物などは、航空便で送ると生活が始めやすく便利といえるでしょう。
デメリットは数点あり、まずは費用が船便に比べて高額であることが言えます。
貨物タンカーに比べて荷物の積載量が小さい航空便はどうしても高額になってしまいます。
そして送れる荷物の制限が厳しいということ。
大きさや重さはもちろん、荷物の内容も船便に比べると制限されることが多くなります。

船便

船便のメリットはある程度大型の荷物でも運送できること。
それこそ家具や家電製品でも送ることが可能です。
さらに航空便に比べると費用が抑えられるというのも大きなメリットでしょう。
デメリットはやはり日数がかかるということ。
非常におおざっぱになりますが、例えばアメリカに船便で荷物を送ると、1~2か月ほどかかることもあります。

海外引っ越しの基本的な運送方法

大きな家財道具も運ぶ海外引っ越しの場合、まず生活に必要最低限の荷物を航空便で送り、急ぎ必要ではない荷物を船便で送るのが一般的です。
航空便と船便のメリット・デメリットを見極めて、うまく使い分けることが重要になります。

海外引っ越しの基本的な流れ

海外への引っ越しまずは海外に引っ越しする場合の基本的な流れを確認しておきましょう。
細かい注意点に関しては他の記事に譲り、おおまかな流れを掲載しておきます。

荷物の選別

まずは引っ越しにあたって海外に持って行く物と日本に置いておく物、そして処分する物に分ける作業からスタートです。
海外への引っ越しはどうしても費用がかかりますので、できるだけ持って行く荷物は減らしておくといいでしょう。
特に家具や家電製品は、引っ越し先次第ですが基本的に現地で調達するつもりのほうがいいでしょう。

荷物の梱包

持って行く荷物が決まったら梱包です。
梱包に使う段ボールは自分で用意してもいいですが、とにかく頑丈な物を用意しましょう。
引っ越し業者から提供される段ボールも、海外引っ越し用は国内引っ越し用に比べてはるかに丈夫なものになっています。
自分で用意するのが不安な場合は、引っ越し業者にお願いすれば、有料で販売もしていますので相談してみましょう。

梱包明細書の作成

梱包明細書とは、各段ボールの中に何が入っているか、その保険金額はいくらかを記入した書類になります。
記入方法やひな型は引っ越し業者に問い合わせれば丁寧に教えてくれるはずです。

運び出し

荷物の準備ができたら引っ越し業者に荷物を引き渡します。
国内の引っ越しの場合、このあたりのタイミングで料金の支払いとなりますが、海外への引っ越しの場合はまだ支払いのタイミングにはなりません。

清算&入金

引っ越し業者は預かった荷物をすべて精査し、それにかかる保険料、税関を通すのに必要な費用を算出。
このタイミングでようやく費用が確定します。
費用が確定したら請求が来ますので、指示通りの方法で入金をしましょう。
入金確認後、荷物の発送手続きに移ります。

輸送&現地打ち合わせ&荷物到着

荷物を発送し、海外の目的地に荷物が到着したら、今度は現地のスタッフと現地での日程の打ち合わせなどを行います。
追加料金が発生した場合はこのタイミングで請求が来るはずです。
あとはスタッフと搬入の日付などを相談して、荷物が届くのを待つだけです。

大手業者の海外引っ越しプラン

海外への引っ越し海外への引っ越しに対応してくれる引っ越し業者は相当数存在します。
今回は大手引っ越し業者3社の、海外引っ越しに関するプランをまとめてみました。

引っ越し大手3社の海外引越サービスプラン比較表
引っ越し業者プラン名取り扱い荷物量輸送方法梱包資材荷造り梱包明細書作成通関手続き搬入時日本人立ち合い搬入対象地域
クロネコ
ヤマト
引越らくらく海外パック全家財道具対応船便・航空便併用無料提供部屋までアジア・北米・ヨーロッパ
海外引越スタンダード全家財道具対応船便無料提供部屋までアジア・北米・ヨーロッパ
海外引越ベーシック全家財道具対応船便無料提供部屋まで全世界対応
海外引越単身プラン
エクストラコース
段ボール(大) 10個
段ボール(小) 8個
船便無料提供玄関先までアジア・北米・ヨーロッパ
海外引越単身プラン
レギュラーコース
段ボール(大) 7個
段ボール(小) 7個
船便無料提供玄関先までアジア・北米・ヨーロッパ
海外引越単身プラン
ミニマムコース
段ボール(大) 5個
段ボール(小) 4個
船便無料提供玄関先までアジア・北米・ヨーロッパ
留学宅急便120サイズ・140サイズ・160サイズの段ボールを必要個数分航空便有料玄関先までアジア・北米・ヨーロッパ
日通フルパック・スーパー
(航空便)
全家財道具対応船便・航空便併用無料提供不明玄関先まで世界6大州(北米、中南米、アジア、欧州、オセアニア、アフリカ)
フルパック・スーパー
(船便)
部屋まで
ジェットパック三辺合計300cm以下
重量32.0kg以下
航空便ナシナシ玄関先までアメリカ(グァム含む),カナダ,オーストラリア,ニュージーランド,
イギリス,ドイツ,フランス,オランダ,ベルギー,イタリア,
スイス (リヒテンシュタインを含む),オーストリア,アイルランド,スペイン,
香港,台湾 ,シンガポール,マレーシア
セルフパック・コンビ120サイズ・140サイズ・160サイズの段ボール5~15個まで船便無料提供不明玄関先までアメリカ,カナダ,イギリス,フランス,ドイツ,オランダ,ベルギー,
オーストラリア,香港,マレーシア,シンガポール,中国,タイ
留学パック120サイズ・140サイズの段ボールを必要個数分航空便有料不明玄関先までアメリカ,カナダ,イギリス,フランス,ドイツ,オランダ,ベルギー,
オーストリア,スイス(リヒテンシュタインを含む),スペイン,オーストラリア,
ニュージーランド,台湾,香港,マレーシア,シンガポール
サカイ
引越センター
航空便コース全家財道具対応航空便無料提供不明部屋までアメリカ,ブラジル,ベルギー,ポーランド,イギリス,
ドイツ,フランス,イタリア,中国,韓国,台湾,香港,マレーシア,ベトナム,
フィリピン,タイ,オーストラリア,ニュージーランド,他
船便コース全家財道具対応船便無料提供部屋まで

クロネコヤマトの海外引っ越しプラン

クロネコヤマトは海外引っ越しに7つのプランを用意。
そのうち家財道具は持って行かない単身向けプランが4種類、家財道具も含めた本格的な引っ越しプランが3種類になっています。
家財道具も含めた本格的な引っ越しプランは、荷造りからお願いできるプランが2種類と、荷造りは自分で行うプランが1種類。
航空便の利用も含めて考えるのであれば、「引越らくらく海外パック」の一択でしょう。
「海外引越ベーシック」と「海外引越スタンダード」は船便のみのプランのため、身の回りの荷物は航空便を利用する「留学宅急便」などで送る方法も検討した方がいいでしょう。
単身向けプランの4種類は、引っ越しプランというより海外へ宅配便を送るイメージの方が近いかもしれません。
本当に身の回りの物だけで引っ越しをする留学生や、短期の転勤などには最適なプランといえます。
対応地域は基本的にアジア・北米・ヨーロッパとなっており、アフリカ大陸や南米への引っ越しにはあまり向いていないと言っていいでしょう。

日通の海外引っ越しプラン

日通の海外引っ越しプランは基本的に4種類。
家財道具も運べる「フルパック・スーパー」は航空便と船便の併用プラン。
持って行く荷物全体を日通の営業担当者に見せ、引っ越しの事情などを相談しながら、航空便にするものと船便にするものを分けるところからスタートします。
完全オーダーメイドの引っ越しプランとなりますので、引っ越しに関するストレスはもっとも少ないプランといえるでしょう。
他の3つのプランは基本的に家財道具は持って行かない引っ越し用のプラント言えます。
「ジェットパック」と「留学パック」は航空便を利用したプランですが、やはり海外への宅配便というイメージに近いといえるでしょう。
自分で梱包できる荷物だけなら「セルフパック・コンビ」がオススメ。船便なので時間はかかりますが、費用を抑えた引っ越しが可能です。
家財道具のない引っ越しであれば、身の回りの物を「ジェットパック」か「留学パック」の航空便で送り、急がない荷物は「セルフパック・コンビ」で送るのがベターな選択といえるでしょう。
対応地域は世界6大州ということで、ほぼ全世界をカバー。
比較的融通が利かせやすいのが日通の海外引っ越しと言ってもいいかもしれません。

サカイ引越センターの海外引っ越しプラン

サカイ引越センターはシンプルに「船便コース」と「航空便コース」の2種類。
基本的にサカイ引越センターに海外引っ越しを依頼した場合は、両方のコースをバランスよく組み合わせて引っ越しをすることになります。
対応地域は基本的に記載されている国となりますが、それ以外の国も状況次第では対応可能ですので、事前に問い合わせてみてください。
サカイ引越センターの特徴としては、単身者向けの低額プランがないこと。
留学生や単身者の転勤などにはあまり向いていないと言ってもいいでしょう。

詳しくはこちらをどうぞ。

サカイ引越センターで試しに見積もりを取ってみる(無料)

目的地別オススメ業者

海外への引っ越しここで紹介した3つの業者でも、目的についてはそれぞれ特徴的な部分があります。
そこで「ここに引っ越すならこの業者」という視点で見てみたいと思います。

北米(アメリカ・カナダなど)

北米地域、特にアメリカは引っ越し件数の多い国でもあり、基本的にどの業者でも対応可能と考えていいでしょう。
ただし、同じアメリカでもハワイやグァムは別と考えている業者が多いので、ハワイやグァムに関しては別と考えておきましょう。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

アメリカへの引越し費用相場はいくら?ニューヨークとロサンゼルスの料金を紹介

中南米(ブラジル・アルゼンチンなど)

意外と対応業者が少ないのが中南米です。
日本から見て地球の反対側になるのが南米ですから仕方ないかもしれません。
そんな中南米にも強いのが対応地域に入っているのが日通です。
さらにブラジルに拠点を持つサカイ引越センターも南米には強いと考えていいでしょう。

ヨーロッパ

ヨーロッパといっても広いですが、イギリスやフランス、イタリアなどの大国はどの業者でもある程度対応可能と思っていいでしょう。
スイスやリヒテンシュタイン、オーストリアにも拠点を持つ日通は、他のヨーロッパ諸国にも強いと考えていいでしょう。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

ヨーロッパへの引っ越し費用相場はいくら?パリ・ロンドン・ミラノへ料金はどのくらい?

アジア

アジアも距離的に近いことから、多くの業者が対応していますが、特にサカイ引越センターは対やシンガポールなど東南アジア地域にも強く、アジア全般の引っ越しには強いと考えていいでしょう。

海外への引っ越し業者を探すなら一括見積もりがおすすめ

海外の引っ越しは国内と違い国によって得意な地域と扱っていない地域が業者によって違います。
また得意な地域だからと言って必ずしも引っ越しの費用が安いとは限りません。
そういう場合におすすめなのが「引っ越し料金一括見積もりサイト(無料)」になります。

複数の業者に見積もりを取ることで引っ越し料金の相場を簡単に調べることができます。

また相見積もりを取ることで引っ越し費用の交渉の材料にもなります。

海外引っ越しは費用が高額になるので交渉の余地は大きいので、できるだけ複数の会社の見積もりを参考に交渉してみてください。

引っ越し料金の一括見積もりは約1分程度の入力時間で最大で10社まで見積もりを取ることができます。
利用料は無料で必ずしもどこかの業者に決めなければいけないわけではないので相場を知る意味でも使用することをおすすめします。
今では引っ越しをする人の多くが一括見積もりを利用しています。
テレビCMでもおなじみの会社になります。
詳しくはこちらをどうぞ。

海外への引っ越し費用が最安値の業者を調べてみる(無料)

海外引っ越しの費用相場は?

お金海外引っ越しの費用相場は、あってないようなものというのが正直なところ。
これは引っ越しにかかる費用が細分化されており、多少の荷物の量の差でも費用が変わってくるからです。
それでも何とか比較をということで、ある程度費用の分かっているプランを中心に調べてみました。

引っ越し大手3社の引越し費用相場比較表
引っ越し業者プラン名取り扱い荷物量輸送方法ロサンゼルスロンドンパリシドニーソウル
クロネコ
ヤマト
引越らくらく海外パック全家財道具対応船便・航空便併用要訪問見積もり要訪問見積もり要訪問見積もり要訪問見積もり要訪問見積もり
海外引越スタンダード全家財道具対応船便要訪問見積もり要訪問見積もり要訪問見積もり要訪問見積もり要訪問見積もり
海外引越ベーシック全家財道具対応船便要訪問見積もり要訪問見積もり要訪問見積もり要訪問見積もり要訪問見積もり
海外引越単身プラン
エクストラコース
段ボール(大) 10個
段ボール(小) 8個
船便155,000円
(35~45日)
155,000円
(55~60日)
表記ナシ表記ナシ155,000円
(30~35日)
海外引越単身プラン
レギュラーコース
段ボール(大) 7個
段ボール(小) 7個
船便120,500円
(35~45日)
120,500円
(55~60日)
表記ナシ表記ナシ130,000円
(30~35日)
海外引越単身プラン
ミニマムコース
段ボール(大) 5個
段ボール(小) 4個
船便83,000円
(35~45日)
83,000円
(55~60日)
表記ナシ表記ナシ99,000円
(30~35日)
留学宅急便120サイズ・140サイズ・160サイズの段ボールを必要個数分航空便120サイズ 28,000円
140サイズ 31,000円
160サイズ 34,000円
(約10~14日)
120サイズ 28,000円
140サイズ 31,000円
160サイズ 34,000円
(約10~14日)
120サイズ 28,000円
140サイズ 31,000円
160サイズ 34,000円
(約14日)
表記ナシ表記ナシ
日通フルパック・スーパー
(航空便)
全家財道具対応船便・航空便併用要訪問見積もり要訪問見積もり要訪問見積もり要訪問見積もり要訪問見積もり
フルパック・スーパー
(船便)
ジェットパック三辺合計300cm以下
重量32.0kg以下
航空便55,500円※74,700円※74,700円※55,500円※表記ナシ
セルフパック・コンビ120サイズ・140サイズ・160サイズの段ボール5~15個まで船便1パック(5個) 75,000円
2パック(10個) 130,000円
3パック(15個) 185,000円
追加1個あたり 11,000円
(50~60日)
1パック(5個) 75,000円
2パック(10個) 130,000円
3パック(15個) 185,000円
追加1個あたり 11,000円
(55~75日)
1パック(5個) 76,000円
2パック(10個) 131,000円
3パック(15個) 186,000円
追加1個あたり 11,000円
(60~65日)
1パック(5個) 92,000円
2パック(10個) 147,000円
3パック(15個) 202,000円
追加1個あたり 11,000円
(50~60日)
表記ナシ
留学パック120サイズ・140サイズの段ボールを必要個数分航空便実重量1~10kg 26,000円
実重量11~20kg 42,500円
実重量21~30kg 52,500円
実重量1~10kg 33,000円
実重量11~20kg 52,500円
実重量21~30kg 70,500円
実重量1~10kg 33,000円
実重量11~20kg 52,500円
実重量21~30kg 70,500円
実重量1~10kg 36,000円
実重量11~20kg 52,500円
実重量21~30kg 62,500円
表記ナシ
サカイ
引越センター
航空便コース全家財道具対応航空便要訪問見積もり要訪問見積もり要訪問見積もり要訪問見積もり要訪問見積もり
船便コース全家財道具対応船便

※日通のジェットパックは重量32kgの荷物1個の料金です。

家財道具も運べるようなプランは、船便がどの程度の荷物凌で、航空便がどの程度の荷物量かで費用が全然変わってきます。
一般的には引っ越し業者の営業担当者が訪問見積もりに訪れ、そこで持って行く荷物を確認して初めてでるのが「概算の見積もり」。
本格的に費用が確定するのは、荷物を梱包し、引っ越し業者に預け、通関させる直前ということになります。

海外引っ越しの費用についてはこちらの記事でも解説しています。

海外への引越しの費用の相場は?手続きや準備は何をすればいいの?

海外への引っ越しを考えるなら

海外へ引っ越しをすることになったら、まず業者探しということになりますが、重要なポイントはあなたが引っ越しを予定している地域が対応地域に入っているかどうかです。
業者探しは、まずその地域への引っ越しに強い業者を見つけることが重要となります。
アメリカやイギリス、フランス、オーストラリアなど、比較的多くの業者が対応している地域への引っ越しであれば、今度はプランを確認してください。
海外への引っ越しは国内の引っ越し以上に準備が大変です。
どこまでのサービスが必要かを考えながら、各社のプランを比較するといいでしょう。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

海外への引っ越しで必要な物は?方法は?気を付けることは?

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




よく読まれている記事一覧

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

11月の引越し費用の相場は? 料金が安いのはいつくらい? 2

「11月に引越ししようと思うんだけど時期的に費用は高いの?安いの?」 「11月の引越しで費用を安くするコツはある?」 なんてあなたは思っていませんか? 10月は3月ほどではないですが、引っ越しシーズン ...

12月の引っ越し費用の相場は? この時期の料金は高い?安い? 3

「12月に引っ越し予定だけど費用の相場はどうなの?」 「年末だし引っ越しの費用は高いんだよね?安いタイミングはある?」 なんて疑問はありませんか? 年度末、クリスマスやお正月に向けて何かとあわただしい ...

-その他の引越し業者
-, , , ,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.